なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界 (新潮OH!文庫)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Harold L. Klawans  鴻巣 友季子 
  • 新潮社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102900901

なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界 (新潮OH!文庫)の感想・レビュー・書評

  • 神経内科疾患の症例についての短編集。昔の本ですが、神経内科に関心のある人々にむけて書かれているので病態的にも分かりやすいし、疾患にまつわる歴史だとか、患者さんの性格や考えについても詳しく描かれていて非常に面白いです。

  • 記憶の仕組みについて書かれているのかと思ったらもっと広範な神経病理学のエッセイだった。

全2件中 1 - 2件を表示

なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界 (新潮OH!文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界 (新潮OH!文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界 (新潮OH!文庫)はこんな本です

なぜ記憶が消えるのか―神経病理学者が見た不思議な世界 (新潮OH!文庫)の単行本

ツイートする