教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)

  • 114人登録
  • 3.48評価
    • (4)
    • (7)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Tom Clancy  田村 源二 
  • 新潮社 (2004年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102472309

教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 4巻では主役のライアンが活躍する。3巻までに周到に仕込んだ舞台が一気加勢にまわりだす。

    本書では、1981年当時の国際関係や事件それに当時の政治の首班を実名に登場させ、さながらノンフィクションのようなリアリティさをかもし出す。そしてそれを抑えた筆致で静かに展開させ、読者の中で迫力が倍化する見事な出来栄えとなっている。

    後書きにある本書の設定では、ジャックライアン32歳「パトリオットゲーム」の5ヶ月後である。なんとも忙しい男である。

  • 史実の裏側を推理して膨らませるってのは、大変だろうけど、多分、楽しい作業だと思うんだ。若き日のライアンが主人公だし、クランシー大先生も楽しんで書いたんだろうなあ、と思わせる作品です。
    しかし、ソ連だった時代のロシアは、ホント大変そうだったよね……

  • 2007/9/6 買い逃しをアマゾンにて

  • ジャックライアンシリーズは読み続けていますが、『教皇暗殺』は少し時間をさかのぼって若き日のライアンの描いています。フォーリやMPなどライアンシリーズでは重要な人物も登場しています。読み応えは充分でした。暗殺については欲を言うと、もうひとひねりあってもよかったんじゃないかな。

全4件中 1 - 4件を表示

教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)の作品紹介

いよいよ"ラビット"一家が動き出した。ライアンは、彼らの生命を守るための、神をも欺く作戦の仕上げに取り掛かる。"ラビット"のもつ情報に驚愕したCIAとSISは、一転して教皇の生命を守る方法を必死に考えることになった。気丈な教皇を公の場から遠ざけることはできない…。現実の事件や実在の人物と巧みに織り交ぜ、圧倒的なリアリティで迫る、詳細な諜報小説。全4巻完結。

教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)のハードカバー

教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)のハードカバー

教皇暗殺〈4〉 (新潮文庫)の文庫

ツイートする