セル〈上〉 (新潮文庫)

  • 364人登録
  • 3.45評価
    • (24)
    • (38)
    • (85)
    • (12)
    • (1)
  • 45レビュー
制作 : Stephen King  白石 朗 
  • 新潮社 (2007年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102193594

セル〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前置きが長いことを覚悟して読み始めたのだが、あっという間に本編に突入してしまった(笑)

    進化していく携帯狂人。
    その生態を観察し、生き残るすべを模索する人間。
    なぜ携帯狂人は生まれたのか。

    生き残りを賭けた、この戦いの勝者は、いったいどちらになるのか!!!

    下巻が楽しみ♪

  • 上を読了。細かいディテールなどキングらしいけど…下に期待を込めて。

  • ケータイが生むゾンビの話し

  • 携帯電話がもたらした狂乱の物語を描いたSFホラー。ちなみにそれなりに過去の作品なので。これが現代のスマホ大普及の時代に起こってたら、たぶん人類は一気に滅亡していそうです(笑)。
    謎の現象「パルス」によって、携帯を持つ人々がゾンビのようになってしまうというとんでもない幕開け。冒頭からいきなり狂乱の中に叩き込まれて、まさかこのテンションのまま最後まで? とどきどき。いや、このテンションだともたないってば。
    主人公クレイと、途中で出会い行動をともにするさまざまな人たちの物語は、適度な緩急で進んでいくので安心して読めました。そして「携帯人」の奇妙な変化も、最初と違ってじわじわとした気味悪さを盛り上げていきます。いったいどうなるんだこれは。

  • スマホ全盛のいま、少し黴臭さはあるが、さすがストーリーテラー。あっという間に引き込まれ、時間を忘れて「上」を読了。「下」に続く。

  • スティーヴン・キングのゾンビ・パニック長編小説。
    ある日突然、携帯電話を使用していた人間達が凶暴化する〈パルス〉という異常事態が発生する。主人公は漫画家を目指す一介の美術教師クレイ、旅の仲間は口ひげの小男トムとサッカー少女アリス。クレイの妻子の無事を確かめるため、三人は凶暴化した人間達が徘徊するなか危険な旅を開始するーー。

    感想は下巻にて。

  • 普通に面白い。
    ケータイという誰もが使っていて、且つそれっぽい事が起きそうなツールを使うところは狙い通りで、読み手の恐怖を煽る。
    翻訳が少し読みにくいかな。

  • 「セル 上」キングホラー。携帯電話を使っていた人々が突然狂いだした!
    http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-11-01

  • 下巻を早く読みたい。

  • 後編が気になりマッスル。。

全45件中 1 - 10件を表示

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

セル〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

セル〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セル〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする