銀河ヒッチハイク・ガイド (新潮文庫)

  • 92人登録
  • 3.75評価
    • (10)
    • (7)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 風見 潤 
  • 新潮社 (1982年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102196014

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ダグラス・アダム...
ジェイムズ・P・...
アン・マキャフリ...
グレッグ・イーガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

銀河ヒッチハイク・ガイド (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014/1/1読了。
    SFの古典的名作として名高いが、笑える小説として質が高い。ボートの三人男、ジーヴズ、モンティパイソンなんかを思い起こさせるブリティッシュの面白さ。洗練されていて、皮肉が効いていて、小難しく糞真面目に見えて実はまったくもってふざけていて、徹底的に馬鹿馬鹿しい。個人的には地球が破壊される前のプロッサー氏の造形で既に笑った。

  • 地球外生命体といった言葉が地球中心の視点だなと思い直すぐらい、人間の存在が宇宙の一部でしかないって感じられる。

  • 映画っぽい展開が多いと思ったらノベライズ本だったのね。軽いタッチのサイエンス・フィクション

  • ギャグのスケールがデカいというかぶっ飛びすぎているというか、こちらの理解が追いつかないところがあった。シリーズ物の1作目らしいので続きを読み進めてみたらノリがわかってきて面白くなるかもしれない。

  • いそこちゃんに勧めてもらい読んだ。
    SFは苦手だけど、これはギャグ小説って感じ。ところどころ吹いた。

  • う~ん、やっと読み終わった~。
    中島さなえさんのおすすめ(注:24年度のNHKラジオ「すっぴん」)で図書館で探して読んでみたのだけど、『スターウォーズ』とかあんまりハマれなかった人間としては、いろんな形状の宇宙人やらがなかなか思い浮かばなくて少々苦労しました。
    あんまり深く考えずに読み飛ばしてもよかったのかな??
    でも最後まで読みとおせたから、それなりに面白かったとは言えます。
    いろいろ元ネタもあるらしいので、いろいろ知ってて読んだらまた違うんでしょうね。

  • 「人生、宇宙、すべての答え」が知りたくて読んだ。42。
    でも、究極の問いがわからないので、答えの意味もわからない。

  • これノベライズなんですね。
    愉快だったけど冗長だったかなぁ

  • 映画を先に見ていたので、大体の内容は知っていたが、原作だと思ったらノベライズだったらしい。
    勉強不足。
    独特の台詞回しには好き嫌いがわかれそうだけど、自分はとても楽しめた。
    続編があるそうだが、どこに売ってるだろうか。
    河出版も含めて調べたい。

  • 同年代のドイツ人およびフランス人に勧められて。
    1979年にイギリスで出版された本なのに、
    地域・年代ともにここまで広く読まれているからには
    それなりの理由があるに違いない、と。

    しばらく前にGoogle検索で話題になった
    「生命、宇宙、そして万物についての答え」が描かれた本でもある。

    読み終わって、第一に、翻訳が全然古びていないことに驚いた。
    2005年に別の出版社・別の翻訳者による新訳本が出ているようで
    そちらも高評価だけれど、この版も1982年(昭和58年!)の
    発行とは思えないほど、違和感の少ない文章。
    特に、221~222ページから引用した若い哲学者のセリフには
    思わずニヤリとしてしまった。

    他にも、噴いてしまうというよりは
    ニヤニヤしてしまうような「文章回し」がたくさん。
    これがイギリス・ユーモアか。マーヴィンの自虐っぷりが大好き。(笑)
    どこかで彼のようなキャラクターを知っている気がするが、まだ思い出せない。

    映像にしたら《スターウォーズ》風で面白そうだと思ったのだけど、
    映画の評判はあまり良くないようだ。

    シリーズ全4作のうち、この訳者から出ているのは2作目まで。
    次は新訳のほうで読もうかな。

全12件中 1 - 10件を表示

銀河ヒッチハイク・ガイド (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河ヒッチハイク・ガイド (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河ヒッチハイク・ガイド (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする