いい人になる方法 (新潮文庫)

  • 98人登録
  • 3.23評価
    • (5)
    • (7)
    • (30)
    • (6)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Nick Hornby  森田 義信 
  • 新潮社 (2003年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102202142

いい人になる方法 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公ケイティの気持ちにとても共感できた。恋愛を経て結婚したけど、夫婦を続けるのは恋愛感情ではない、と言うところが特に。

  • ニック・ホーンビィの4作目。
    ハイフィデリティのディックがちょこっと出てきます。

    いい人になるには?
    偽善って?
    人を助けるって?
    幸せって?

    そんな答えの無い問いがあたまんなかをグルグル。

  • ニック・ホーンビィの作品は全て読んでいるので、4作目の邦訳になる今作ももちろん読む。個人的にはいままでの小説の中で一番おもしろくなかったが、ホーンビィらしさはあってとてもほっとした。やはり『ハイ・フィデリティ』です。一番は。

  • 家族って家族って、とても際どい綱渡りをそれと意識せずに繰り返す日常の上で成り立ってるんだな
    「クリスマスのターキーをいっしょに食べた人と慈愛溢れる関係を続けるなんて――まさに奇跡みたいなものだろう」

  • 2001年刊行の英ベストセラー小説
    離婚しそうな夫婦がめでたく危機を乗り越える話と思っていたら、
    夫の精神的な急変に理想と現実の厳しさを味わわされ、
    もう一度生き方を考えさせられる
    といったところか
    辞めるか続けるか迷ったらとりあえず
    続けられなくなるところまで続けてみるべきか・・・
    実際はそんなゆとりのある人生を送れる人は少ないのではないだろうか?

  • 11/7 日常生活の描写の中の皮肉や思想。よくわからないけどイギリス人っておもしろいなあと思った。翻訳本なのにすんなり読めて不思議だった。他のも読んでみたい。

  • いい人ってどんな人?
    離婚を突きつけられた夫のデイヴィッドが突如いい人と化してゆく。変なヒーラーが出てくるし、家庭はハチャメチャになるし、世の中にとっていいことが必ずしも個人にまで影響する事はないと思える作品。
    人間は皆が皆自己犠牲の精神を持っているわけではないし、良かれと思ってやった事が迷惑になる時もある。

    いい人になる事は難しい。

  • 新境地、と言えないこともないのだろうが、ファンとしてはちょっと複雑な気分。

  • 珍しく女性が主人公。でもなんだか共感できなかった。主人公のダンナが気味悪くて。ああいう心境が理解出来ないんだよなぁ。

全9件中 1 - 9件を表示

いい人になる方法 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いい人になる方法 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いい人になる方法 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

いい人になる方法 (新潮文庫)はこんな本です

いい人になる方法 (新潮文庫)のカセット

いい人になる方法 (新潮文庫)のペーパーバック

いい人になる方法 (新潮文庫)のペーパーバック

ツイートする