名門校 殺人のルール (新潮文庫)

  • 25人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Elizabeth George  小菅 正夫 
  • 新潮社 (1995年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (644ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102337035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロス・ルイス...
ロバート ゴダー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

名門校 殺人のルール (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イートン出身の伯爵リンリー警部シリーズの寄宿舎もの!という事ですが、アメリカ人女性作者の為か伯爵だの寄宿舎だのはアクセサリーでイマイチ英国の香りはしません

    ドラマの判りにくい部分が気になったので原作を~と読んでみたのですが伏線の中にTVドラマでは規制のかかる人種差別や身体障害があった為か少年たちのキャラクター事件の原因テーマ解決まで、まったく違っていて
    期待したものとはまるで違いましたが楽しめました

    リンリー警部は二枚目で伯爵だけど普通の人でミステリーの刑事としては能無しに見えますがそこがいいんだろうか?
    ワトスン役のバーバラがいい味をしています
    どうやら事件より事件に絡めてリンリーとその周囲のお悩み解決が主な様です事件解決よりそちらでよかったよかったとほっと出来る読後感は又シリーズを読みたくなります

全1件中 1 - 1件を表示

名門校 殺人のルール (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする