レベッカへの鍵 (新潮文庫)

  • 37人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (3)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Ken Follett  矢野 浩三郎 
  • 新潮社 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (553ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102358115

レベッカへの鍵 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 図書館で。
    スパイと将校さんものと言うとあまりに大雑把ですがそんな感じ。
    スパイよりも女の人の方が頑張ってるし実際仕事してるし出来る(笑)。
    古今東西色仕掛けに男は弱いんだなあ。

    とは言え。ちょっとお父さんそれは考えなさすぎだしダメじゃない?という感じが色々と。今なら携帯電話や小型カメラ、盗聴器や発信機が簡単に使える時代じゃないからまあ大変なのはわかるですが。ハイテクを使うようになって便利になったのはスパイする側かそれともそれを狩る側か。
    レベッカは嫌な話でしたよね。あれが暗号かあ…。だから負けたんじゃなかろうか?

  • ケン・フォレットの第二次世界大戦下のスパイもの。「針の眼」「鴉~」を先に読んだため、比べてしまうと物足りないが、人物のキャラのよさとテンポのよさはすばらしい。最初はドイツスパイが主人公だと思っていたが、終盤からイギリス軍少佐のほうがメインとなり話が終わり、少々期待外れとなった。

  • エジプト、カイロなどを舞台とした作品です。

全3件中 1 - 3件を表示

レベッカへの鍵 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

レベッカへの鍵 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レベッカへの鍵 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レベッカへの鍵 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

レベッカへの鍵 (新潮文庫)はこんな本です

レベッカへの鍵 (新潮文庫)のマスマーケット

レベッカへの鍵 (新潮文庫)のペーパーバック

レベッカへの鍵 (新潮文庫)のカセット

ツイートする