知って役立つキリスト教大研究 (新潮OH!文庫)

  • 132人登録
  • 3.31評価
    • (5)
    • (9)
    • (32)
    • (2)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 八木谷涼子
  • 新潮社 (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102901335

知って役立つキリスト教大研究 (新潮OH!文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 欧米の翻訳ものを手に取ることも多いので、やはりキリスト教系の用語や習慣には「?」と思いつつやり過ごしてしまっています。そんな疑問をざっと解決できる(と思う)、キリスト教全般のガイドブックです。翻訳雑誌の連載記事だったのですが、まとめ+増量で出版され、こんなに嬉しいことはありません。

    ビギナーのためのQ&Aから始まり、各教派のざっとしたガイドに入ります。ローマ・カトリックとプロテスタント、ギリシア正教だけだと思っていたら大間違い!その中の主な教派の特徴をざっと解説してあり、「イメージは○○」と、作品や人物まで添えてあるので、「えー、あれってクエーカーの話?」とか、細かいところに目が行くようになります。実際に礼拝に行った感触も書かれてあってすごい(笑)。

    「翻訳家や作家のために」として、描写する際の注意事項なども添えてあり、親切設計です。後半は用語集が掲載されているので、下手な参考書より役に立つような気がします。

    このサイズにして充実した内容(濃ゆいともいう)で、こういった調べものを必要とされるかたにはコスト・パフォーマンスの高い1冊です。もちろん、ただめくるにもおすすめです。イラストの雰囲気に好き嫌いがあるかな、とは思いますが、よくできた本です。

  • キリスト教の各教派の違いや特徴についての記載がありイラストも多く、あまりキリスト教に興味がない人でもわかりやすく読めると思う。高校時代に買って今でも持っている本の一つ。
    現役シスターへのインタビューなどもあるが、後半のクリスチャン辞典などは少し雑多な印象がある。

  • 用語から索引的にキリスト教を把握するには便利。どちらかというとキリスト教圏の欧米中長期滞在用の異文化マニュアルとも言えるかな

  •  よく映画とかで、急に貧乏になった人が「救世軍の炊き出しがあるから大丈夫よ」、とか言っているのを聞いていました。私は、救世軍とは退役軍人会か在郷軍人会のボランティアサークルみないなやつだと、勝手に思っていましたが、どうやら違ったようです。キリスト教の一派だったんですね。
     映画にしても小説にしても、外国のものはこういった宗教に関するところで、イメージがつかめずにサラっと流していることが多かったので、この本はたいへん勉強になりました。
     挿絵もマンガチックで、良かったです。

  • キリスト教の教派による文化論などをわかりやすく書いた本。

    この本を初めて読んだときは非常に衝撃的だった。ここまで教派の違いや歴史などがわかる本はないと思う。

    今は、増補改訂版で、朝日文庫から、「なんでもわかるキリスト教大事典」になっているので、そちらを購入すればよいと思う。

  • かなり前に読みましたが、おもしろく解りやすいキリスト教解説本です。こんなに各宗派がくっきり分かる本ってないです。見やすいイラストは著者によるものなんでしょうか?司祭さんやシスターのインタビューもいいですね。映画や文学の劇中でキリスト教が出てきてよく解らなかった人にもオススメです。根っから真面目なキリスト教の人には奨められないと思います。文化としてのキリスト教を一般的に知りたい方向け。

  • キリスト教と一口にいっても、本当にいろいろ。使っている文化資源がちょっと被ってるくらいの共通性しかないことがこの本を読むとわかる。

  • 以前からキリスト教に興味があり、だいぶ以前に読んだ。

    カトリックや東方正教会、プロテスタント各宗派について、分かりやすく書かれている。

    また特に、日本であまり馴染みのないプロテスタント宗派に関しても記載されている。

    が、プロテスタント各派については、馴染みがなさ過ぎて、あまりピンとこないことも多かったりも・・・。

  • NDC分類: 190.

  • 文庫サイズの「キリスト教ってなんですか」本。
    ごく初歩的なO&Aから、キリスト教諸教派の違い、クリスチャンの生活、用語集など。文庫サイズとはいえ、キリスト教の初歩的な知識を身につけるには非常に役立つ一冊。

    「プロテスタントとカトリックの違いって何さ?」
    「つか、あの人たちは具体的に教会で何をしてるのだ」
    「神父が祭壇の前でウロウロしてるあれ、あれはいったいいかなる意味が」
    などなど、信者以外にとっては謎の部分を丁寧に教えてくれる。教派別神父さん(牧師さん)の衣服の違いなども少し触れているので、その手のモノが大好きな人にとっても嬉しい一冊。
    世界的宗教の基礎的な部分だけでもある程度知っておこう、という人には便利。
    歴史の詳しいところは他の専門書に譲るとして、手軽に入手できて気軽に読めるお勧めの一冊。

全19件中 1 - 10件を表示

八木谷涼子の作品

知って役立つキリスト教大研究 (新潮OH!文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知って役立つキリスト教大研究 (新潮OH!文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知って役立つキリスト教大研究 (新潮OH!文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

知って役立つキリスト教大研究 (新潮OH!文庫)の作品紹介

洗礼って何?からシスターって私服持ってるの?まで、ちょっぴりキリスト教に興味がある、あなたの疑問をすっかり解決。

ツイートする