ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)

  • 34人登録
  • 4.33評価
    • (7)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Boris Leonidovich Pasternak  江川 卓 
  • 新潮社 (1989年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (553ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102284025

ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ところが、この穏和で、罪のない、ゆったりとした生活の流れが、一転、血と号泣のただなかに叩きこまれて、だれもがひとしなみの狂気と兇暴にとりつかれたように、時々刻々、休む間もない殺戮がくり返され、それが法にかなった行為、讃美の対象になってしまったの。』

    『そのとき、ロシヤの大地にいつわりがやってきたんだわ。いちばんの不幸、未来の悪の根元になったのは、個人の意見というものの価値を信じなくなってしまったことね。 …いまは…一律に押しつけられる借りものの考え方で生きていかなくちゃいけない、なんていう思い込みがひろまった。…』

    この作品はロシア革命の黎明期からその内乱や第一次世界大戦を経たロシアがまさに全土あげて動乱にあった時代が舞台。自分を押し殺しての迎合が賢い生き方となり、自己表現が他人からの疎外はおろか、死に直結していた。
    こんな閉塞状況で、ただ一人でも、自分の心情を理解する人が現れたら…。

    ジバゴはラーラに出会い、人生とは詩のようなものであるべきで、詩には迎合や自己否定なんか必要なく、(自分の意のままにならない運命の翻弄や、禁じられた愛への傾倒はあっても、)まさに詩のように表現力をもって生きるべき、との考えを貫こうとした。そのジバゴ(=作者)の詩に対する一貫性が、読者の心をつかみ離さない。

    一方、ラーラの感情の激しさやその悲しみが深いほど、寡黙で冷静なジバゴの心に写り、炎が燃え上がるようにパステルナークの筆が走るところは、圧巻である。
    時代の熱さとは違った、二人の心の熱さがページからわき上がるようである。
    (2007/10/5)

  • なんだか凄い。

  • 日本に本当に四季があって良かった、と思うのはいろいろな国の文学について、気候を擬似体験しながら読むことができると思うからだ。
    特に年末年始はロシアに限る。荒ぶるロシア革命を背景に叶わぬ恋がかすかな熱を帯びる時、寂びに満ちた庵に指された牡丹の蕾を思う。

    ロシア革命の描写を緻密に描く上巻に対し、一時期、ソ連で発禁をくらったことによる希少性もさることながら、衝撃的な展開と、柔和にして鋭利な精神世界の表現に対し相当なプレミアがついたという下巻は、まさに名著。

    激しいブラストビートのさなか、台風の目の静けさへ奏でられるツインリードギターのごとき色彩を感じた表現を、以下感じるまま抜粋。

    ーーー

    奥さんどころの騒ぎじゃなかった。そんな時世じゃなかったのよ!世界のプロレタリアートとか、宇宙改造のことなら、話は話で、聞いてくれる。でも、奥さんだとかなんだとか、二本足の個人なんてものは、ばかばかしい、蚤やしらみにも劣る存在なのよ。

    とんでもごぜえません、閣下、大佐さま。インターナショナルだなどと滅相もない!みんな読み書きもろくにできねえ馬鹿者ぞろいでして、古い祈祷書もつっけえつぅけえのあんべえで。革命なんて、とんでもございません

    この豚野郎、何を夢中で読んでいやがる?

    どんな女性でも子供を産むときには、孤独のうちに見捨てられ、自分自身をしか恃めない独特の光彩に包まれる

    「われは、これ小市民」として、いまのわたしの理想は家庭の主婦、わたしの願いはー平穏な暮し、大碗にたっぷりのキャベツ汁

  • 非常に読みたい。優先度高い。

  • 若くて医者としても優秀で、そのうえ美術面にも優れた才能を有するジバゴ。
    十分に恵まれているといえるのに、そして関わった女の人3人ともが優れた人ばかりだというのに、それでも結局救われないまま、何も手にすることなく死んでいってしまいました…
    こういう没落していく話って、読んでいても「あーこのここの選択は違うかったな」と思える部分があるものですけど、ジバゴのこの凋落ぶりは本人の意思とは全く関係なく、まさに時代の流れとしか言えなくて、残酷なことこの上ないです。
    ラーラに会ったことが一番の原因と言えなくもないんだけど…もうーとにかくやりきれない(>_<)。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ヘルマン ヘッセ
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
川端 康成
ドストエフスキー
ザミャーチン
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)の作品紹介

革命後の混乱を避け、ワルイキノへ逃れたジバゴ医師はラーラと宿命的な再会を果たす。身も心もラーラにのめり込んでいくジバゴだが、運命は二人を遠ざけていく。やがて全てに失望したジバゴはモスクワに隠棲し、を残して狂気の内に死をを迎える。美しいラブ・ストーリーに様々なシンボルをちりばめ、普遍的な倫理と思想を織り込んだ20世紀最大の大河ロマン。

ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする