クリニック〈上〉 (新潮文庫)

  • 24人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Jonathan Kellerman  北沢 和彦 
  • 新潮社 (1998年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102296158

クリニック〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  フェミニストの美人心理学者が惨殺された。ベストセラー作家で、TVトークショーの人気者でもある彼女の死で、利益を受けるのは誰か?多額の印税を引き継ぐことになる年の離れた夫、性的な問題を公にされた大学の教え子たち、番組で彼女の意見に異常な反発を示した不気味なコメンテイター…容疑者が多すぎる!LAの小児臨床心理医アレックス・デラウェアが呼び出された。
     巨漢ゲイの刑事マイロと相変わらずリッチでハッピーな生活を過ごしているが心にキズを深く持つアレックスが活躍します。フェミニストの教授の死を丹念に地道たどる前半部分は少し退屈気味ですが、性的素行委員会の登場で一気に盛り上がりをみせます。登場人物誰もが怪しく感じる前半部分に後半への期待も高まります。

  • アレックスシリーズも10作目となる。私生活もうまくいっているようでなによりだ。マイロを手伝うアレックス。捜査をすると裏には怪しい中絶医に辿りつく。読んでいて方向性が意外なことになるのでホント目が離せれません。私の本棚でシリーズモノが全巻そろっているのはケラーマンだけです。(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

クリニック〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

フェミニストの美人心理学者が惨殺された。ベストセラー作家で、TVトークショーの人気者でもある彼女の死で、利益を受けるのは誰か?多額の印税を引き継ぐことになる年の離れた夫、性的な問題を公にされた大学の教え子たち、番組で彼女の意見に異常な反発を示した不気味なコメンテイター…容疑者が多すぎる!LAの小児臨床心理医アレックス・デラウェアが呼び出された。

クリニック〈上〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする