ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)

  • 1284人登録
  • 3.89評価
    • (165)
    • (119)
    • (193)
    • (9)
    • (3)
  • 109レビュー
制作 : 中野 圭二 
  • 新潮社 (1989年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102273036

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール オースタ...
ポール オースタ...
ポール・オースタ...
村上 春樹
フランツ・カフカ
ジョン アーヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 両親の出会いからはじまって、ホテルを経営するという父さんの夢を、家族が協力して叶えていくお話。家族の歴史。
    さまざまな事件が家族を襲う。
    ホモ、レイプ、近親相姦…、何でもありだけど、読んでいて決して暗い気持ちにならない。むしろ晴れ晴れしてしまう。何でもありでいいんだ、って納得してしまう。全てがおとぎ話のように、楽しく思える。

  • ひとりひとりのつらく悲しい健気さが、
    家族というフレームを通すことで、
    静かな温もりとなって心に沁みてくる。

  • ホモの長男、近親相姦の次男と長女。難聴の三男、小人症の次女。

    もう小説というものに含まれるすべてのトピックを含む小説。

    なのに、気持ち悪いおなかいっぱいにならない。かなしくおなかいっぱいになる。

    *「永久にねじで固定される」

    *「もう少しおとなになる必要があるわね。おとなは子どもみたいにすぐにはもどれないのよ、わかる?」

    *「結末は見たくないわね。母さんはハッピーエンドがいいわ」すると父さんが言った。「ハッピーエンドなんてものはないんだよ」

    *「開いてる窓の前で立ち止まらないことね」

    どうも私は本の言語選択を誤りがちだ。

    原書で読みたい。これは、原書で読むべきだった。

    だけど、中野さんの訳が、訳した本だなあという限界は見えるものの、いい具合の日本語を使ってくださっている。きっと中野さんはアーヴィングの感受性をすきなんだろうなと思った。

    *悲しみは物みなを親密にするp34

    *ソローは沈まないで漂い続ける。それはぼくたち誰もが知っていた。p87

    *「どんなものも愛より安全よ」p171

    アーヴィングは、どうもいけない。

    悲しさやむなしさと、闘おうとも、受け入れようとも、しない。ただ、ヨコに漂わせる、だけだ。

    上巻にペットのワンコがSorrow(ソロー;かなしみ)という名なのだけど、そのワンコのように、ヨコにおいておくだけ、だ。

    悲しみはただ、動物と違うのは、どこにもいかないこと、死ぬことがないこと、それだけが違うことだけれど。

    悲しみと漂って暮らす、こんな名作を読んだら、

    俄然生きる気を失う。

    頑張る気を失う。

    これでいいんじゃないのって思う。

    どうでもいいよって思う。

    悲しみはなくならないのねと思う。

    だけど、奥さんと子供を亡くしたお父さんが言うことばに救われそうになる。

    *「人間というものはすばらしいもんだ。どんなことでも折り合って暮らしていけるようになる。」父さんは僕に言った。「われわれが何かを失ってもそこから立ち直って強くなれないんだったら、そしてまた、なくて淋しく思っているものや、ほしいけれど手に入れるのは不可能なものがあっても、めげずに強くなれないんだったら、」父さんは言う、「だったら、われわれはお世辞にも強くなったとはいえないんにゃあるまいかね?それ以外にわれわれ人間を強くするものがあるかね?」p198

    もう、何も言わずに生きようと思える。

    おすすめは?って言われたら、迷わずしばらくアーヴィングを勧めます。

    村上春樹がすごく影響を受けていると、上の数ページ読むだけでも分かるから、春樹フリークの方に特にオススメ。

    あと、悲しみとの生き方が、江国香織にも影響与えていると思うのは、私だけかな?(確か、どれかのエッセイで書いていた気がする・・・「泣かない子供」か「泣く大人」あたりで)

  • どちらかというと淡々と物語は進んでいくので、ものすごく重大な事件もさらっと過ぎてしまうところがちょっとこわいというか、えーそんなことでいいのかよーと思ってしまう。それがこの小説のスタイルなのだろう。

  • アメリカに行ったことがないせいもあると思うけど、何があちらでの「普通」で、何が「普通でない」のかよくわからないから、アメリカ文学を読むと戸惑うことが多い。この一家はみんな変わり者のようだけど…?
    未来(夢)ばかり見ている父親、同性愛者で制服と剥製作りに夢中の兄、いろいろと奔放な姉、大人しい小人症の妹、年齢の割に言動が幼く耳の遠い弟。一家にこれだけ揃うのは珍しいかもしれないけれど、一人一人を見ればこういう人いるなあ、という気もする。母が一番大変だろうが、夫と子どもたちを愛しているようでさほど苦労人という印象は受けない。
    この変わった家族がホテルを開き、客をもてなすわけだけれど、うまくいくはずもなく…。周りにはなんとなく死がつきまとう。不幸な偶然とはいえ、ショック死が2人。母と弟は飛行機事故で死亡。これから残りの家族のメンバーでウィーンのフロイトのホテルをどう切り盛りするのか。下巻に期待。

  • よく分からなくて、二回読んでようやく、なんとなく分かった気がする。
    伏線がいくつもあった。悲しい出来事が多かったが、下巻では一体どんなことが起こるのだろう。
    キャラクターは皆多面的で深刻な問題を抱えている。この人はこういう人、と説明するのが難しい。
    成熟した女性陣、とりわけフラニーに対し、少しでも対等になろう、彼女を守れるようになろうと努力するジョンだが、雲をつかむようで、どうしても報われない結果になりそうな気がする。

