ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

  • 1653人登録
  • 3.90評価
    • (207)
    • (247)
    • (260)
    • (9)
    • (1)
  • 189レビュー
制作 : Stephen King  浅倉 久志 
  • 新潮社 (1988年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193129

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
ウィリアム・ゴー...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最近「キャリー」「11/22/63」と立て続けにスティーブンキングを読んだので以前から読みたいと思っていた「ショーシャンクの空に」の原作、「刑務所のリタヘイワース」を読むことに。なんと原作は短い、中編?長めの短編程度の長さしかない。まずそれに吃驚。
    映画は概ね原作通りなんだね。小説の方が脱獄までの期間が長い?ポスターもリタヘイワース(流石によく知らない)→マリリンモンロー(七年目の浮気)→ラクウェルウェルチ(恐竜100万年)→リンダロンシュタット(It`s so easy)に変わっている。70年代の代表的ピンナップガールはこの人だったのかな~。
    小説の方がレッドの語り口は淡々としているが暖かい。看守や所長は何人も代わっている。がアンディの日常に変化はなく図書館をどんどん拡充しつつマネーロンダリングに励んでいる。
    それだけに最後の脱獄のインパクトはでかい。いったい何年ロックハンマーで穴を掘っていたのか。
    下水管から這い出たアンディが雨の中、両手を拡げる有名なシーンは勿論小説にはない。
    この辺は映像表現には敵わない。
    アンディの脱獄のあと、レッドが仮出所して石垣を探す。やっと見つけて手紙を読む。
    さぁ、これからメキシコに向かおう、懐かしい友に会いに行こう!で終わる。
    小説のエンディングも中々味わいがあるね。
    「刑務所のリタヘイワース」の事ばっかり書いたけど中編がもう1本、「ゴールデンボーイ」。
    希望の話を描いた後は、今度は転落の人生、落差が凄いな。救いようのないエンディング、対になっている処がえぐい。

  • スティーヴン・キングが1982年に発表した中編小説『恐怖の四季』シリーズの春・夏に該当する作品。「春」として収められるのが『刑務所のリタ・ヘイワース』、「夏」が表題作『ゴールデンボーイ』。
    ちなみに「秋」は『スタンド・バイ・ミー』、「冬」は『マンハッタンの奇譚クラブ』とのこと。

    『刑務所のリタ・ヘイワース』は、『ショーシャンクの空に』と表現した方が分かりやすいでしょうか。日本でもジワジワとヒットした人気映画の原作ですね。自分が一番好きな映画は何を隠そう『ショーシャンクの空に』な訳で、原作も読みたいと思っていたのでした。
    それにしても、映画は原作を壊すことなく作られているんだなと感心。映画を見たときの感動や心境が、ほぼそのまま浮かんできて、気持ちが高ぶりました。「希望」というものが、人にとってどれだけ重要であるのかを改めて感じます。

    三十路も半ばを迎え、仕事もプライベートも、初めて経験する大きな挫折を味わい、今はそれを何とか乗り越えようとしている日々。仕事面の波は一定の上げ下げなので、これからも付き合っていけるのかもしれませんが、プライベート面は、真正面から向き合うと、はっきり言って一生乗り越えられないんじゃないだろうか、というくらいの落ち込み。気持ちが揺れ動く毎日。沈んだまま週末を終えることもあります。正直、心の闇の中を彷徨っている感じなんですよね。
    そんな中、この話の「希望」というキーワードが闇を打ち破ってくれそうな気がします。「希望」を持たなきゃだめだ、いつまでも過去を振り返っていてはダメだ、と。

    『ゴールデンボーイ』は、テイストが一気に変わり、衝撃的というか、読みながら震撼してしまいました。掲載予定だった雑誌が掲載を尻込んだという逸話があるそうですが、それが理解できる内容。殺人鬼になっていく少年の心の動きがとてもリアルです。

    それにしても、スティーヴン・キングって、大別するとホラー作家さんなんですね。『スタンド・バイ・ミー』や『刑務所のリタ・ヘイワース』のイメージがあるから、全然そんな気がしなかった。

  • 転落からの再生と希望を描いた作品の後に希望ある未来からの転落を描いた作品が来るとかキングえげつないわー。しかも本当はこのあとに追憶の中に容赦ない現実を描く作品が続くわけでほんとえげつない。

  • 映画とは違う結末。狂気は伝染する。

  • 以前、映画「ショーシャンクの空に」を見た時にそちらの原作だけ読んで「ゴールデンボーイ」は読まなかったのだが、久々にショーシャンクを見てまた読みたくなったのでついでのつもりでページをめくったら止まらなくなった。

    怖い、歪んでる、という書かれ方をよくしているが、トッドが特別狂っているとは思えなかった。誰しも怖いもの見たさで残虐なものに興味を示すことはあるだろうし、トッドほど恵まれて自信に溢れた子供ならああいった行動に出てもおかしくないように思えた。
    それが正しいか正しくないかは全くの別問題だが。

    それにしてもこれを2週間で書き上げるとは……これがスティーヴン・キングかと唸らされた。ただ、恐ろしそうなのでこれを映像で見るのは御免蒙りたい。映像で見るならやっぱり「刑務所のリタ・ヘイワース」がいい。

  • この本の中に「刑務所のリタ・ヘイワース」という
    タイトルの短編が有ります。
    それが「ショーシャンクの空に」の原作。
    私は原作を読んでたせいか、映画を見たときに
    「けっ」と思いました(w
    小説のほうが面白いです!!

  • 初キング。いつかは読もうと思っていたキングが巡ってきた。
    ゴールデンボーイ、キツイ虐待描写は飛ばし読みしたけれど、2人が転落していく様をじわじわと追い込むように進んで行く構成が救いになるお話。
    終盤、ハイゼル氏が登場するまではほんと、構成だけが正義で救い。
    併録の「刑務所のリタ・ヘイワース」は映画「ショーシャンクの空に」の原作なのを読んでいる途中で検索して知った。刑務所~の方は翻訳なのに文体?が宮部みゆきみを感じたのだけれどゴールデンボーイは全く誰も。レッドが仮釈放になってからラストまでの文章がたまらなく好き。
    もの凄い振り幅を持っている作家さんなんだと溜息。
    次は読もうと思っていたけれど取り寄せ出来なかったミザリーをまずは探そうっと。

  • ショーシャンクの空にの原作、刑務所のリタヘイワースと、ゴールデンボーイの2本立て。
    どちらも手に取るように情景が浮かび、記憶に残る素晴らしい作品。

  • ミステリーの金字塔、傑作!

  • 初スティーヴン・キング。

    まあまあだったかな。「刑務所のリタ・ヘイワース」「ゴールデン・ボーイ」の二本立て。いずれも物語はシンプルだし、特段読者を唸らせるような仕掛けがあるわけでもない。兎に角、描写が細かくて物語のテンポが悪い印象。個人的には楽しみ方がイマイチよくわからなかった作品。彼の作品ってみんなこんな感じなのかなぁ。好き嫌いが分かれそう。

  • 映画『ショーシャンクの空に』の原作『刑務所のリタ・ヘイワース』収録。

    小説は、アンディー脱獄後にレッドが刑務所の中でこれまでの日々を紙に書き綴ったという形で語られる一人称視点の物語(約180Pだから相当な枚数…)途中、話の脱線や時系列が急に入れ替わっていたりするのが少し多いが、そこはレッドが語っているのだからしょうがない(?)
    所々に挟まれる少し自嘲気味なジョークも面白く、話の比喩表現がとにかくユニーク

    特に、脱獄未遂の囚人に対して

    「こんな田舎をグレーの囚人服を着てせかせか歩いているやつは、ウェディング・ケーキの上のゴキブリみたいに目立つ。」

    と言っていたのには思わずクスッときました(笑)



    やっぱり、レッドが希望を胸にシワタネホへと向かうラストの場面が1番好き…!
    アンディーからの手紙と最後の文は何度読み返しても、心が穏やかな気分になります。

  • 恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)。

    長編アフターの余力で書いた中篇4編をまとめた
    "Different Seasons"の翻訳2分冊の片割れ。
    翻訳は珍しくもSF屋の故・朝倉久志氏です。

    「刑務所のリタ・ヘイワース −春は希望の泉− 」と
    「ゴールデンボーイ −転落の夏−」の2作品。
    ちなみに、秋冬編は「スタンド・バイ・ミー −秋の目覚め−」と「マンハッタンの奇譚クラブ −冬の物語−」だそう。

    余力でこの作品群って、どうよ ^^;
    この筆力でホラーってのが、つくづく勿体ないよなあ〜

    前者は「ショーシャンクの空に」の原作。
    そーか、あの映画、なかなかよろしいと思っておったが
    原作が良かったのか。
    かなりストーリーも雰囲気も原作に忠実と感じました。
    「ゴールデンボーイ」も映画化してるのかな?
    なんってったって、怖え〜っっ!!!
    怖いの種類がステロタイプでなく、これでもかと多彩なのがキングのモダンホラーの偉大なところ〜
    さすが帝王〜 ^^;

  • 刑務所のリタ・ヘイワースのゴールデンボーイの2編。刑務所の方は読後感も清々しく温かい感じなのだか、ゴールデンの方は読んでる間も読後も、モヤモヤといやーな感じに付きまとわれる。

  • 映画化された長編小説に、これまた映画「ショーシャンクの空に」の原作を加えた2本立て。

    おそらくレビューも「ショーシャンク」の原作「刑務所のリタ・ヘイワース」に集中しているだろうということで割愛。なかなか痛快な作品だが、「グリーンマイル」といい、こういうネタ好きだよね、キング。

    さて、「ゴールデンボーイ」のほうだが、たまたまバスで見合わせた、元ナチスの将校の弱みに付け込んで、当時の話を聞き出す前半部はやや単調で、ナチスに対する批判という形を引用しつつ、無関心を決め込むアメリカ社会に対する皮肉なのであろう。これはこれで一つの話としては面白い。

    ところが、少年と元将校が、進学にともなって会えなくなってからが本番。というか、キングだからね。

    憎しみ合いながらも依存しあっていた関係がなくなった時に、内から湧いて出る残虐性という話になって、まあ割りとシンプルで直球の話となる。ただし、残虐表現は控えめ。

    全体のストーリーは、2作とも本当に楽しめるもの。この厚さで2作も含まれているのはお得といえる。

    しかし、文章が直訳って言う感じの、嫌味ったらしい言葉遣いが多いのが、かなり気になるんだよな。キングの作品は、訳がよろしくないため、読みにくいものが多いのだけど、これもギリギリのところだ。

  • 刑務所のリタ.ヘイワーズは、あの有名な映画の原作。映画をみたけど、昔にみたので、ほとんどおぼえてなかった。
    ゴールデンボーイは、少年がナチの兵士だった老人の話をきくうちに、次第に取り憑かれ、殺人による快楽?に目覚める話。
    キングは、例えが難しいものが、多く読むのがしんどいイメージがあるが、読みやすかった。

  • 「ショーシャンクの空に」原作が収録されてる。映画と同じ解放感と幸福感に心が覆われた!スクリーンで見られたことが嬉しい作品。

  • 何年か前に読んだのですがスティーブンキングは天才的なストーリーテラーだな、と思った事を覚えています。ナチスの生き残りの老人と、近所に住む少年の話しでしたが、追い込まれた人間同士の心理戦がとても怖かった。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】933.7||K
    【資料ID】91020487

  • 「刑務所のリタ・ヘイワース」はコンパクトで良かったが、映画「ショーシャンクの空に」の方がよりコンパクトでその分印象深かった。「ゴールデンボーイ」も引きつける展開でおもしろかったが、全く恐くはなかった。両作ともつまらないわけではないけど、何か物足りない。 
    「トッドはアメリカ少年であり、しつこさが美徳のひとつだと教えこまれていた」という文があったが、アンディー・デュフレーンも相当しつこくて共通していると思った。

  • 「われわれのような人間は、第3の選択がある事を知ってるからだ。純潔を売らぬ気通すのでもなく、ヘドロと汚物にどっぷりつかるのでもないもうひとつの道。それは全世界の大人たちが選んでいる道だ。欲に目がくらんでどぶ泥の中へ落っこちないよう、バランスを取って歩く。ふたつの悪のうちの小さい方を選び、自分の善意を見失わないように進む。で、自分がどれだけそれをうまくやっているかは、たぶん、これで判断できるんじゃないかな。夜にどれだけぐっすり眠れるか・・・そしてどんな夢を見るか」

  • ぼくは自分の精神分析に興味はない。なによりも興味があるのは、自分がなにを怖がっているかに気づくときだ。そこからひとつのテーマを発見することができるし、さらにはその効果を拡大して、読者をぼく以上に怖がらせることができる。

  • 久しぶりに読んでキングの筆力に感嘆した覚えがある。

  • 『ショーシャンクの空に』の原作となった「塀の中のリタ・ヘイワース」目当てで。原作も良いが映画のほうがすばらしいな。

  • 紛れもなくスティーブン・キング。uneasyだけどuncomfortableではない怪奇小説。

    「刑務所のリタ・ヘイワース」は映画『ショーシャンクの空に』の原作。映画とは結構異なる部分があって楽しめた。レッド視点でみる世界観がキングっぽい感じ。

    「ゴールデンボーイ」はこれぞキングって感じ。狂気が伝染するというか、狂気そのものは人間の内面と言うより残虐な行為の一部として存在していて、それが人間を狂気たらしめるとうか…。自分でもコントロールできないほどの狂気と言うべきか、コントロールできないからこそ狂気と言うべきかよく分からないけど、本質的に人間が狂気に吸い寄せられているような気がしてとても怖い。

全189件中 1 - 25件を表示

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)の作品紹介

トッドは明るい性格の頭の良い高校生だった。ある日、古い印刷物で見たことのあるナチ戦犯の顔を街で見つけた。昔話を聞くため老人に近づいたトッドの人生は、それから大きく狂い…。不気味な2人の交遊を描く「ゴールデンボーイ」。30年かかってついに脱獄に成功した男の話「刑務所のリタ・ヘイワース」の2編を収録する。キング中毒の方、及びその志願者たちに贈る、推薦の1冊。

ツイートする