妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜 (新潮OH!文庫)

  • 219人登録
  • 3.66評価
    • (30)
    • (21)
    • (67)
    • (2)
    • (0)
  • 30レビュー
  • 新潮社 (2001年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102900734

妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜 (新潮OH!文庫)の感想・レビュー・書評

  • 妖怪好きのお三方による、妖怪愛を語る本。ところどころの挿絵は、すべて京極夏彦氏によるもの。氏の千変万化のタッチが見所のひとつ。

  • 2014年9月27日

    美術(本文中の全漫画)/京極夏彦
    カバー(妖怪製作)/荒井良
    カバー撮影/水町和昭
    装幀/緒方修一

  • 対談の形で、馬鹿話をしながら次第に妖怪の考察や資料の信憑性などが話題に上るようになって、非常に面白かった。各氏のキャラクターがいい味を出しているので、何を言わせても楽しい。柳田国男の妖怪談義と並べ、資料としても欲しい一冊であった。

  • タイトル通り錚々たる妖怪馬鹿が三人集まって一夜丸ごと妖怪について語り明かすという誰も喜ばなさそうだけど誰かは必ず喜ぶ企画を書籍化したものでございます。あれっ?むしろ本書のためにこの鼎談があったのか?まーそんな些細なことはどちらでも良いのです。焼け残った新聞紙の切れ端のようにどうでも良いのです。


    妖怪から日本社会を語る

    とはいえ錚々たる三人でこざいますから(実は京極夏彦しか存じませんが。そんなことは焼け残ry)、興味深い内容の鼎談となっております。
    果たして妖怪とは何なのか?言葉なのか?イメージなのか?はたまた不可解はすべて妖怪か?創作か?民話か?UFOと妖怪は違うのか?などなどなど。素晴らしいほどのてんこ盛り具合であるのです。
    気付くといつの間にか現在(2001年当時)の「日本社会には妖怪学が必要なのだ」などという突拍子もない話になってしまうわけでして、さすがに壮年にもなりますと社会を憂いてしまうのでしょうか。分かりかねますが話のぶっ飛び具合たるや日本酒1升ぐらいの飲みっぷりでは到底追いつけないくらいの勢いであります。


    水木しげる先生の功績?

    さて、本書をまとめますに三人の出会いから妖怪の何たるか、果ては「日本社会における妖怪」なんてことまで語っておりますが、差し当たっては水木しげる先生の掌の上を転がりまくった挙句に飛び出す気すらなくいやもう楽しくて仕方ないよね妖怪最高!って人生を投げ打ちながら哀愁を漂わせつつ語り合うという本なのであります。
    京極夏彦先生の本が好きな方はぜひ手にとって妖怪学の深く険しい深淵のような面白味を感じとって頂けるかと思います。ちなみにワタクシは氷山の一角ほどでございます。妖怪に人生を捧げるのは嫌なもので。ではまたそのうち。

  • 挿絵がすごい!本人に頼んでいるのかと思った。んなわけないけど。亡くなっている人もいるしね。でもまさか京極さんでした。

  • 妖怪馬鹿のお三方がくだらないことや真面目なことやらを語り合っています。
    好きなモノをひたすら追求し、語っている様子は、精神衛生上とてもいいです。今後も疲れたときに再読しよう。

  • 妖怪が集まると、こんなに為になる妖怪話になるんだなあ、と楽しい一冊!

