果断―隠蔽捜査〈2〉

  • 786人登録
  • 4.12評価
    • (157)
    • (177)
    • (96)
    • (2)
    • (1)
  • 141レビュー
著者 : 今野敏
  • 新潮社 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103002529

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
宮部 みゆき
今野 敏
伊坂 幸太郎
近藤 史恵
伊坂 幸太郎
道尾 秀介
東野 圭吾
東野 圭吾
海堂 尊
東野 圭吾
雫井 脩介
宮部 みゆき
貴志 祐介
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
万城目 学
宮部 みゆき
吉田 修一
今野 敏
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

果断―隠蔽捜査〈2〉の感想・レビュー・書評

  • 隠蔽捜査シリーズ第2弾

    長男の不祥事により、警察庁長官官房の総務課長から大森署の署長に左遷された竜崎伸也警視長。
    署長の一番の仕事が、署長決済の膨大な書類の判子押し…判子押しに追われる竜崎。
    そんな中、着任早々大森署管内で消費者金融への強盗事件が発生する。
    三人組の犯人の内二人は緊配で逮捕されるが、残り一人が拳銃を所持し
    管内の小料理屋に人質をとって立てこもるという事件が発生する。
    竜崎は慣例を無視して現場に駆け付ける。
    現場ではSITとSATの主導権争い…。
    SIT説得に応じない犯人、やがて銃声が聞こえ緊迫する現場。
    竜崎はSATの突入を命じ、犯人は射殺され人質は無事救助された。
    この事件は解決したはずだったが…。
    突入した時に犯人の拳銃に実包が残っていなかった事が判明し、それがマスコミに漏れた。
    マスコミは人質の無事救出よりもSATが犯人を射殺した事を問題視し書きたてる。
    竜崎と刑事部長の伊丹は監察を受けることとなる…。

    署長の仕事が膨大な判子押しにも驚いたし、地域の様々な集まりに顔を出す事にも驚いた。
    二十人以上が集まる会費五千円以下の立食パーティしか参加できないのも驚いた。
    そして、刑事部のSITの最大の武器は情報と交渉力で犯人を生きて確保する事。
    警備部のSATの最大の武器は文字通り制圧の為の武力。
    名前は良く耳にしてたけど、はっきり違いを知らなかったので興味深かった。
    官僚の縦割り、前例主義に与せず、物事を原理原則に則って合理的に判断するが故に、
    変人扱いされていた竜崎。
    竜崎が現場に赴任する事によって、方面部長との諍いに発展したりと少なからずトラブルも発生した。
    でも、複雑な警察内部の圧力や、従来の慣習をも気にせず、あくまでも自分の信念を遵守し
    上の者の顔色を窺う事じゃないと信念を曲げない竜崎の言動はとっても爽快で、潔かった。
    現場の刑事にもその正しさが伝わって変わっていく姿が良かったなあ。
    竜崎の息子がアニメの仕事をしたいと夢を抱き東大を目指す事が全く分からない竜崎。
    息子から渡されたアニメの映画…きっと、風の谷のナウシカの映画を観て感動してるの可笑しかった。
    前回の奥様冴子さん恰好良かったけど、今回の冴子さん胃潰瘍で倒れた。
    自分が倒れても、夫の背中を押す姿やっぱり素敵な人でした。
    次作の竜崎や家族がどの様になっているのか、とっても楽しみです。

  • 降格人事で大森署の署長に異動となった竜崎だけど、どんな立場でも変わらずブレないところがスバラシイ。

    前半(3分の2くらいまで)は「竜崎ピンチ!」とドキドキさせつつ、後半、一気に展開していって、「やっぱり竜崎カッコイイ!」とスッキリさせる終わり方。
    わかっているんだけど、読んでてわくわくしてしまう。

    小田切首席監察官や貝沼副署長、大森署の刑事・戸高などちょっと曲者っぽく感じた登場人物も警察官としてのプロ意識を持った人たちで、竜崎とどう絡んでいくか今後も楽しみ。


    竜崎って仕事をする上ではスバラシイと思うんだけど、旦那になったらしんどいなぁ…と思ってたんだけど、やっぱり奥さん、いろいろ大変だったんだね…と思わず同情したくなるような内容でもありました^^;

  • 降格で所轄の署長になっても、変わらない竜崎
    その自負がどこから生まれるのかが不思議ですが、合理主義、理性的な判断を貫くところが、自然と信頼を生んでいきます

    その一方、今作では伊丹に悩みを打ち明けるような面も見せ始めます
    また、自己犠牲の精神や、人の評価を素直に改めるような面も

    1作目と違い、ミステリー要素が強め、展開も割と王道で読みやすいです
    前作に取っ付きにくさを感じるならば、あえてこちらを先に読んでから戻ってみるというのもありではないでしょうか

  • 混乱する現場で対立する捜査一課特殊班とSAT。現場で指揮する竜崎の決断は。警察庁から大森警察署署長に左遷されたキャリアの竜崎伸也。襲いくる様々な圧力に竜崎は打ち勝つことができるのか



    隠蔽捜査シリーズ


    警察の物語。


    息子の不祥事で大森署長に異動したキャリアの竜崎

    そお大森署管内で拳銃をもった強盗犯の立てこもり事件が発生

    人質に危険が迫る中現場でそれぞれの立場を主張する捜査一課特殊班とSAT
    事件はSATの犯人射殺で解決したかのように見えたが




    とにかく真面目で実直で清々しいほど堅物の署長(東大法学部出身)

    が正しいと信じたことを習慣や慣習や立場に囚われずに発言し行っていく

    ある意味すがすがしい物語


    私てきには学校の防犯についての会議のときに

    うるさいPTAを静まらせ

    カマキリみたいな顔をした女史に


    「そこまで言われるならよっぽど勉強なさったのですね。失礼ですが学歴は?」


    と聞かれ


    「東大法学部ですが」


    と答える竜崎さん


    くーキャリアは違うねぇ


    ちなみに私は高卒ですが\\\\\\\\\\\







    にしてもこのおっさん狙われすぎや自分の副署長とか、いまいましい刑事とか幼馴染の刑事部長とか

    特二の係長とか


    警察ってこんなにキャリアとノンキャリアの差が激しいんだね。





    こんな、おっさんでさえも脳内が忙しく動き回る自分が恐ろしい。

  • 図書館で借りた本。
    隠蔽捜査の第2弾。
    前回の事が原因で、所轄の警察署長に左遷された主人公の竜崎は、今回立てこもり事件の現場指揮をとることになった。立てこもり犯は、電話でのコンタクトに応じず、発砲を繰り返す。待機していたSATで強行突入するように指示をし、犯人は射殺したものの、人質は無事に解放された。
    しかし、射殺された時、犯人は弾切れの状態で、まるごしの犯人相手に強行突入→銃殺はやり過ぎだと、マスコミからやり玉に挙げられ、ピンチに。

  • 再読だったε= (´∞` ) ハァー

    竜崎>妻みき?が、入院>胃潰瘍だった
    伊丹
    野間崎>ちくった。
    娘>就活なう
    息子>浪人生>東大に受かれ!と言われている。アニメに進みたい。
    竜崎に「風邪の谷のナウシカ」を見せる。
    見た竜崎は、真実に忠実に!元気を得る。

  • このシリーズなかなか面白い!!
    竜崎

  • この作品も前作に変わらぬ面白さでリアリティがあり、あっという間に読みきれてしまいました。
    この作品も前作同様、息子の不祥事で大森署の署長の左遷となったキャリア警察官の竜崎が主人公の話ですが、やはり竜崎の組織や相手の立場が上であろうと下であろう構わず、ただ警察としての正道とは何か?をポリシーに、信念にいささかもブレることなく突き進んでいきます。
    その管内で発生する強盗犯の立てこもり事件をベースに物語は進んでいきますが、刻々と状況が変化する事件に、竜崎が被害者を出さずに迅速に解決していくためにどうすべきか?を冷静に対処していき、結果に対しても、どんな言いがかりにも自分のやったことに全く間違った判断は無かったというゆるぎない自信と他の人にも自分のやった行動に自信をもてという姿は格好いいの一言で、そういう姿に自然と人をひきつける求心力があります。(と、いっても竜崎本人は別にひきつけようと思ってやっている訳ではないのですが)
    また、奥さんの思いかけない病気に気をやむところや息子の進路にも理解を示したり、最後のほうには、全く人を信用しない性格の竜崎が、署員を信頼することも必要だと考えたりしたりして、微妙に竜崎の心境の変化が現れ、人間くささも出てきた意外な一面が物語を面白くしています。

  • 面白い。
    正しい事を正しい、間違いは間違いだとはっきり言える
    変わり者のキャリアの竜崎。
    すごいぞ竜崎。

  • スネオオススメの本、第二弾。相変わらず内容については薄め。なのでさくさく読める。
    刑事の所轄と、本庁との権利抗争とそれに対し抗う主人公。正義感を貫く、といった姿勢が物語を勝手にすすめていくので「楽しませられている」感が強い。さくさく読めるが、心揺さぶられるものは少ない。TVドラマを眺めるように、何も考えなくてもどんどん読める。
    何も考えたくない、移動時間の合間などにはおすすめ。そういうシーン向き。

  • 再読。
    1巻よりこちらの方がおもしろかった!
    だんだんと竜崎が好きになってくるw

  • 2でさらに竜崎の世界が全開!
    面白い!
    竜崎と小田切監察官のやり取りはよかった、様々な場所に色々なプロフェッショナルがいる。
    どこにいっても変わらない竜崎だが偏屈一辺倒なわけではない、でも家族との関わりは少し変わったかな。
    さあ、3を読もう。

  • シリーズ物の第二弾。第一作を読まずとも、十分に主人公の背景などが理解できるし、くどい説明もないので、初めて読んでも、2作目として読んでも問題無い。
    主人公が意思を貫くことで、その意思の強さで物事が解決していく感じ。ありきたりと言えばその通りだが、モヤモヤせずにすみ、読みやすい。

  • 1の「隠蔽捜査」のその後、降格人事で大森署の署長になってのちの話。
    ここにきても、全く変わらず自分を持っている。惑わされない。
    竜崎のその考えが羨ましい。
    自分はどうしても人の目を気にするし、自分の考えに自信が持てない。
    「迷ったときに、原則を大切にしようと努力しているだけだ」
    というセリフがあるけれども、落ち着いて原則を思い出し判断できるようにはなかなか・・・

    一気読みでした。本当に面白かった。
    続いて3を読みます。とても楽しみ!!

