怪しいお仕事!―儲けたいなら、頭を使え。 (新潮OH!文庫)

  • 43人登録
  • 2.83評価
    • (1)
    • (2)
    • (9)
    • (5)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 北尾トロ
  • 新潮社 (2001年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102901083

怪しいお仕事!―儲けたいなら、頭を使え。 (新潮OH!文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんな仕事もある。
    勉強になりました。

  • 日本のアングラ系のお仕事(競馬の予想屋や野球賭博など)を
    実際に仕事の従事している人からのインタビューを元に構成された
    ノンフィクション。

    少し古い本になりますが、
    今も動揺の仕事は存在しており、今の現代でも十分に通じる内容です。

    騙されないために相手を知ると言う意味でとても役に立つと思います。

  • 各種ばくち関係、ゴースト・ライターや寺の売買、そして自ら3行広告出稿。きっちり取材する姿勢が楽しく読めた。オリジナルは97年ごろ。したがってインターネット関係の記述に時代を感じる。おそらく当時の記載は、ニフティあたりの掲示板について書いたものだろう。

  • かなり「怪しい」お仕事です。作者の北尾さんって一体どんな人なんだろう。好奇心旺盛というかなんというか…。悪徳興信所。怖い!三浦綾子「広き迷路」に登場する田條。小説の中では彼がキーパーソンであり、人の弱みにかこつけて冬美と加奈彦の2人を自殺に追いやったのは結局彼なんじゃないかな。ただ今回はこれがフィクションじゃない。この世界にこういう仕事をプロとしている人がいて年収1000万をくだらないで生活している。そう考えただけで驚愕しちゃう。議員の浮気を盗撮してそれで巨額のお金を揺すり、不動産を安く斡旋をする。医学部教授の破廉恥な姿を盗撮(ってゆーか誘導させたんじゃんと言いたくなる)して裏口入学の斡旋をする。夫の浮気調査の一貫で車のナンバーからは500円くらいで所持者を割り出せるにも関わらず、高額を妻に要求する。(詐欺じゃん、刑法に反しないの?)
    確かに当事者は社会のモラルに反した。避けることのできたことだと思う。けれども悪魔のささやきに勝てないことも人間なら人生に一度くらいあったって不思議じゃない。

全5件中 1 - 5件を表示

北尾トロの作品

怪しいお仕事!―儲けたいなら、頭を使え。 (新潮OH!文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怪しいお仕事!―儲けたいなら、頭を使え。 (新潮OH!文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

怪しいお仕事!―儲けたいなら、頭を使え。 (新潮OH!文庫)はこんな本です

ツイートする