  • 妖怪好き以外は読まなくていいと思います。
    ちなみに、オイラは生粋のぬらりひょんファンです。

  • 平家の首塚の前で源氏をベタ褒めするバカ話が大好きだ。

  • タイトルに偽りなし。本当に妖怪馬鹿なんだなあ。楽しそうだなあ。
    京極夏彦の多方面にわたる模写絵は必見。

  • こんな馬鹿たちが大好きな人は何て呼ぶんだろうか。

  • 新規購入ではなく、積読状態のもの。
    2008/9/17~9/20 新横浜から帰りの新幹線にて読了。
    いやいや、この3人は本当に”馬鹿”です。妖怪に対する知識と見識が半端ではありません。
     京極さんの、いろんな漫画家を模した漫画の巧さに驚きました。
    (ちなみにこれは最近新潮から出た本ではなく、前にでたOH文庫版)

  • 対談もさることながら、イラストが凄すぎる。

  • 生麩を食べたくなります。

  • 京都・要庵西富家で行われた座談会の記録。脱線しつつ、妖怪の出典や起源を延々と。ところどころに挿入される京極夏彦書下ろしの漫画が上手い。田河水泡、諸星大二郎などの作家のタッチを見事に模写している。水木しげる先生の普段の様子も伺い知れて嬉しい。

  • 京極夏彦氏の漫画が秀逸

  • ひたすら笑えるので読むべし。

  • ほんといいなあ何かにおいて馬鹿な人種って。
    これも笑ったなあ。っていうか妖怪でそんなに話が続くのが凄い。
    頭よくなった気がするもの。妖怪に関して。

  • 京極他、妖怪好きの二人がひたすら京都の宿で妖怪への愛を語りつくすというもの。馬鹿話だなーと思いながら、本人たちが実に楽しそうなのがいい。あと詳細に脚注ついてるのも楽しい。そして読みどころは、京極がいろんな漫画のパロディで描いているイラスト。上手い!……けれど、こんなのやってるから新刊出なかったんじゃ!という気持ちにも。。。でもほんとによく似てるので、立ち読みででも見てみてくださいv

  • 妖怪馬鹿による対談。これが中々面白かった。外で読むことが多かったのだがついにやにやしてしまった。不審。注釈が凄く多く、中身の濃い対談。妖怪に詳しくなくても大丈夫。水木先生は語られるだけで存在感のある方だなぁ。京極氏による漫画も多く掲載されてます。ほんっとこの人本業は何だよ、ていう(笑)。

  • 妖怪好きを通り越し、妖怪のことばかり考えている人「妖怪馬鹿」。そんな妖怪馬鹿が3人集まって行われた座談会を綴ったのがこの本です。 さすがに専門家とあって次から次へと妖怪の話がでてきますが、なんというかやはり捉え方が違いますね。妖怪、というのがこんなに奥が深いものだとは。目からウロコの一冊でした。 京極さんの書き下ろし漫画も最高!

  • 京極夏彦の色々な漫画家そっくりの作風の挿し絵だけでも一見の価値はありますかと(笑)ネタ系のお話しが好きならとても面白いと思います。つうか爆笑します。仲間に入れて欲しいです。

  • 京極絡み(?)の本の中で多分一番好きです。いい大人が何をやってるんだか。もちろんそこが好きなんです。繰り返し読んだのでぼろぼろです。言うまでもなく私も妖怪大好きです。

  • 内容は、まー、この面子から推して測るべし(笑)
    妖怪論がちりばめられてんだけど、第六章が一番面白かった。
    立風書房の『いちばんくわしい・日本妖怪図鑑』のびろーんについて語ってるし。
    びろーんは幼心に強烈だったよな。
    中岡俊哉の『世界妖怪図鑑』も持ってたなー。魔神フォービとか創作か……。
    がしゃどくろも樹木子も創作とは……。

    しかし、一番衝撃的だったのは、あの、イカした油すましの姿が、どうやら水木しげるの創作らしいと言うこと!
    油すましの話は昔から伝わっているものだけど、あの蓑をまとった姿の出展は謎らしい。
    バックベアードもアメリカの妖怪じゃなかったのか……

  • 笑えます。京極氏のマンガも載っていてお得感バッチリ☆

全30件中 1 - 25件を表示

妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜 (新潮OH!文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜 (新潮OH!文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜 (新潮OH!文庫)はこんな本です

ツイートする