自覚: 隠蔽捜査5.5

  • 694人登録
  • 3.88評価
    • (73)
    • (159)
    • (95)
    • (9)
    • (0)
  • 128レビュー
著者 : 今野敏
  • 新潮社 (2014年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103002574

自覚: 隠蔽捜査5.5の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。
    いついかなる時も、どんな状況に陥っても、原理原則を崩すことのない竜崎。
    揺るぎない信念のもとにくだされる判断は、いつもシンプルで誰もが納得できるものだ。
    たとえ相手が警察幹部だろうが上司だろうが、その対応が変わることはない。
    無駄なく、合理的に、成すべきことを淡々とこなしていくだけだ。
    周囲の人たち、とくに大森署の人たちがいつの間にか竜崎の影響を大きく受けていることが面白い。
    上層部の思惑を気にかけて判断を誤ったり、ましてや隠蔽工作に走るような行為を竜崎はけっして見逃さない。

    短編集になるとスピンオフ的な物語が多くなるが、長編とはまた違った読み応えがあった。
    副署長の貝沼、刑事課長の関本をはじめ、これまでよりも一歩踏み込んだ描写があるのはうれしい。
    出来れば次の「隠蔽捜査」は長編を読みたい気がする。

  • 竜崎さん、大好きでとても楽しみにして読みました。
    やっぱりとても面白かったです。
    5.5だからしかたないけれど、もっと登場してほしかったです。

    それとドラマをみてしまったせいで、どうしてもあの俳優さんの姿が浮かんでしまって…。
    大好きな作品が次々と映像化されるのは嬉しいんですが、
    それも微妙な感じで…。
    登場人物に勝手に好きな俳優さんを配役しながら読む癖があるので…。

    だったらドラマみなければいいのに、
    やっぱり見ちゃう。(笑)

  • 今作は、大森署の幹部や各係員を通しての、我らが主人公竜崎像。相変わらずの胸のすく竜崎節に◎。

  • とても面白くて、一気読み。
    竜崎に近しい存在から、彼の人柄をよく知らなかった人まで、バラエティに富んだメンバーによる、7編。
    それぞれの距離感から、竜崎の変人ぶりを描いていて、どの話も楽しい。
    満足度がとても高い。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    “変人”キャリア官僚・竜崎の胸のすく活躍を、反目する野間崎管理官、“やさぐれ刑事”戸高、かつて恋した畠山美奈子、そして盟友・伊丹刑事部長ら個性豊かな面々を通して描く、会心の七篇。人気のキャラクターが勢揃いした満足度120%のスピンオフ!


    みんな大好き隠蔽捜査シリーズ!5.5なので竜崎が主人公ではなく彼を取り巻く回りの人々が主人公の連作集です。皆失敗を恐れて悶々としている所へ竜崎の一刀両断の名言が炸裂、皆が目を覚まして一気に血が通い始めたように動き始めるところは毎回すっきり。正直パターン化しているきらいはありますが、今さら水戸黄門にマンネリ化のっ突っ込みをするものが居ないようにこの本もそんな普遍的な本になってまいりました。まだまだ楽しませてくださいね今野さん

  • 隠蔽捜査の番外編。今回は、野間崎管理官や、貝沼副署長の話もあり、興味深かったが大体どの人も同じ内容だった。

  • 大好きなシリーズの短編集2冊目。
    長編のおもしろさとはまた違う短編のおもしろさ。
    今回もスカッとさせていただきました♪

    短編が7作品も楽しめます。

    捜査情報が漏れた?
    まだ新聞に載るはずのない事案が、すっぱ抜かれた?
    内部の誰かが情報を??

    しかもその事件、誤認逮捕の可能性が出てきた???

    大慌ての副署長に、何をそんなに慌てているんだ?っと、普通に対応。
    そのやり取りの中で気がつく、何をそんなにあせっていたんだろうっと。
    竜崎署長、さすがです。

    漏洩、訓練、人事、自覚、実地、検挙、送検、
    これが7つのタイトル。
    1篇1篇に、あのキャラクターが、このキャラクターが、
    もったいないお化けが出そう(笑
    1篇に主役が一人、わぉ♪贅沢すぎるー(何か違うか

    竜崎さんも、大森署の署長になってずいぶんたつ。
    変人でキャリア官僚、関係各所では有名人(笑

    大森署は、いい警察署になってるね。

    ”やさぐれ刑事”の戸高さん、相変わらずいいヤツです(笑

    読み飛ばしちゃいけない1冊です♪
    日々持ち込まれる難題を一刀両断する竜崎署長の魅力を堪能しましょう♪

  • 隠蔽捜査シリーズ、七編のスピンオフ。

    「訓練」は竜崎の後輩畠山美奈子の奮闘が描かれる。
    キャリア、女性、語学に堪能......。
    もう嫉妬されるに決まっている人物だ。
    彼女はその有能さゆえにくじけ、落ち込む。
    そして尊敬する先輩、竜崎に相談する。
    答えは、「女を利用せよ」。
    なかなかこの言葉は効いたようだ。
    この言葉で奮起し、結果を出せる畠山がすごいとしか言いようがない。
    よく真意を汲み取ってそれを活かせた。
    きっとこの人は竜崎の元・想い人ではなく、理解者になり友となることだろう。

    「実地」
    地域課と刑事課の意地の張り合い、そして新人の活躍っぷりたるや。
    どこでも新人はもたつくし、見逃すし、へたくそだし.....。
    しかしそこを差し引いてどれだけ素養があるか、どこを伸ばし、どこを克服すべきかを見抜いて育て上げるのが先輩や上司の役割というもの。
    竜崎を間にしたとはいえ、地域課も、刑事課も、どちらの課長もいい上司ではないか。

    「検挙」
    数字ばかりを見て現場を見ないのは上の人の常。
    それに対抗する手段は......。
    これはこれですっきりしたのだが、いわばその手段に使われ、被害にあった市民たちがちょっと置いてけぼりになってはいまいか。
    アフターケアがなされたことを切に願う。

  • またもや唐変木竜崎節炸裂!
    でも彼はやるべきことをやってるだけ!
    なかなかできんね。
    特に「人事」が面白い!完全にやられたって感じ(゚o゚;;

  • 2時間で読めるスピンオフ短編集。意外なキャラを主役に持ってきていて楽しめる。野間崎ww
    本編の続きを早く読みたい。

全128件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

自覚: 隠蔽捜査5.5に関連する談話室の質問

自覚: 隠蔽捜査5.5を本棚に登録しているひと

自覚: 隠蔽捜査5.5を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自覚: 隠蔽捜査5.5の作品紹介

大森署署長・竜崎伸也はぶれない。どんな時も――誤認逮捕、情報漏洩、部下たちの確執などを一刀両断。鮮烈な魅力が際立つ快作集!

自覚: 隠蔽捜査5.5のKindle版

自覚: 隠蔽捜査5.5の文庫

ツイートする