最後の陪審員〈下〉 (新潮文庫)

  • 112人登録
  • 3.68評価
    • (8)
    • (12)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : John Grisham  白石 朗 
  • 新潮社 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102409244

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン・グリシャ...
宮部 みゆき
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン・グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジェフリー アー...
ジョン グリシャ...
ジョン グリシャ...
ジョン・グリシャ...
有効な右矢印 無効な右矢印

最後の陪審員〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 主人公が地方新聞経営者であるところが他の作品と異なるが、物語を終えて若き主人公が人生の岐路に立つという流れは、他の作品と共通している。

    処女作「評決のとき」と同じ架空の街、クラントンが舞台となっているので「評決のとき」を読み直したくなる。

    なんで絶版になっているのかわからない。法曹関係者・新聞関係者なら必読。

  • 久々の法廷物、久々のジョン・グリシャムでしたが、引き込まれるように読み切りました。

  • 第2部は「私」の新聞社オーナーとして、記者としての日常が淡々と描かれる。厳密に言えば本編のストーリーとは全く関係がないが、とはいえ関係がないとばかりも言えない。第3部になり被告人の保釈問題が発覚し、また本筋に戻る。ただ、他の作品のような法廷シーンは一部のみで、それも単なるセットの一部でしかない。作者は事件の最後ではなく、子の最後のシ−ンだけを書きたかったのではないのだろうか。そしてタイトルの「最後の陪審員」とは誰を指していたのだろうか?

  •  先に『大統領特赦』が邦訳されたが、執筆順序としてはこちらが先行する。長篇小説としては、ロング・バケーション・モードに入ったかと思われたグリシャムだったが、ここ一年くらいの間に、ノンフィクション『無実』と合わせると一気に三作、いずれもが大作であり、力作であるところの、とてもグリシャム・ライクな、手を抜かぬ本ばかりが届けられている。訳者の白石朗さんは、相当のハードワークだったのではないろうか。やはりグリシャムは、白石さんの翻訳でなくてはならない。超訳なんていう原作を無視した無作法な出版物を、ぼくは絶対に読まないのだ。

     さて『大統領特赦』は、著者にしては珍しく、世界を股にかけた国際冒険小説といった趣きで、本当に唖然とさせられたのだが、もともと<読ませる>力のある作家だ。法廷から離れても、アーチャーやフォーサイスばりの国際的ストーリーを、しっかりした小説技法の下に書き込んで見せることができる、とばかりに、その器用ぶりを証明したようなエンターテインメントであった。

     だが、どこか一つ物足りなかった、というのも正直なところだ。果たして読者はグリシャムに、国際エンターテインメント小説などを求めていただろうか?

     否! 否なのでである。グリシャムの小説の持つ躍動感は、アメリカの病巣を抉り出そうとして、時代に斬り込んで行く時にこそ、真価が発揮されるのだ。初期の大傑作『評決のとき』は、売れなかったデビュー作と言われるが、ブレイクした第ニ作である『法律事務所』よりも、実はずっとずっと大きなテーマに挑んだ問題作であったゆえに、後に発掘され、映画化もされ、世界中に発信された。ぼくは今も、『評決のとき』はグリシャムの最高傑作だったと思う。むしろ初期作品ならではの100%グリシャム・テイストが活かされた作品として、愛着すら感じてしまう。

     その後、ストップの許されない作家として次々と傑作を世に出し、書き終わる前から映画化権は引っ張りだこになり、映画もまたそれぞれ話題になり、グリシャムはその黄金時代を築き上げたのだった。

     グリシャムはそれでもいきなりストップしたのである。ミステリーではない自伝的南部小説『ペインテッド・ハウス』を最後に、彼は立ち止まったのだ。ここ数年、『スキッピング・クリスマス』という掌編を残しただけで(この作品もハートウォーミングで実に楽しい)、グリシャムはあれほど続けていた全力疾走をやめてしまった。

     だからこそ本書の帯にある「完全復活!」の文字は、頼もしい。関口苑生氏のあとがきの力の入れようを見るだけで、グリシャムの復活が歓迎されている様子が深く伝わってくる。もちろん、大のグリシャム・ファンであるぼくにとっても、本書は一大エポックである。

     先に邦訳された『大統領特赦』で、本作ほどの狂喜を感じなかったのは、なにせ、グリシャムが変わってしまったのではないか、との不安があったせいでもある。だからこそ本書『最後の陪審員』で、ぼくらは安心を与えられ、グリシャムの完全復活を確信させられ、何よりも歓びを与えられるのだ。

     『評決のとき』の町に、舞台は戻ってきた。それも1970年の南部の町に。

    ミシシッピ川州フォード郡クラントン(架空)。ベトナム戦争でアメリカは、死と暴力の匂いに疲弊し切っている。公民権運動はまだスタートラインに差し掛かったばかりのあの時代。本書の若き主人公は25歳にして地元新聞フォード・カウンティ・タイムスの社主となる。よそ者の新聞社オーナーは地元に沸き起こった事件に、青春を激しくスクランブルされるが、若さがすべてを凌駕する、その明るく、夢や目的性に満ちた、怖いもの知らずの破天荒ぶりが、次第に町にとってなくてはならないものになってゆく。

     容疑者は明確であり、裁判はつつがなく進行する... 続きを読む

  • リーガルサスペンスではなかった。
    新聞社を買収した青年が街の人たちとの交流によって成長していく様。かな?
    この手の話は嫌いではないけど、グリシャムだ♪と思って読んだから・・・少しがっかり。

  • ミシシッピ州のとある町で起こった、殺人事件、裁判。地方新聞の社主がその当時の政治、経済、人々のくらしをからませながら、生き生きと事件と人物を描く

  • 一度は有罪判決が下り、収監された殺人犯。しかし、十年程度で仮釈放されてしまう州の法制度。そして、かつての陪審員たちが狙われる。若者がさまざまな困難をくぐり抜け、多くの人々との出会いを重ねていく間に成長していく様子を描いた物語。久しぶりにグリシャムの小説を読みました。リーガル・サスペンスの枠ははずして読みましょう。「原告側弁護人」「路上の弁護士」がお好きな方にはお勧め。

  • 上巻に同じ。連休初日に読みきるつもりで上下同時購入。

  • 70年代の米国南部を舞台に、凶悪犯罪の裁判と若きジャーナリストの正義感が描かれている。人種問題、陪審員制度の問題、大型店舗出店問題等、この時代の米国社会の様子もよくわかる。

全9件中 1 - 9件を表示

最後の陪審員〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後の陪審員〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後の陪審員〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする