トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)

  • 260人登録
  • 3.86評価
    • (36)
    • (36)
    • (41)
    • (6)
    • (0)
  • 42レビュー
制作 : Stephen King  池田 真紀子 
  • 新潮社 (2007年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193587

トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 母親と兄の三人でハイキングに行った森で、末っ子の9歳の女の子が一人迷子になり約一週間森の中をさまよい歩く話。
    蚊や蜂に刺されたり、持ってた食べ物や飲み物が底をついたり、すべり落ちたり、泥沼を歩いたり、、、読んでいて「大丈夫?!」と心配になるほど悲惨な日々を過ごす。でもめげずに、もとに戻れることを信じて進み続けるところに感心させられる。子供の純粋な心や適応能力のすごさや想像力の豊かさが描かれている。

  • 深い森の中で道に迷った9歳のトリシア。彼女が家族の元に帰るためにひたすら森をさまよう、それだけの話。なのに読むものを飽きさせず夢中にさせる筆力はさすがキング。大人でもくじけそうな酷い目にあい、泣いたりわめいたりしながらも、彼女は生きるのを決して諦めず歩き続ける。空腹と疲れでふらふらしながら妄想の中で彼女と会話し励ますのは、憧れのトム・ゴードン。レッドソックスのピッチャーだそうだが、彼の描写の場面はキングの真骨頂だろう。ラストの場面でうるっときました。

  • 家族関係に頭を悩ませる女の子が、ピクニックで迷子になり、空想上のトムに支えられながら、必死で歩き続けるお話。

    ありきたりなのに、一気に読んでしまった。やはりこの人は凄い。

  • 「トム・ゴードンに恋した少女」スティーブンキングのホラー。広大な自然保護区で行方不明になった少女。
    http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-03-20

  • 個人的にはさらに緻密なリアリズムを期待していたんだが

  • 14/5/21

    登山中、母と兄の口論に嫌気が差し、声もかけずに用を足しに遊歩道から外れた9歳のトリシア。

    遭難の日々。
    痛みや不快感の表現方法がとっても上手くて入り込んでしまう。
    ラジオ中継される野球の試合だけが自分の元気の源。

    登山行きたくないと思った 笑

  • Amazonのレビューも絶賛の嵐だけど、いまいち入り込めなかった。
    キングの本は初めてだったのだけど、あぁいうアメリカンな言い回しなどが頻繁に出てくるのは彼のスタイルなんだろうか?訳文で読むとやはり浮いた感じがしてしまって、原文で読んだほうが自然に受け入れられる本かも。
    どうやって終わるのかなーと言うことだけ気になって読んだ。

  • ホラーでないキングが読みたくて。女の子が森で道に迷って、帰ってくる話というのは、あとがきで知っていたから、まあこんなものかと。現実に想像が重なっていく場面、追っ手が少しずつ間隔を狭めていくところが見せ場なんだろうけれど、あまり強く訴えかけてはこなかった。つくづくホラーが楽しめない体質なのかも。でもそれなりには楽しめた。

  • 文庫が平積みになっていたとき、帯に「9歳の少女は・・・」とあった。当時、娘がちょうど9歳で、その娘が「この残酷な森に、あたしはひとりぼっち」というキャッチコピーにつられて買った。もちろん、スティーブンキングの名前は知っていたし。読んで、はまった。ひたすら、トリシア(主人公)に頑張れと言いながら、なきそうになりながら読んでいた気がする。娘に読ませたいと思ったが、読めるようになったら、9歳から遠くはなれて・・・。大人になってからかなあ。

  • 読読本リストの1冊。初スティーブン・キング。

    ヒーロー→希望→工夫・体力→save

    ママとお兄ちゃんの口げんかに嫌気がさして、遊歩道から少しだけはずれたことをきっかけに、森で迷ってしまった女の子が一人で1週間を生き抜くお話。

    森で一人で生きるのは、簡単ではない。「少しはずれただけだから、すぐに道に戻れるはず」と思って歩き始めたトリシアを、自然の過酷さが次々と襲う。ひっきりなしに血を吸いにくる蚊の大群、行き先をはばむ泥沼、下痢や嘔吐を引き起こす川の水。半日のハイキングのつもりで来たから、食べ物もすぐになくなってしまう。おまけに、どこからかじっと見つめ、トリシアの体力がなくなるのを待っているふたつの目。

    たった9歳のトリシアが最後まで自分で自分を守りぬくのを支えたのは、憧れの野球選手トム・ゴードン。ヒーローは希望と生きる力を与えてくれるんだなあ、と実感。

    森の怖さ、女の子の強さ、人間の本能の力を楽しみたい人にぜひ。

全42件中 1 - 10件を表示

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする