流れ星が消えないうちに

  • 1216人登録
  • 3.63評価
    • (134)
    • (235)
    • (315)
    • (36)
    • (4)
  • 242レビュー
著者 : 橋本紡
  • 新潮社 (2006年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103007517

流れ星が消えないうちにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 橋本紡さんを読み始めたきっかけ。

  • ”ビブリオバトル inn 文教 2016”にてチャンプ本に選ばれました。


    文教大学図書館の所蔵情報はこちらです: https://opac.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=370261&test=t

  • 恋人の加地を海外で失ってしまった奈緒子。そんな奈緒子と付き合い始めた加地の親友、巧。お互いに加地のことを忘れようとすればするほどふたりのなかで加地の存在は大きくなっていく……

    そんな20歳のふたりの物語を40歳の僕が見ていると感情移入するより、素直に応援したくなる気持ちがわいてきました。

    「世の中には動かなきゃ見えてこないものがあるんだよ。俺はそういうのをずっと避けてきたんだ。でも、これからはできるだけ動こうと思ってる。たとえ状況自体は変わらなくても、見る目が変わるはずなんだ」

    ほんとそうやな!

  • 4-10-300751-6 281p 2006・10・20 11刷

  • ストーリー ★★★★★
    恋愛度   ★★★★★
    切ない度  ★★★★★

    ある日から、奈緒子は玄関でしか眠れなくなった。
    自分の部屋は、彼との思い出が溢れ過ぎているから…
    彼はもう、この世にはいない。

    現在と過去が交錯して描かれるラブストーリー。
    切ないんだけど、心が温まるエンディングでした。
    どんな過去も、どんな事実も、なかったことにして目を背け続けることはできないんですよね。

  • 図書館で見かけるたびに、半月の人と作者の名前が似てるなあ、などと思っていたのですが、似てるんじゃなくて同じだった。同一人物だった。
    読み始めて、玄関で寝ていたりボクシングしてたりの辺りで、あっこれ間違いなく同一人物だ、とわかりました。懐かしい。
    加地くんと巧くんの友情がとても良いなあ。父と母の関係も上手くいくことを願いたい。

  • 橋本紡さんを知ったきっかけ。

    物語のはじまり。
    玄関に布団、のくだりがせつなかった。

    ありあまる優しさは少しずるい。

    真夜中に静かな音楽をかけながら
    もう一度読みたい。

  • 初めての作家さん。
    装幀の綺麗さに惹かれて手に取る。
    軽めの文体でさらさら読める。でも読み終わった後になんだか少し前向きな気持ちになれる。そんな1冊。

    両親のいざこざのくだりで
    ー確かのこれは浮気なんかよりも厄介だった。生き方そのものの問題だ。(中略)決まった価値観の中でお父さんとお母さんは生きてきた。その中でなら同じ言葉で気持ちは通じた。たくさん話す必要もなかった。だけど、いざ外に出ようとすると違う言葉が必要になってくるー
    価値観の違いでー。よく聞く理由だけれども、つきつめていくときっとそうなのだろう。
    家族というのはよくも悪くも運命共同体。その中で価値観を共有し続けるというのはとても難しい。同じように変化していく必要がある。そのずれをいざ軌道修正をするのは腹をくくる必要があるのだろう。

    家族を軸に同じ喪失の痛みを抱える二人の壁を乗り越えるお話。

  • 最初はちょっと、、、


    と思いましたが、読んでいる間とても幸せでした。三角関係なんだけど、お互いを思い合う三角関係。加地くんは上からどういう想いで見てるのだろう。


    加地くんの内にこもる熱い思いも
    巧くんの不器用なまっすぐさも

    お父さんとお母さんのことも
    考えさせられたなー、
    巧くんのお姉さんもすき

    加地くんの学祭プラネタリウムでの告白は、
    自分の星座に置き換えたいくらい素敵
    でしたよ!

  • "ふっ切れた"というより、やっと"受け入れられた"という感じかな。単刀直入な山崎先輩の瑞穂への思いの方が流星めいて好きだな♪。

全242件中 1 - 10件を表示

橋本紡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
島本 理生
有川 浩
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
有川 浩
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
有川 浩
伊坂 幸太郎
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

流れ星が消えないうちにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

流れ星が消えないうちにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

流れ星が消えないうちにを本棚に「積読」で登録しているひと

流れ星が消えないうちにの作品紹介

大好きな人が死んじゃうよりも、世の中にはもっと悲しいことがある…。つらくって一睡も出来なくても、朝は来るし。涙が涸れるほど泣いてても、やっぱりお腹は空くもので。立ち直りたいなんて思ってなくても、時間はいつでも意地悪で、過ぎ去った日々を物語に変えてしまう-。玄関でしか眠れないわたしと、おバカな僕と、優しすぎる彼を繋ぐ「死」という現実。深い慟哭の後に訪れる、静かな愛と赦しの物語。

流れ星が消えないうちにはこんな本です

流れ星が消えないうちにのKindle版

流れ星が消えないうちにの文庫

ツイートする