米中開戦1 (新潮文庫)

  • 213人登録
  • 3.56評価
    • (5)
    • (26)
    • (19)
    • (2)
    • (2)
  • 13レビュー
制作 : Tom Clancy  Mark Greaney  田村 源二 
  • 新潮社 (2013年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102472538

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム クランシー
高野 和明
トム クランシー
トム クランシー
池井戸 潤
マーク グリーニ...
池井戸 潤
トム クランシー
マーク グリーニ...
トム クランシー
有効な右矢印 無効な右矢印

米中開戦1 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 系推薦図書 3系(情報・知能工学系)
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 933||CL||1
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=178107

  • ジャック・ライアン ジュニアが活躍するザ・キャンパスシリーズ。今回は、ザ・キャンパスの愛称をもつヘンドリーアソシエイト社が.何者かに狙われる。非合法組織である当社を狙う謎の集団は、大規模かつ非常に洗練された手法で迫ってくる。一方、中国の政府内部で経済破綻の責任を巡り、内紛が勃発。軍部を統括する蘇将軍により現政権が維持されるが、逆に軍部の傀儡政権となってしまう。リアル世界では、中国の経済減速という見方は既に衆目の一致するところであるが、2015年9月の元切下げにより、その方向がハッキリとした。これからの舵取り如何で習近平政権が本書のようにヤケクソ軍事政権となる可能性もある。戦後70周年記念の戦勝パレードは、アメリカの軍事プレゼンスを意識したキナ臭いものだったが、今後の中国が本書のような政治選択をしない事を祈るばかりである。

  • 久しぶりに読み応えのあるスタート(1巻)であった。リズムよく進む。
    現実味のあるストーリーだけに、怖いね

  • 頭に言葉が入ってこない。

  • やっと読み出しました。
    ジャック・ライアンの大統領職。
    結構、好きなんですよね。
    ブレーンも最高です。
    こういうアメリカだったら
    最強だよなぁ。。。
    って思ったり。
    経済分野は皆無ですけどね。
    ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

  • キャンパスにアメリカ国内でもFBIから深刻な監視の目が、・・ライアンは動きを縛られ始めたことにまだ気がついてない。全体的に物語が徐々に進行中。決定的な事件はまだ起こっていない。

  • 4巻構成の第1巻。
    ここでジョン・クラークが引退ですか。
    まぁ、ここに至るまで結構、肉体的にも、
    精神的にも、その存在(秘匿性)的にも、
    傷めつけられましたからね。

    それと、ジャックJr.の恋人。
    そういえば、前に出てきた時、
    やばそうなミッションを与えられていた事を
    思い出しました。

  • アメリカの仮想敵国として今や真っ先に名が挙がる中国といよいと本格的にぶつかるという話であるが、まともにぶつかってもアメリカの優位性が揺るぐことはないだろうということで、最近、いろいろと問沙汰されているハッカーによるサイバースペースでの戦いから描くのだが、それだけでは終わりようがなく、どこまで話が展開することになるのか、相変わらず、先の展開を気にしながら、どんどん読み進むことが出来る。それにしても、ジャックジュニアは頑張っているものの、二世タレントの様で、主人公になりえないのでかわいそう。

  • いきなり盛りあがることなく、少しずつ物語が進んでいく。次巻が楽しみ。

  • サイバー攻撃を基に中国の海洋覇権を狙い敵対するアメリカに対抗しよう画策するが・・・
    その背景に隠された組織と米国を裏切っていた空軍大佐と娘のFBI職員・・・
    果たして米中開戦へと突き進むのか?!
    紆余曲折あるスタート!!

  • アメリカと中国が戦争?荒唐無稽に思えるが巧みなストーリーでなるほどと思わせる。チャイナの国家主席の生い立ちの記述もすばらしい。

  • 昨年亡くなったトム・クランシーの最新作ということで早速購入。

    主人公ジャック・ジュニアの活躍が楽しみな展開の一方で、前作「ライアンの代価」のエンディングで何か裏がありそうだったジャック・ジュニアの恋人がいよいよ正体を...。

    彼女自身のことやジュニアとの関係、さらにはザ・キャンパスへの影響など、続きが非常に楽しみになります。

    もう1つ。クラールも本当のところどうなるのか...このままってことは無いだろうから、やっぱり続きが気になります。

    ジャック・ジュニアのシリーズの中では一番続きが気になる作品です。

全13件中 1 - 13件を表示

米中開戦1 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

米中開戦1 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

米中開戦1 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

米中開戦1 (新潮文庫)の作品紹介

中国が南シナ海で軍備増強――情報を得たジャック・ライアン大統領は、だが、身動きできずにいた。対テロ民間極秘組織〈ザ・キャンパス〉の存在を何者かに把握され、監視されていることが判明したのだ。迫る中国の脅威。陸、海、空はもとより、宇宙やサイバー空間までが戦場になるのか? 緻密な国際政治情報の分析を元に、世界の危機をシミュレートする国際インテリジェンス巨篇!

ツイートする