  •  ザ・アメリカって感じ!!
     アメリカンドリーム!そしてセックスの話多すぎ。登場人物多すぎて軽くパニックな。。
     感想は下巻で。

  • どうせ読みづらいんでしょう?と手に取るのを避け続けてきたが、お、おもしろい!家族の会話も軽妙だ。
    「下見板張り」外壁に長い木材を、下辺が少し重なるように張る工法。
    「つんぼさじき」はまあいいや。
    「司直」法によって事の可否や善悪を裁く人。
    157、「フランクはあびくそいまいましいシンバルを思い切り打ち鳴らした(…)まるでわが家では、敵を血祭りに上げる前には、いつも儀式としてそういう踊りをしているかのようだった。」最高。

  • 「自分の家族はおかしいんじゃないか」というジョンの考え、大なり小なりどこにもあるんじゃないかと思える。
    ガープの世界?か、の作中話にも出てきてた気がするけど、ファンタジーのような。
    いろんな家族、個人がいますよね、という。
    コミュニティや関係性の狭さからどうしてもそうなってしまうところはあると思う、ネットが無かったり子供の時は。逆に周りを気にせず没頭できる場合もあるが。

    なぜ、母親は熊やソローを嫌がったのか、このあたりがちょっとわからないが。
    過去を振り返らない、物事を続ける、など色々印象に残ることも多かった。

    人もどんどん死ぬが、どちらかというとそれを悲しむというよりかは、どう意味づけるか、に主眼があるような気がして、それも一つの対処法?

    下巻に向けてフロイトとの新展開も期待。

  • 久々にのめり込んだ小説。上下巻通した感想。

    ミステリ小説ばりに人が死んでくね。
    あれだね、周りからみたら滅茶苦茶に悲惨な境遇で、本人もちゃんと悲しんだり嘆いたりしてるのにこのカラッと乾いてる感じがいかにもアメリカ文学。というよりオースターとかと一括りのこういう一派があるのかなぁ。
    「発狂しそうな出来事を淡々とスルーしてスルーして最後はハッピーエンドというには?だけど精神的平穏はゲットしてエンド」って感じのやつ。

    この作品でも、下巻なんて常に互いに早まるなよ生きてろよって言い合い続けてる状態なのにそれがまぁ淡々としてること。

    "わが家の格言は、不幸な結末(アンハッピー・エンド)といえど、生気にあふれた豊かな生活をいささかも侵食するものではないということだった。これはハッピーエンドは存在しないという信念にもとづいていた。"(上巻 310ページより)

    この格言、最強。

  • この本の感想を私の好きな作家さんが書いていて、それを読んだのがきっかけで手にとった本。海外作品は汚い表現や残酷なシーンも多く、うぶな日本女性にはちょっと手ごわいなと。。

  • 第一期ホテルニューハンプシャーの話。姉のフラーニーの早熟ぶりが際立つ。映画ではジュディフォスタが演じているらしい。
    フラニーというと、サリンジャーのグラース家を連想するが、何か意図が?あちらの内面志向とちがってベリー家は皆よくしゃべる。

  • (下)でレビューします☆

  • 家族の話。
    強烈なエピソードばかりで淡々と話は進んでいく。思ったより読みやすかった。
    それぞれのエピソードに痛みを感じる。

  • ソロー頑張り過ぎ。登場人物が消えて行き過ぎです。第二期のウイーンでは、停滞気味な展開で、読むのに苦労した。

  • アーヴィングの作品はやっぱりアメリカ映画を観てるみたく読める。壮大なアメリカを感じられる。特にちょっと古めの作品で新潮文庫で読むのが私的ベスト。

  • 家族の物語。父と母の出会いから第一次ホテルニューハンプシャーの経営と旅立ちまで。
    個性的な登場人物が織りなす少し不思議な感じのするお話し。どこか別の世界の物語のようにも見える。基本的には痛々しい物語なのに読んでいてそんなに嫌な気持ちには鳴らない。
    この作者の小説にはやたらと熊が出てくる気がする。そして、ウィーンの街も。
    下巻が気になる。

  • 揺らぎながらも物語は徐々に進んでいく。
    読んでいるととても不思議な気分に浸る。話はあちこちに飛び、でも飛んでいったあちこちのものは半ば必然的に集まりながらも一本の幹を構成し、前へと進む。
    アメリカ文学の一到達点。
    上巻は父と母の出会い、第一次ホテル・ニューハンプシャー設立、そして物語のキーとなる「事件」が起きて……。

  • ちょっと難解か。

  • この物語の登場人物は呆気なく死ぬ。
    死に様の呆気なさに悲しみのはいる余地はない。

    ああ、こんなとき、あの人ならきっとこう言うだろうと思うとき、期待に答えてくれる声がなくて、悲しみがただよだていることに気づいてしまうのだと思う。

  • ウォーターメソッドマンも面白い

  • つまらない。
    途中で何度も挫折しかけた。
    ホテルを経営して再建して…の家族の話。
    最後まで読み切るのが大変だった。

全109件中 1 - 25件を表示

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

1939年夏の魔法の一日、ウィン・ベリーは海辺のホテルでメアリー・ベイツと出会い、芸人のフロイトから一頭の熊を買う。こうして、ベリー家の歴史が始まった。ホモのフランク、小人症のリリー、難聴のエッグ、たがいに愛し合うフラニーとジョン、老犬のソロー。それぞれに傷を負った家族は、父親の夢をかなえるため、ホテル・ニューハンプシャーを開業する-現代アメリカ文学の金字塔。

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする