エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群

  • 79人登録
  • 3.86評価
    • (7)
    • (10)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 泉流星
  • 新潮社 (2008年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103001126

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
村上 春樹
又吉 直樹
村上 春樹
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群の感想・レビュー・書評

  • 妻側アスペルガーの夫婦の上手く生きていくコツを、夫側の視点から書いた会話風エッセイ風なアドバイス集。しかし、著者は妻側、というグルグル設定。

    宇宙人には、とても、参考になりました。

  • 「僕の妻はエイリアン」「地球生まれの異星人」と続けて読んでみた。

    今までが作者の生い立ちや、日常生活を詳しく知る事ができ、
    今回は実際、症状を知ってどうやって生活していったらいいのか、
    とっても親切丁寧に、詳しく教えてくれている。

    アスペルガーの方にとったら、バイブルとなる本だと思う。
    やっぱり当事者が書かれてる本は凄く参考になります。

  • 高機能自閉症/アスペルガー症候群の障碍を持っている子ども達はよく「エイリアン・異星人」とかいわれる。
     この本は謂わばその大人版。
    (私は、これらの障碍をもつ子どもを解説したものと勘違いして買った)
     自分勝手な子、暴力的な子、すぐキレる子、冗談の通じない子、空気の読めない子、人の気持ちを逆撫でする子等々。子ども時代はそう言われて育ち、褒められることは殆ど無く、叱られたり注意されたりすることばかりでの毎日を過ごしている子ども達。
     親としてはつい将来を悲観してしまうのだが、それらのの子ども達にも明るい将来があると光明をもたらす本だ。

     自分自身の努力・工夫と周囲の温かい理解と援助で円滑な社会生活を送ることができることが示されている。

     私たちの社会にはこのような障碍を始めとして様々な障碍・個性を持った人たちがいる。このような人々を含めて初めて一つの社会なのだと改めて感じる。

     何よりも大切なことは。知ること理解することなのだが・・・・。

  • 高機能障害の人はこういう人ですよ~
    こうするといいですよ~という発達障害の当事者が書いた本。

    最初の作品の「僕の妻はエイリアン」よりは、
    第3者を意識して書かれているようで読みやすい。

    当事者や周囲の人が読むと参考にできてよいんじゃないかなと
    思いました。

  • サブタイトル:おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群
    高機能自閉症の妻が、その夫の目線から書いているという設定を最初からわかって読むと、かえって書き手が誰なのかややわかりにくい気がした。
    まわりのサポートが重要で必要なのは客観的には理解するが、ではどういう風にサポートすればいいのか?とか、病気ではないとはいえ発達障害だと自覚がない人へのフォローは自分のいたらなさやむなしさを感じることが多かったりするもやもやした気持ちはどうしたらいいのか?とか、ふと思った。
    自分自身や身内がそうだ、という人にはよい本の気がするが、少し距離がある人への対処について知りたい人には不向きな気がした。

  • いろいろな機関から 助けてもらう方法など 具体的に書いてあって 助かるんじゃないでしょうか。。わかんないけど。

全9件中 1 - 9件を表示

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群を本棚に「積読」で登録しているひと

エイリアンの地球ライフ―おとなの高機能自閉症/アスペルガー症候群はこんな本です

ツイートする