オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)

  • 250人登録
  • 3.83評価
    • (34)
    • (22)
    • (44)
    • (4)
    • (0)
  • 22レビュー
制作 : John Irving  中野 圭二 
  • 新潮社 (2006年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (573ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102273104

オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平均的五歳児の大きさで変わった声の持ち主のオウエン・ミーニーと「ぼく」であるジョニーの友情を描いた作品。信仰や欲情など人間の心の奥底にありそうな「何か」を象徴的な表現でかつ平易な文章で記していて、読んでいて気持ちが良くなってきた。オウエンみたいな聡明な小男がいたら楽しいだろうな。。。

  • 1989年作品。低い身長と変な声、ずば抜けた頭脳を持つ親友。母の命を奪う事故を起こすもその関係は変わらない。特異な存在を示すオウエンの使命とは?悲劇の後の残響が悲しい家族とその周辺を取り巻く物語。

  • 感想は下巻に。

  • 古本屋で購入しました。
    まだ上巻なので、感想ではなく前の所有者がひいた罫線から引用します。

    「愛してる誰かが死ぬとき、しかも予想していないときに死なれた場合、一度に突然その人を失うわけではない。長い時間をかけて、少しずつ少しずつ失っていくのだ(中略)そしてまた一日、すっかり忘れて何ごともなく過ぎたと思うと、またもや何か失われた部分、欠けた部分に気づかされる」

    もう一つ。

    「ぼくのなかのある部分が、残りのぼくを敵にまわしているみたいだ」

    もっといっぱいひいてあったけれど。

    「彼/彼女」はどういう気持ちでこの物語を読んで、どういう気持ちでこの箇所に罫線をひいたのでしょうか。

    古本の醍醐味ですね。

    本編は下巻で触れます。

  •  生まれつき極端に小さな体と奇妙な声の親友オウエン・ミーニー。彼が初めて試合で打ったボールが母の命を奪ってしまう。彼は自分には神が与えた意味があると信じるようになるのだが。。。
     ジョン・アーヴィング作。映画「サイモン・バーチ」の原作本(レビューは上下巻まとめたものになります)。

     映画が比較的短期間のストーリーなのに対し、原作では信仰の問題やベトナム戦争に揺れる当時の政治情勢などを絡めて、何十年に渡ってストーリーが展開されていく。
     オウエンは自分が信じる夢のお告げの通りに死ぬのか、なぜ知的で批判精神に富んだオウエンがそう信じる様になったのか、主人公ジョンの父親は誰なのか、なぜ現在のジョンはアメリカを捨てカナダに住んでいるのかといったストーリーの焦点が終盤に明らかになっていく過程が本当に見事。

     人には神に定められた運命などあるのだろうか。この本を読んだ感想を極端にいえば、人には運命も信仰も理想も大事なことではない。信じたものに殉じて生きることができるかどうかこそが大事であり、だからこそオウエンとジョンの人生に胸を熱くするのだと思う。

  • 奇跡とかそういうもののことを考えてしまう。
    すごく読みやすいと思う。

  • ツイッターで伊集院光さんが仰っておられたので、興味を覚えて読んでみた。

    宗教に穿った見方をしがちな日本人にとっては、やや読みにくいのではと感じる。
    それなりにキリスト教について知識があるつもりの自分でも、宗教色が強いと感じる。
    神とはなにか、運命とは?
    そんなことを考えながら読んだ。

    ストーリーはけして明るいとは言えない。寧ろ世間では恵まれない、不幸とされる分類の人物が主立った役柄で出て来るし
    あまりに衝撃的で悲しい事件も起こるのだが、淡々と進みあまり囚われずに主人公の目線ながら冷静に読み進めていける。

    個人的には、ダンがあの悲しい事故の後にも変わらず主人公に愛情を注いでくれること、オウエンとのことについての相談を親身に聞いてアドバイスしてくれるところが印象に残った。

  • 上巻を読むのに凄く日数がかかった。キリスト教の会衆派などの宗教観が難しい。

    オウエンの打った球が直撃して母が死んだ。

    オウエンは神さまが僕を使って殺したという。

    下巻が楽しみ♪

  • 感想は下巻に。

  • 2009/9/25購入
    2010/8/22読了

全22件中 1 - 10件を表示

ジョン・アーヴィングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン アーヴィ...
ジョン アーヴィ...
ジョン・アーヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

5歳児ぐらいの身長、一度聞いたら忘れられないへんな声、ずば抜けた頭脳を持つぼくの親友オウエンを、ある日過酷な運命が襲った。ピンチヒッターで打ったボールが、大好きだったぼくの母の命を奪ったのだ。ぼくは神様の道具なんだと言い続ける彼にとって、出来事にはすべて意味がある。他人と少し違う姿に生れたオウエンに与えられた使命とは?米文学巨匠による現代の福音書。

ツイートする