  • 警察キャリアの竜崎伸也シリーズ。竜崎が署長を務める大森署管内で立てこもり事件が発生。犯人はSATに射殺されるが、その対応をめぐって責任の所在を問う声が。
    今野らしく、まあまあ面白い。安心して読める。

  • シリーズ2作目。すっかり竜崎ファンになってしまった。戸高のキャラがいいなー!SITの下平とコンビ組む話が読みたい。半沢直樹にちょっと通じるもんがある、あんなに力んだキャラじゃないが、その枠でドラマ化して欲しいもんだ。言いたい事が言えない、こんな世の中じゃ♪ ラストすっきり。楽しかった。

  • 再読なので、今回はストーリーよりも、もうちょっと細かい部分を楽しみました。
    ▼普段だったら、拳銃の種類の部分なんて読み飛ばしなのに、
    ベレッタってどんな拳銃?トカレフとかマグナムとか聞いたことあるけど・・・と気になり、Wikipediaで調べてみると、
    刑事ドラマの『西部警察(2004)』で徳重聡さんが、
    『ゴリラ・警視庁捜査第8班』で神田正輝さんが使ってるのかぁ。
    わぁ石原軍団懐かしいなぁと感じてみたり、
    大森署と現場の大森北五丁目の位置関係を地図で確認したりルート検索してみたり・・・ちょっと遊んでしまいました。
    ▼SITとSATの違いも、よくわかんないけど違う組織なんだ・・・
    くらいの認識だったけど、今回はちゃんと覚えました。
    SITは「捜査一課特殊班」のローマ字略なのか。
    ▼立場のエライ人がお互いの組織のパイプ役になって、
    折り合いをつけてくれて、責任は自分が取るから心配するなと
    ドーンと構えている、合理的で男気のある竜崎さん。
    ステキな上司だと思います。
    ▼”一瞬、何を言われたのか、わからなかった。
    脳の中にある類似の記憶がないために参照できないのだ”
    →いかにも竜崎さんらしい言葉の選び方だと思って、
    プッとなってしまいました。
    ▼奥さんに家のこと安心して任せられるっていうことは
    有り難いこと。今後は奥さんを大事にしてくださいね。
    そしてさらにバリバリいい仕事してください、竜崎さん。

  • 東京大学法学部から公務員上級試験に合格して警察庁に入つたエリートキャリアの竜崎伸也の視点で書かれた物語。ただし現在はある事件のあおりを食つて所轄の大森署の署長。
    やや複雑な関係の幼なじみである警視庁刑事部長の伊丹俊太郎も時折顔を出す。伊丹の視点で書かれて竜崎が登場する作品もある。

  • 最新刊が待ち遠しい。。。。はまります。

  • 竜崎の相変わらずの真っ直ぐさに引きこまれます。
    こんなキャリア官僚がいたら、日本ももっと良くなるんだろうなと思います。

  • シリーズものの2作目。このシリーズは初めてだったが、不自由なく楽しめた。
    キャリア警察署署長が主人公。竜崎は無意味なしきたりや派閥争い、建前がある警察という組織の中で、自分で考え、合理性を重視して公平な態度で行動する。
    そんな中、ある事件で責任を取らされる可能性が出てきた。回りは責任逃れをしようとする中、竜崎は自分の責任を認め、自分の判断に間違いはなかったと主張する。
    こんなドロドロした世界の中で竜崎の考えの素直さが気持ちよかった。彼を支える奥さんも素敵で、最後はじんわりきた。

  • 所轄に飛ばされた署長が
    徐々に署員たちと信頼関係を築いていくさまが
    とっても面白い。
    戸高のキャラクターもいい。

全141件中 1 - 25件を表示

果断―隠蔽捜査〈2〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

果断―隠蔽捜査〈2〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

果断―隠蔽捜査〈2〉を本棚に「積読」で登録しているひと

果断―隠蔽捜査〈2〉の作品紹介

混乱する現場で対立する捜査一課特殊班とSAT。現場で指揮する竜崎の決断は。警察庁から大森警察署署長に左遷されたキャリアの竜崎伸也。襲いくる様々な圧力に竜崎は打ち勝つことができるのか。

果断―隠蔽捜査〈2〉のKindle版

果断―隠蔽捜査〈2〉の文庫

ツイートする