乙女の祈り (新潮文庫)

  • 40人登録
  • 3.31評価
    • (0)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Nikolaus Gatter  平井 吉夫 
  • 新潮社 (1995年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102468012

乙女の祈り (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1954年、ニュージーランドのクライストチャーチである殺人事件
    が起こった。犯人はポウリーンとジュリエットと言うふたりの少女。
    被害者はポウリーンの母親。

    同じ女子高に通う思春期の少女たちは、幻想の世界に遊ぶ。
    ファンタジー小説を執筆し、お互いをその登場人物になぞらえて
    手紙のやり取りをする。

    ここまでなら思春期を迎えた女の子たちにありがちなこと。しかし、
    ふたりは少々違った。

    お互いを唯一の存在とし、友情とも愛情ともつかない結びつきを
    深めて行く。そんなふたりに両親は危機感を抱く。あまりの親密
    さに同性愛を疑われ、二組の親は少女たちを引き離そうとする。

    離れたくない。ずっとふたりで一緒にいたい。誰にも私たちの
    邪魔はさせない。そう、ポウリーンの母さえいなければ、
    私たちは永遠にそばにいられる。

    少女たちの幻想は暴走し、ついには凶悪な犯罪を犯したこと
    で未来永劫、再会は叶わぬ夢となる。

    実際に起こった事件をモデルにして製作された同名映画の
    ノベライズだが、映画では描き切れなかった細部の描写が
    あるので映画を先に観ていると納得出来る部分が多い。

    特にポウリーンの日記という体裁を取って、心の動きを
    追えるのはノベライズならでは。

    確かに夢見る少女期ってのは分かるし、女の子同士の
    親密さはエスカレートする場合もあるだろう。だが、それが
    母親殺しに結び付いてしまうなんてなぁ。

    しかも、その犯行の手口があまりにも杜撰。作家に憧れる
    少女なら、もっと綿密な計画を練ろうよ。

    誰にも夢見る時期があって、それを邪魔する者への憎悪を
    抱えることもあるだろう。しかし、少女は少女のままでは
    いられない。いつか、大人の女性へと成長していくんだ。

    その時、「あれは若気の至りだった」と反省することに
    なるんだけどね。だが、殺人は反省だけじゃ済まないの
    だよね。

    尚、モデルとなった少女二人は2度と二人きりで会わない
    ことを条件に釈放され、それぞれ別の人生を歩んでいる。

  • レズビアンの少女たちが邪魔者となる家族を殺そうとした事件の話です。

  • クライストチャーチ、イギリスなどを舞台とした作品です。

  • 痛々しいまでにひたむきに夢の世界を維持しようとしたふたりの話。
    中二病と言ってしまえばそれまで。だけど解説を読んで、現在の彼女がこぼした言葉に、あらためてふたりの関係性や、ふたりと世界のかかわりとは何だったのか思いをめぐらせた。

全4件中 1 - 4件を表示

乙女の祈り (新潮文庫)に関連する談話室の質問

乙女の祈り (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乙女の祈り (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乙女の祈り (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする