ファイナル・フライト〈上〉 (新潮文庫)

  • 17人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 高見 浩 
  • 新潮社 (1990年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102311011

ファイナル・フライト〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ★3.5

    再読ですが、登録していなかったのかな?

    “ソ連“と、いまや無くなった国の名前が懐かしく思えます。
    って言うか、20年位前の出版なんですね。
    でも既にこの頃から、『テロ』と言う事が、
    脅威になっていたということを再認識。

    上巻は、だいたいの状況を設定し、
    下巻で事態が動き出します。

  • 主人公グラフトンが活躍するシリーズ2作目。前回の「デビル500応答せよ」から時間が経過し、グラフトンは大佐となり空母の航空団司令として配下の飛行部隊を束ねる重責を担っている。と同時に飛行機乗りとしては致命的な視力低下によりそろそろ操縦士(プレイヤー)からマネジメントへ立場を変えなければならないという中年には笑えない要素も盛り込まれている。さて、流石に作者はもと艦載機乗りだけあって、航空母艦内の描写が細かく物語が発火する直前までの緊張感を保ってくれている。秀作

  • 上下巻合わせての評価です。

全3件中 1 - 3件を表示

ファイナル・フライト〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファイナル・フライト〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファイナル・フライト〈上〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする