ダーク・タワー〈3〉荒地〈下〉 (新潮文庫)

  • 244人登録
  • 3.69評価
    • (23)
    • (20)
    • (46)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : Stephen King  風間 賢二 
  • 新潮社 (2006年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193433

ダーク・タワー〈3〉荒地〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キングの創り出すダークでヘビィな世界観がさすが。この巻では仲間になったばかりのジェイク少年がとんでもない目にあいます。少年と仲良くなる謎の生き物がとても健気で可愛らしい。
    この巻で第三部が終了しますが、とっーても気になる終わり方です。しかも、実際はここから6年ほど続きが出なかったとか。全部出てから手をつけて本当に良かったと思います。

  • 後書きで言ってる事が平井和正みたいだが、きちんと完結させている分、桁違いに偉い。さらに、栗本薫が解説を上から目線で書いているとあっては皮肉を感じずにはいられない。

  • なぞなぞ対決とか正直漫画だとシュールすぎて辛かったと思う。
    しかしキングの文章で読んでると何かカッコ良く思えるので困る。

    この辺りから何かちょっと先行き波乱万丈な伏線の多用しすぎかなって思います。

  • ストーリーが乗って来た感じがする。
    しかし重い。
    変転した世界の重さに、ワクワクしながら読み進む。
    体力が必要だ。
    最後は佳境に入ったところで終了。
    リアルタイム読者は、次作まで 6 年(?)待たされる事に。
    今読んでいる事の幸せを感じる。
    解説は栗本薫。合掌。

  • しかし今更ながら世界観がすごい。
    そしてガッシャーうざすぎる。

  • 未読

  • (読了'08/04)

  • 本書でダークタワーシリーズの第3部が終わりとなる。

    1部で見殺しにしてしまった少年ジェイクを3部上巻にて仲間に加えるも、ラドの地下に住む海賊にさらわれてしまい離れ離れとなる。 ジェイクの奪還と知能を備えた超高速モノレール「ブレイン」の搭乗が本書のメインストーリである。
    しかし不完全な形で下巻を終了する。

    あとがきを読むと、Steven Kingは執筆の際に一旦ここで筆をおいたようだ。 読者からはその後も継続を求めるプレッシャーが有り、最終的には書き続たのだが、長編ゆえに作者の悩みも映し出している小説なのかもしれない。
    尤も私の場合は完成してから読んでいるのでなんら影響は無いのだが・・・

  •  このあたりからエンジン全開です。一回読みはじめると続きが気になって気になって全然止まりませんでした
     ブレイン、速いなぁ〜。乗りたくないけど(笑)

  • 06mmdd読了

全11件中 1 - 10件を表示

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ダーク・タワー〈3〉荒地〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダーク・タワー〈3〉荒地〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダーク・タワー〈3〉荒地〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする