偶然の音楽 (新潮文庫)

  • 1093人登録
  • 3.68評価
    • (101)
    • (146)
    • (215)
    • (14)
    • (3)
  • 105レビュー
制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
  • 新潮社 (2001年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102451069

偶然の音楽 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女房に逃げられたジム・ナッシュであったが、行方知れずだった亡き父より突然20万ドルの遺産を受け取ることになった。
    消防士を辞め、娘を姉に預けて、家や家財道具一式を売り払いナッシュがしたことは・・・。赤いサーブを買ってアメリカ全土を疾走することであった。
    来る日も来る日も理由もなく当てもなく車を走らせるナッシュ。
    一年経ち、遺産の残りも少なくなってきた頃、ある道端で拾ったのは若い相棒ジャック・ポッツィであった。ポーカーが大得意だと言うポッツィの話に乗せられる形でナッシュはポーカーの大勝負にのぞむ・・・。

    ここまでだけならアメリカン・ニューシネマのノリだなとか、ポーカーの大勝負のくだりになるとハリウッドスター向けのストーリーだなとか、そういう映画的な雰囲気が満載の出だしで、ポール・オースターにしてはエンターエインメント系の映像主体の物語かなと思っていたら、ポーカーの大勝負前後にかけてだんだんとポール・オースターらしいシュールな世界観が満たされてきて、これだよこれ!という感じで期待通りのアンビリーバボーの世界に浸ることができた。(笑)

    次第にあり得るべかざる状況と結果に追い込まれていくナッシュとポッツィ。
    彼らそれぞれの生い立ちの背景に加えて、掴みどころのない大富豪のストーンとフラワーの生い立ちまで掘り下げて印象づけることで、登場人物それぞれの性格描写にメリハリがあり、物語の展開も丁寧に丁寧に進めていくので、冷静に考えれば突拍子もない展開であるにもかかわらず、物語の進行のままに割と素直にその世界に入っていくことができたと思う。
    さらに壁を作る場面では、ナッシュとポッツィ自身の葛藤や彼らの関係や距離感などの心理描写が一層細やかになり、また、2人の大富豪は目に見えない存在となるとともに監督官のマークスの登場、そして次第に明らかになっていくナッシュとポッツィの状況いう心憎いばかりの設定がこれまた面白く、シュールな状況であるにもかかわらず割と現実味のある感覚として自然に受け入れられた。
    シュールな世界の中の主人公たちの細やかな心理描写はオースターの真骨頂というべき得意パターンであり、シュールな中にこそ真実を露呈させ炙り出すことができるというオースター文学の魅力が詰め込まれた作品だったともいえる。
    最後にはミステリアスな状況も生まれ、これもオースターの得意パターンといえるが、今作品では投げっ放し感も半端なく、それゆえ、どう解釈すべきだったのかの人それぞれの余韻も大きい。
    本作品は映画的センスが強く感じられ映画化しても良いのではと思っていたら、解説によるとすでに映画化済みだったのね。

  • いやあ面白かった。主人公の心象風景がさくさくと変わるのに違和感なく読める。それがこの著者の神髄なのではないかとさえ思う。暫くオースターにはまりそう。

  • 石を積み上げて壁を作る行為が何のメタファーなのかと、
    ずっと考えながら読んだ。
    読後は虚脱、脱力した。
    安部公房の「砂の女」に相通ずるものが少しある気がした。

  • 妻に去られた後、三十年以上会っていなかった父の遺産を得たナッシュは、赤いサーブを購入し、すべてを捨てて目的の無い旅に出た。
    そして十三ヶ月目に入って三日目、夏の終わりの朝、田園風景の中で痩せっぽちでひどい怪我をした青年・ジャックを拾う。
    それは車を走らせ続ける日々の終わりの必然、別の何かがはじまろうとしている予感だった。

    しかし、救済を求めながらも墜落へと突き進むナッシュと博打の天才ジャックの偶然の出会いは、彼らを容赦なく理不尽で閉塞的な空間へと追い遣ってゆく──。


    動くことをやめ、他人と関わり始めた時、人はどのような選択をし、自分と他人の運命を決めるのか。
    『ルル・オン・ザ・ブリッジ』などで著名な八十年代のアメリカ文学の旗手が贈る、明日を望みながら絶望へとひた走る衝動と虚脱感に満ちた男たちの物語。

  • 人生に行き詰まるとアメリカ人はとりあえず車を走らせるものらしい。
    主人公が目的もなく車を走らせ続ける所がいかにもアメリカ的だと思った。
    日本人は部屋に引きこもるか、車を駆っても島国だからすぐ崖にぶちあたって昼ドラ展開もしくは演歌になる。
    車というのは要するに動くひきこもり空間なんだなと。アメリカ人は引きこもるにしてもエネルギッシュで大仰だなぁと。
    相方のポーカー師ポッツィがとても魅力的。
    ジャック・ポットという名前と小柄な体躯、跳ねるように生き生きとした肉体のリズム、それらからトランプに描かれた道化師のような印象の男だと思った。
    主人公ナッシュを人生の賭けに誘う為に現れた道化師、それがポッツィのこの物語において与えられた役割だと思う。
    感想を一言で言うなら男性版「テルマ&ルイーズ」という感じ。
    最後にはポッツィと主人公ナッシュ二人ともにとても憐憫の情を覚える。
    この小説のラストはぼかされていて、ナッシュとポッツィともに結局の所どうなったのかの判断は読者にゆだねられている。
    私はなんとなくポッツィは生きていると思う。

  • 偶然というのは止めることはできない。
    なりはじめた音楽のように。

  • 彼はもう全てを投げてしまいたし、もうこれ以上失うものはない、ポッツィを一つの猶予として、手遅れになる前に最後のチャンスとして、“金は彼の自由を保障するが、金を使ってさらに自由のひとかけらを買うたびに、同量の自由を彼から奪う”、世界負け犬協会のいい所はみんな同じ番号がもらえるんだ、“この行為が絶対に必要なものだったことははっきり分かった”、物事が起きるには時間がかかるんだ…あとがきから、“動くことをやめて、他人と関わり始めた時に人はどのような倫理的決断を迫られるのか、あるいはどのような選択をして他人をそして自分を救うことができるのか”。

  • 2017/08/04 読了

  • 途中までは、ドラマ性にワクワクしていたのだ。
    終わりの三分の一ほど、空間の開放感とは対照的に、閉鎖的な精神状態からくる停滞感や、そんな状況に置かれた主人公の、他者への疑心暗鬼からくる不安定な情緒に振り回されまくり、ヘトヘトになった。
    かといって十分にその疲労感を楽しめたというか、言葉では説明し難いが、とても珍しい読書体験だった。

  • 最初から,予定されていたように破滅に向かっていく様が哀しく,感じる

全105件中 1 - 10件を表示

ポール・オースターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
ポール オースタ...
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

偶然の音楽 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

偶然の音楽 (新潮文庫)に関連するまとめ

偶然の音楽 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偶然の音楽 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偶然の音楽 (新潮文庫)の作品紹介

妻に去られたナッシュに、突然20万ドルの遺産が転がり込んだ。すべてを捨てて目的のない旅に出た彼は、まる一年赤いサーブを駆ってアメリカ全土を回り、"十三ヵ月目に入って三日目"に謎の若者ポッツィと出会った。"望みのないものにしか興味の持てない"ナッシュと、博打の天才の若者が辿る数奇な運命。現代アメリカ文学の旗手が送る、理不尽な衝撃と虚脱感に満ちた物語。

偶然の音楽 (新潮文庫)の単行本

ツイートする