汚染訴訟(上) (新潮文庫)

  • 62人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (8)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : John Grisham  白石 朗 
  • 新潮社 (2017年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102409350

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ジョン グリシャ...
西 加奈子
マイクル・コナリ...
ジョン グリシャ...
森 絵都
ジョン グリシャ...
西 加奈子
ジョン グリシャ...
相場 英雄
塩田 武士
マイクル・コナリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

汚染訴訟(上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大手弁護士事務所を一時解雇になった女性弁護士の炭鉱町での奮闘物語。

    タイトルからすぐにでも炭鉱会社と訴訟に入るのかと思いましたが、上巻はゆったりと進みました。
    出だしはリーマンショックの影響から一時解雇になるなど波乱万丈ですが、炭鉱町での流れが主人公としては初体験ばかりでショックなんでしょうけれど、読書から見れば炭鉱町の説明になっている感じでした。
    炭鉱町のソロ弁護士が訴訟を起こすのですが、主人公はそれに巻き込まれないよう一線を引いているようでした。
    しかし、最後の一行で主人公が前線に出ていきそうな感じ隣下巻に期待です。

  • 久しぶりにジョン・グリシャムを読みました。アメリカの法律は難しいね。

  • 2017 4 4

  • リーマン・ショックの最中、世界最大の法律事務所を解雇されたエリート女性弁護士サマンサはニューヨークを離れ、アパラチア山脈の田舎町ブレイディにある無料法律相談所に、仕事の口をどうにか見つけることができた。地元の弁護士ドノヴァンと出会い、露天掘りや発破で荒れ果てた山々を目の当りにした彼女は、巨大炭鉱企業の不正をひとり暴かんとするドノヴァンの闘いに巻き込まれていく。

    久しぶりにグリシャムを読む。下巻に続く。

  • 上巻はちょっと長い状況説明。ようやく本筋が動き出して下巻に続く。
    でも小さなエピソードがちりばめられているので飽きない。

全7件中 1 - 7件を表示

汚染訴訟(上) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

汚染訴訟(上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

汚染訴訟(上) (新潮文庫)の作品紹介

リーマン・ショックの最中、世界最大の法律事務所を解雇されたエリート女性弁護士サマンサはニューヨークを離れ、アパラチア山脈の田舎町ブレイディにある無料法律相談所に、仕事の口をどうにか見つけることができた。地元の弁護士ドノヴァンと出会い、露天掘りや発破で荒れ果てた山々を目の当たりにした彼女は、巨大炭鉱企業の不正をひとり暴かんとするドノヴァンの闘いに巻き込まれていく……。

ツイートする