アポロ13 (新潮文庫)

  • 186人登録
  • 3.78評価
    • (18)
    • (17)
    • (33)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
制作 : Jim Lovell  Jeffrey Kluger  河合 裕 
  • 新潮社 (1995年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (676ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102463017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アポロ13 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 冗長的で、途中だらけてしまった。

  • アポロ13の事故~帰還について、アポロの船長だったジム・ラベルが著者となり、記している。アポロの記録は多く、その事故の詳細が随所に記されており、緊迫感なども伝わってくる。

  • ダイビングしてると、海中で事故ったら死ぬなと思うときがある。でも宇宙からも生還した飛行士たちがいる。可能性はあるのだ。

  • アポロ13の事故から生還までのドキュメンタリー。船長自身が三人称で語るのが特徴。想定外の事態、かつミスが絶対許されない状況で、どのように仕事を進めたのかという観点で読むと職場でも活かせそう。

  • 非常に手の込んだノンフィクション。そして文句なく名作。
    時系列や場所、視点まで何度も行き来する上に、きっちり伏線まで仕込むなど、謎のがんばりがついている。そのあたりがややうさんくさいにしても、ノンフィクションと小説の境目、エンタメと実話の境目を意図的についてきた感じがする。

    フロントエンドたる宇宙飛行士とバックエンドたる管制スタッフが協力して乗組員の全員生還を成し遂げたという点では、ひとつの、よくある映画的ストーリーで、実際の流れもその筋をたどっている。
    しかし、読者もスタッフも、厳然たる事実を忘れてはいけない。結局この飛行は失敗に終わった。生還しても、失敗は失敗。勲章も賞状もないエンディングだったのだ。エンジニアの創意工夫・計算力・丁寧さ・誠実さ、これらはみな、最悪の失敗を回避するためだけに使われた。その点では大勝利なのだけど、政治的にはやはり失敗だった。
    読み終えたとき、それに気づいてしまった瞬間、どこからか切なさがやってくる。

  • 読みながら緊張感が伝わってくる迫力。
    宇宙好きにはたまらん小説やで

  •  プロローグ。電力を確保し酸素の漏出に対処しないと、宇宙船は大きく歪んだ四八万マイルの卵形の軌道を描いて、人類が絶滅した後も周回飛行を繰り返すことになる。ヒューストンの最新情報は深刻な事態を伝えていた。月面着陸も三回目になるとテレビ番組の再放送みたいですねと楽観的なトークに花咲くディック・キャバット・ショーは、報道画面に切り換わった。

  • プロジェクトの意味、ミッションの成否について考えさせる本。
    この事件をリアルで見た世代としては、真の宇宙空間でまだ一人の人間も死んでいないことが奇跡だと思える。
    (コロンビア・チャレンジャー・ソユーズなどは出発時・帰還時の大気圏での事故。)

  • ハラハラドキドキでした。仕事に誇りを持っている技術者たちの話(主人公の宇宙飛行士も含めて)。かっこいいと思いました。

  • 人類の科学史上最も偉大な出来事のひとつ、アポと計画による月面着陸。
    その中で発生した宇宙船の故障によるトラブルを綴った作品で、映画を観た後にこちらを読みました。

    宇宙飛行士達の背景や地球で対処にあたるNASAのスタッフの様子など、静かに進行して行く中にも人々の誇りや意志の強さを見たように思います。

  • 4102463011 676p 1995・9・5 7刷

  • アポロ13号の発射・帰還までのドキュメンタリー。
    著者は13号の船長だけど、書きっぷりが一人称じゃないので、映画を見ているような感覚。面白い。

    13号は、月を向かう途中で故障が発生し、急遽月着陸を断念して、地球に帰還するのだけど、なんせ故障がでたロケットだけに生きるか死ぬかの中で、パイロットやNASAの管制官達が冷静に情熱的に対応する様がかっこいい。

  • 2009年秋に読み終わった本

    1970年に3回目の有人月着陸を目指して行われた飛行だったが、途中で酸素タンクが爆発して、月着陸を中止して地球に戻ってきた話。著書の一人のジムラベルはこのときの船長。

    司令船と月着陸船を連結して月まで飛行するわけだが、酸素タンク爆発で司令船にあった生命維持のための酸素・水・電力がほとんどなくなってしまい、着陸船にあったわずかな酸素で命をつないだ。着陸船はもともと月周回軌道に到達してから使うはずだったのだが、月地球往復の旅程のほとんどを着陸船で過ごすことになった。暖房やコンピュータなどほとんど全ての機材の電源を落として、3人の飛行士は凍えながら無事帰還。機材の電源を落としてしまうのは、着陸時にちゃんと無事起動できるかどうかほとんど賭であった。暖房のない過酷な環境で、寒くてほとんど眠れない中、4日間にわたり、コンピュータのシャットダウン、手動でのエンジン始動・軌道修正やら、着陸前のコンピュータ軌道、とかいっぱいやることがあって、しかもどれもまちがいたら命がないという状況を無事乗り越えてしまった。

    この本は何回も読んでるし、映画も何回も見ている。

    http://hydrocul.seesaa.net/article/146963579.html

  • 危機発生時のチーム運営は見事

    巨大プロジェクトでは分業は必須だが
    どこで不具合が入るか分からない
    チェック体制をどのように築くか

    映画もおもしろかったけれど
    こちらも色々と考えさせられとてもよかった

  • 冒険にはトラブルが付き物ですが、アポロ13が遭遇したトラブルからの脱出には十分に訓練され、機械を知り尽くした人たちが力を合わせてどうにか手に入れた脱出でした。
    …と、内容を書いて行ってもかなり色々な事が書けるのですが、一番感じたのは、「この頃のアメリカは、すごく強くエネルギッシュな国だったんだな」と言うことです。
    また、未来に向けて国を上げて邁進していけるアメリカに戻って欲しいと感じました。

  • 当時は、小学生(年齢がわかってしまいますが)でした。世間は大阪万博の話題でもちきりだったと記憶してます。かろうじて事件を認識できる年齢でリアルタイムの時代に生きていながら、全く知りませんでした。「輝かしい失敗」。アメリカの底力(主要な役割を果たした人の多くが20代前半)を痛感させられる実話です。映画もよかったですが、この本もそれ以上に、読み始めたら止められない、そんな作品です。

  • 同名映画の原作。当事者の話ということでアポロ1号の事件から13号に至るまでのクルーの心境が丁寧に描かれている。立花隆の同名本とは食い違う記述もある。

全18件中 1 - 18件を表示

アポロ13 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

アポロ13 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする