針の眼 (新潮文庫)

  • 86人登録
  • 3.56評価
    • (6)
    • (8)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : Ken Follett  戸田 裕之 
  • 新潮社 (1996年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102358092

針の眼 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この時代に書かれた本なのに、女性の内面の性描写がリアルで躍動的。村上龍オススメ。

  • 面白く読めたが最後が今ひとつ。

  • 時代は第二次世界大戦中のイギリス。主人公はヒトラーに信頼されているロシアのスパイで「針」と呼ばれていて、同じスパイ仲間のことも信じていない一匹オオカミの優秀なスパイである。
    ロシアとイギリスのスパイ合戦の様子がよく書かれていて、わかりやすい。
    歴史の結末はヒトラーが負けるとわかってはいるが、スパイの死に物狂いで情報を伝えようとする強さが伝わってきて、楽しく読めた。
    退屈な世界情勢の説明などもなく、読みやすい。

  • エジプト、カイロなどを舞台とした作品です。

  • 第二次世界大戦末期、英国に送り込まれたドイツの有能なスパイ『針」。英国軍は自国に勝利をもたらすだろう情報を流されまいと躍起になる。一方、ドイツ軍は『針」の情報如何によって作戦を変更すれば勝ち目があると考える。1940年代、インターネットも携帯もない時代、交信手段は無線のみ。両国の勝敗がスパイ一人の手に委ねられているという点が非常に面白かった。

  • 大聖堂を読んで面白かったので古本屋で見かけて購入してみました。面白かったです。

    最初、この人たちとお話の本筋と何か関係があるんだろうか〜と思っていたのですがなるほど。最後の最後に集約されるんですね。歴史に「もし」は無いということはわかりますが「もし〜だったら…」と過程するのは確かに面白いですね。

    やはり最後に強いのは…といったところですね。それで彼女が強いんだ、ということも良くわかりました。

  • 英国内で「針」の暗号名を持つドイツスパイのノルマンディ奇襲をめぐる攻防とそれに絡む夫婦の話。

  • 確かむか〜し映画を観た記憶がある。第2次大戦末期、イギリスに潜伏しているドイツスパイを追う英国軍情報部。この本物のスパイがなかなか捕まらないんだなぁ。スピード感あふれ、アッ!という間に読ませてしまう作品。

  • スパイってなんとなく憧れてしまいます。これは某Dさんがお勧めしていた作家さんの小説。一気にガーッと読んでしまいました。

全11件中 1 - 10件を表示

針の眼 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

針の眼 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

針の眼 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

針の眼 (新潮文庫)の作品紹介

1944年春、英国内で活動をつづけるドイツ屈指のスパイ、暗号名「針」は重大機密を入手した。大戦の帰趨を左右する証拠フィルムを携えた彼は、自らヒトラーに情報を届ける決意を固め、盗んだ漁船で単身、祖国に向かう。だが、船は嵐のなかで難破。漂着した北海の孤島に暮らす夫婦が、「針」の運命を塗り替えてゆく-。鬼才が弱冠29歳で打ち立てたスパイ小説の金字塔、新訳で登場。

ツイートする