秋の大三角

  • 91人登録
  • 2.93評価
    • (3)
    • (8)
    • (32)
    • (8)
    • (5)
  • 23レビュー
著者 : 吉野万理子
  • 新潮社 (2005年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103006312

秋の大三角の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中高一貫の女子校に通う主人公と憧れの先輩の話。途中までは普通の推理物だと思っていたら、ホラー的な要素が加わって一気に非現実的な感じに。
    私も中高一貫の女子校で過ごしたからか、当時を思い返すと、主人公の先輩に憧れる気持ちや先輩の為に何かしてあげたいという気持ちはよく分かったし、友達だと思っていた子が受洗し、置いて行かれたような気持ちになるのも共感できた。大人になった今では何のことはないそんな出来事も多感な中学2年生という年代には大変な事だろう。
    主人公に共感できるからこそ、やっぱり最後は真央先輩に戻ってきて欲しかったな。切ない結末だった。

  • 初読み作家さん。
    第1回新潮エンターテインメント新人賞。
    横浜の中高一貫の女子校を舞台に、女子中学生の憧れ・淡い恋を描いた話と思いきや、不可思議な方向に。
    それぞれの選択、ありなんだろうな。
    読みやすく面白かった。
    (図書館)

  • 馴染みの地名や場所や固有名詞が出てきて、もうそれだけで内容はさておいて楽しく読めた。

  • 普通にジュブナイルだった・・・。女子校百合だと思ったでしょ??めちゃめちゃ爽やかでちょいSF・・・まさにジュブナイルだろ・・・??
    ドラマ「仔犬のワルツ」ファンとしてはそろそろ既刊拝読すべきかと思ったけど、むっちゃサクサク読めたな・・・。

  • 謎の多い話。

    由希の受洗に対する里沙の態度とか、由希の性格の変化とか、真央先輩のキャラとか、なんで名波が普通に”存在”しているのか、とか、最期どうなったの、とか・・・

    でも続きが気になって一気に読んでしまった。

  • まさか!まさか!のラスト!いやはやこれはファンタジーだ。そこまで人を愛せるのは逆によいのか。一途な思いが切なくなる。彼女はあれで幸せだったんだろうか。2013/420

  • 年甲斐もなく女子高生モノ。とにかく読みやすい。茶目っ気たっぷりの表現がずばりハマるし、突拍子もない言葉の切り返しや独り言の様な文体が…なんかハラハラさせる、クスクス笑える、次第に釘付け!。最後は少し切ないファンタジー!…著者の目線の良さが際立つ。

  • なんだか無理やり感が否めない…

    全然入り込めへんかったです。

  • SF+推理って感じ。
    ある姉妹の愛し方、生き方、選ぶもの。
    そして、見守り、自分の道を迷いつつ、成長していく。
    不器用で、まっすぐだから見えるもの。
    ある時期にしか見えないものかもしれない。

  • 一気に読ませるのだけれど、読みながら、何だかな~という気分はぬぐえない。
    女子高に通う中2の主人公が、憧れの先輩女子高生のために
    キス魔の痴漢を探し、それが幽霊話に広がって・・・・・・・・荒唐無稽。
    まさにエンタメ。
    良いのか、これに乗っかって!?

    ま、ハマっ子には、横浜博に、東横線桜木町の廃駅二と懐かしい話が付くかと思えば、リアル元町。
    良いのか、こんなに固有名詞!?

    自問自答を繰り返す一冊(笑)
    ちなみに作者は1970年生まれ、
    四十過ぎて、こんなに天真爛漫な書きっぷり……良いのか、これでっ!?

全23件中 1 - 10件を表示

吉野万理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

秋の大三角を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秋の大三角を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秋の大三角はこんな本です

ツイートする