ぼくの美しい人だから (新潮文庫)

  • 203人登録
  • 3.62評価
    • (19)
    • (21)
    • (52)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
制作 : 雨沢 泰 
  • 新潮社 (1990年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102329016

ぼくの美しい人だから (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 収録直前の徹夜地獄の中、なぜかこれをずっと読んでた。苦労人の若いイケメンと、奇妙に魅力的な中年女の恋愛話。訳が時々古臭くて(「おぬし」とか)ひっかかったけど、ノーラがどんどん気になる人になっていって、最終的にはすごーく愛着がわいた。いいラブストーリーだった。

  •  女性目線なら純愛小説になるのか?。定かではないが、フェニミズム傾向の強い女性ライターが本作を絶賛していた記憶がある。
     そんな作品とは、アラフォーの決して見目麗しくもなく、教養も欠けた女性ノーラが、20代ヤリ手広告マン・マックスと出会う。ベッドに誘った結果、男の方が本気になって…。
     一方、女の方も、キャリアも収入も、住む世界も違い、そして何より相手の若さ(本作でも女性の最大の拘りはここかも)が放つ眩しさに幻惑されていく。

     でもねぇ…。確かに、職を捨て周りを振り捨てて彼女を追いかける男の心は、その時点では本物ではある。ところが、何で彼女に執着するようになったのか?。個々での描写を見るに、それはノーラとのSEXだったとしか見えないんだよなぁ…。

     男性の本気度をガチガチに描写するが故に、反面、そうなった理由が、SEXに割に初心だった経験不足の男性が、手練手管を備えたアラフォー女性、肌の相性が抜群だったアラフォー女性の前で、”サル化”してしまったからではないのか?。

     そんな疑問の生まれる秀逸純愛小説か。勘繰り過ぎか?。

  • 広告代理店に勤めるマックスは27歳、2年前に妻を失った痛手から立ち直れずにいた。ある日苦情を言いに訪れたハンバーガー店で売り子をしていたノーラと、夜のバーで再び出会い、そのまま関係を結んでしまう。41歳で教養も低く、自分とはまったく違うノーラに、マックスは惹かれてゆくが、自分の日常世界に彼女を迎え入れることができない。二人の間で深まってゆく溝を、乗り越えることができるのか。

    20代に初めて読んで、久しぶりに再読した。誠実に恋することの難しさ。恋愛は生活の全てを変えてしまうこと。今でも胸に迫ってくる。原題は「White Palace」で、ハンバーガーチェーン店の名前。邦題はとても良いと思う。

  • 27歳のエリート男性と41歳のハンバーガー売り子の恋。
    生活も経歴も全てが不釣合に思われる二人。
    神経戦だったり肉弾戦だったり、互いを認める関係をつくりあげるまでの過程。

  • 再読

  • 案外普通の話。

  • 同名の映画も主演のジェームズ・スペイダーも好きで
    読んだ原作。

    偶然にも訳者が私の好きな作家グレッグ・アイルズの作品を
    訳しているのと同じ人で違和感のない読みごたえでした。

    結局恋は理屈ではないということかな。

    作者の2作目「あるがままに愛したい」もオススメです。

  • 人は人の何に惹かれるのか。あまりに違いすぎるお互いの人生を、どこまで許し合い、どこまで認め合えるのか。違いが悪いわけではないのに、違いすぎてうまくいかない、それでも好きでいられるのか。

    「シェリ」が、40代の、財産も教養も知恵もあるレアが、それを持たないシェリを引きつける、という構図で、「持てる者」が「持たざる者」に分け与える、「持たざる者」が「持てる者」を求め、焦がれる、という恋愛の王道を踏まえているとするならば、この「ぼくの美しい人だから」は、そこから大きく逸脱する。

    27歳のエリート広告マンの青年と、ハンバーガー・ショップで売り子をしている43歳の女性、という設定。
    教養もお金も若さも「持てる者」の彼と、教養もお金も若さも将来も何もかも「持たざる」彼女。

    出尽くした感・手垢にまみれた感の恋愛小説界で、逆に、あり得ない恋愛、だからこそピュアな恋愛、究極の恋愛、と読むことも出来る。

    誰にもどうすることも出来ない年の差と、教養のない下品な彼女。それを恥じて自分の彼女を誰にも紹介できない彼。その彼の気持ちがわかってしまう彼女。誰もわるいわけではないのにうまくいかない、それでも好きでいられるか。。。
    答えはその2人だけのもの。

  • この2人はこの先も似たような問題でケンカしたり別れたりまたくっついたりするんじゃないかな。それでも一緒にいたいと思う何かがあるのが恋とか愛とかってものなのか、な

  • 恋とは落ちるものだ、とかよく言うけども。まさにそういう恋愛を描いた小説。
    わたしにはちょっと薄く感じられてしまう部分もあるかな。なんだろね、どうしようもない部分を、お互いにどうにかしようとする―受け入れようとする過程って、もっと暴力的なんじゃないかな、と思う。きれいにまとまりすぎ?というか?
    いや、でも基本的に面白い、というか読み応えのある小説でした。

全25件中 1 - 10件を表示

グレン・サヴァンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくの美しい人だから (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぼくの美しい人だから (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくの美しい人だから (新潮文庫)のペーパーバック

ツイートする