デスペレーション〈上〉 (新潮文庫)

  • 179人登録
  • 3.27評価
    • (9)
    • (12)
    • (56)
    • (4)
    • (2)
  • 12レビュー
制作 : Stephen King  山田 順子 
  • 新潮社 (2000年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (584ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193235

デスペレーション〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 例のごとく、登場人物一人ひとりの背景を
    緻密に書き出しているが....飽きるぜ。
    なもんで、最初は話が全く見えない。
    読んでて投げ出したくなってくる。

    しかしキングを信じで黙って読み続けよう。
    でも飽きるよ~。

  • アメリカ・ネバダの砂漠で、狂った警官に住民が皆殺しにされた町。そこに集まった人々がもがきながら警官と対決するホラー。上巻なのでほとんどが登場人物の背景説明などに当てられている。下巻がさくさく進むことに期待。

  • リチャード・バックマン『レギュレイターズ〈管理人〉』の対となる作品。

    他人の体に憑き〈キャン・トイ〉を従える怪物によって破滅したデスペレーション〈絶望〉における、絶望的な支配とそれに対抗する人々、そして不可思議な現象が面白い。

    強い意志と祈りの力を持つデイヴィット・カーヴァーの成長の物語でもある。

  • 書こう書こうと思ってついのびのび!

    これ昔本当に読んだのかしらと思うくらい内容忘れている。
    きらめきを持った少年が主人公なのは「シャイニング」や「タリスマン」と同じなんだけどよりキリスト教のニュアンスが強い。
    「スタンド」の習作みたいなふいんき。

  •  100622~100711読了

     外界から遮断された鉱山町。そこにいる異常な警官との戦い。相手は一人だけど、主人公側がほとんど戦力を持たないので、追い詰められる恐怖が大きい。
     地獄のマッドコップ・コーデルみたいだと思ったら、作中でも言及されていたよ。



    ~~ 引用 ~~
    p101
    「警官」ラルフはそうつぶやき、つい最近土曜日の夜にビデオショップから借りてきた『狂った警官《マニアック・コップ》』という映画のことを思い出した。


    p144
    「それにこいつはなんといっても、えーっと、……そう、国家的財産に当たる人を運ぶに適した輸送機関じゃない、とね。バイクのライダーが事故に遭う確率をご存じですか?ライディング時間を基礎にして見積もった数字をご存じですか? 自分は狼だし、国立安全委員会から月に一度資料がくるんで知ってますがね。……」
    「そうだね」ちょっとまて、とマリンヴィルは内心で思った。警官は“自分は狼だ”とかなんとかいわなかったか?


    p156
    「で、とは?」マリンヴィルは訊き返した。
    「ちゃんと処理するんでしょう? そうじゃないんですか? タック!」
     マリンヴィルの心臓がびくんと跳ね上がった。「タックって、それ、どういう意味なんだね?」
    「自分はタックなんて言いません。あなたがタックといったんです」
     警官は腕を組み、微笑しながらマリンヴィルを見つめている。

  • かなりの飛ばし読み。イマイチ読める内容ではなかった。
    ちょっと内容が今の私には気分的にきつかった。

  • リチャード・バックマンの「レギュレターズ」と対になっていてどちらから読んでもわかる。

  • ネヴァダ州のハイウェイを通過する人々を、理不尽な理由で次々と拉致する狂った警官。「絶望」という名の町で起きる惨劇。とにかくこの警官が怖い。ミランダ警告(「お前には黙秘する権利がある」とかのアレ)を読み上げる中に、「お前を殺してやる」とか混じるのがもう…。これを読んだ後しばらく、何もしてなくてもお巡りさんにびびる不審者と化してしまいました。

  • バックマン作の「レギュレイターズ」と対になっている作品。こちらの方が勧善懲悪っつーか、善悪解り易くて読みやすいかな。

  • 「レギュレイターズ」と合わせ鏡でひとつの物語になります。キングはやっぱり最後には愛を書いていると思う。

  • レギュレイターズの対本。
    こちらは希望に満ち満ちています。
    救世。

全12件中 1 - 12件を表示

デスペレーション〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

デスペレーション〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デスペレーション〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デスペレーション〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

ネヴァダ州の砂漠を突っきるハイウェイ50。一人の警官が、通りがかる人々を次々と拉致していた。彼らが幽閉されたのは、デスペレーションという名の寂れた鉱山町。しかも、町の住民はこの警官の手で皆殺しにされていた。妹を目前で殺された少年デヴィッドは、神への祈りを武器に、囚われの人々を救おうとするが…善と悪、生命と愛という荘厳なテーマに挑む、キング畢生の大作。

ツイートする