小公女 (新潮文庫)

  • 215人登録
  • 3.84評価
    • (30)
    • (18)
    • (39)
    • (1)
    • (1)
  • 32レビュー
制作 : Frances Hodgson Burnett  伊藤 整 
  • 新潮社 (1953年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102214015

小公女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "秘密の花園"などでも知られるアメリカの小説家、Frances Hodgson Burnettが1888年に発表した児童文学作品です。ある年齢以上の人は、1985年に放送されたアニメ"ハウス世界名作劇場 小公女セーラ"の印象が強いかもしれないですね。私もアニメを観ていましたし、原作、アニメともに大好きな作品です。児童文学とは言いながら、大人になってしまった今でも色々な物事に対するサアラの考え方は見習いたいですね。そして、ミンチン先生みたいにはならないように注意しないと。

  • 子供の頃大好きだったが、今読んでも示唆に富んでいると感じる。「公女様になったつもり」ごっこには考えさせられた。正しい誇りは人を美しくするし想像力は最良の友。


  • 大好きな本♪
    サアラは本当に素敵☆お金持ちで恵まれた子サアラ。だからこそ、人にもやさしく出来るの??
    でも同じような環境の子でも違いが出るのはどうして?
    それこそが賢さなのかもしれないわ。
    そして何よりも、どんなに辛く苦しい境遇に陥っても、常に誇り高く公女の様な心を持ち続ける。
    ・・これは強さ。皆が自然と公女様と呼んでしまう。

    例えボロを纏っていたとしてもハッと目を覚まさせる何かがある。
    「わたくしは ほかのものにはなるまいと思っていました」

    強く、優しく、美しい・・この言葉が浮かびました。

  • 幼い頃ハマっていましたが、今読み返してもステキな話だと思う!何だか元気が出る本です♪

  • この本にはいじめに関する描写も数多くあるので、100年以上前の本ですが、現代人にも共感できる部分が多くあるなと感じました。ミンチン女史の妹アメリア嬢の立場に私は同情します。

    九州大学
    ニックネーム:上野泰三

  • 面白かった!
    昔読んでた絵本のセーラは金髪の美少女ちゃんだったけど、実は黒髪緑目の不思議な女の子だったり、いくつか驚きがたくさん。
    わたしはセーラ、好きだなぁ。

  • 小学生の頃の愛読書

  • 子供のころ読んだときの記憶は忘れたが大人になって再読してがっかり。セーラは境遇の変化にまけず誇りを持って振る舞い、立派と言えば立派だけど、なんとなく上から目線な感じがして好きになれない。イギリスの階級社会のせい??

  • 気高い少女の物語。

    ですます調の訳文を欲しております。
    素晴らしい物語は,やさしい文章で読みたいですね。

  • どんなに貧しくても辛くても創造力とともだちでのり越えていける

全32件中 1 - 10件を表示

フランシス・ホジソンバーネットの作品

小公女 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小公女 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小公女 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする