クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)

  • 132人登録
  • 3.75評価
    • (16)
    • (16)
    • (27)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Stephen King  深町 真理子 
  • 新潮社 (1987年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193105

クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この上巻は思春期のありとあらゆる物が詰め込まれた本当に上等な青春小説だ。

  • 98019

    アメリカの地方都市の高校生の生活と友情をじっくり画きこんで舞台背景を整える。

  • 内気でいじめられがちな少年アーニーは、自動車の整備に関しては他人に負けない腕を持っていた。そんな彼は、ある日恐るべき車「クリスティーン」に出会い、だんだん”彼女”にのめりこんでいく・・・クリスティーンの恐ろしさを感じさせつつも青春ドラマのような展開。

  • たしか冒頭で『この物語はアーニーとリーとクリスティーンの物語』だと書かれている。

    しかしこの物語は アーニーとデニスとクリスティーンの物語だ。
    もっと突き詰めれば アーニーとデニスの友情の物語だと思う。

    映画版はB級のホラーだったが、原作は全編に悲しい雰囲気のただよう しかし いつか見た自分たちの幼い頃の景色を思い出させる素晴らしい名作。

    この本を読めて良かったと思える1冊。

  • 未読

  • キングの場合、前置きでだれてしまうこともあるのだけれど、
    これはテンポ良く、あっという間に読み終わる。

  • 映画を先にみたんだよなあ、確か。これまたクリスティーンの愛が凶器に変わるのが怖いというより切なかった。車なのにねぇ。

  • 得意なのは自動車の整備だけ、という高校生アーニーが手に入れた中古車。クリスティーンと名づけられたその車は、何かがおかしかった…。ホラーの皮をかぶっているが、中身は良質の青春小説。

全8件中 1 - 8件を表示

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
リチャード・バッ...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)の作品紹介

のアーニーは17歳、唯一他人より優れているのは車の整備だけだった。そのアーニーが路傍にセールの札をつけて置いてあったオンボロ車に一目惚れしてしまった。両親の大反対を押し切り、バイトで稼いだ金を注ぎこんで、アーニーはこの車を手に入れた。赤と白に塗り分けた'58年型プリマス・フューリー。名はクリスティーン、だがクリスティーンはただの車ではなかった。

クリスティーン〈上巻〉 (新潮文庫)の文庫

ツイートする