幽霊世界 (新潮文庫)

  • 17人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : P.F. オルソン  Paul F. Olson  David B. Silva  白石 朗 
  • 新潮社 (1994年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (521ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102434017

幽霊世界 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 負け犬の轍 が好きでした。

  • これも一度手放しているホラー・アンソロジーの佳品。タイトル通り、テーマは「幽霊」。

    人類史始まって以来の死人という死人が戻ってくる悪夢を描いた表題作他、様々な形の幽霊譚が17編。ふつう「幽霊話」というと我々日本人はひゅ~どろどろ、この世に怨念やら他の思いを残したものが現れる…という限定されたパターンのもの、敢えて言えばホラーというよりも“怪談”の類を想像してしまうのだが、ここに収録されている作品は必ずしもそればかりではない。否、そういう類はむしろ少なく、モダンホラー・アンソロジーと呼ぶに相応しい。その意味で、吸血鬼テーマでありながら、単なるヴァンパイアだけを扱ってはいないアンソロジー「血も心も」と、位置付け的には近いものがあるのかもしれない。

    個人的オススメは、ヴェトナムで重傷を負って戻ってきた旧友が語る恐怖を描いた、モンテルオーニ(↓の「破滅の使徒」の著者でもある)の「真実の輪」。
    ユーモラスな序文、クーンツがホラーの真髄について語った巻末エッセイも興味深い。

  • 海外のホラーってあんまり怖くないな

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする