スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る

  • 469人登録
  • 3.68評価
    • (39)
    • (73)
    • (93)
    • (7)
    • (0)
  • 93レビュー
著者 : 遠山正道
  • 新潮社 (2006年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103011514

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
柳井 正
ジェームズ アレ...
劇団ひとり
デール カーネギ...
村上 春樹
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作るの感想・レビュー・書評

  • 会社を車に喩えるなら、利益はガソリン。しかしそれだけを求めても仕方ない。誰を乗せてどこに行って、何をするのか。

    企画書が物語形式で面白いというだけでなく、とても細かいし、成功後の事まで事細かに書いてある。企画書とはそんなものなのか。

    物事を始める前に「成功を決めた」というのも力強い。

    「いかに頭で考えず、感じるか」頭で考える事には限界があり、感じる事にこそ広がりと想像力と行動力がもたらされると実感。

    今の自分の求める言葉の数々。

  • 遠藤正道著「スープでいきます」新潮社(2006)
    *三菱の商社マンがSoup Stock Tokyoを作り上げて行ったその軌跡を記した本。
    *基準や数値というのは突き詰めて行くと大変大きなパワーを生み出す事を知りました。求める物が定まると、各エネルギーがそこに注ぎ込まれます。「正」という時は「一」と「止」の字があわさっています。一はとの横棒が正しい基準のラインを示し、そこにぴったりと合わさって「止まる」のが正しいという事。手前や先でとまっては正しくはない。基準の「一」があるからこそ正しいという概念が生まれてきます。

  • 4年程前、この本に感銘を受けてちょうど社内で立ち上がった本部事業設立の参考にもした書籍。
    今回、ソロモン流に登場することを機に再読。
    細部にこだわる感度の高い人ってのはまさに遠山さんみたいな人をいうんだと。
    感度というのは、コンセプトに対しても、メニューに対しても、デザインに対しても、教育に対しても、そしてビジネスに対しても。
    ちなみに好きなパートはクリンリネスの徹底をしてるとこ。わずかな汚れや乱れも許さない!きっとこの細かさがビジネスの完成度にも繋がっているんだろう。

  • 新規事業の難しさ。

  • 物語形式の企画書という提案の仕方を始めて意識した。自分の仕事にも当てはめて提案することができそう。どんなストーリーにするかはとても大事なことであるが。
    今考えている企画書のタイトルに応用できそうな文言があった。「このタイトルに興味の無い全ての人々へ」そして結びは、「この文書が1996年には全く時代遅れで意味をなさなくなっていることを願います」タイトルと結びの表現がギャップがあってとても良い。
    『大企業の組織が作った洋服やゲームソフトや食事を、進んで好む人がどれだけいるだろうか。嗜好品は個性から産まれる。マイナー性を維持することと、数の拡大とは別次元のもの』
    『現在のビジネスは、人のマーケットを奪うか、自ら創り出すかの二者しかない~中略~砂漠の真ん中にできたラスベガスや、24時間営業のコンビニは、砂漠や深夜に客がいたからやったわけでは無い。市場は意思を持って創り出されるものである』
    『個性的で、意味があり、背景があり、共感できる~中略~どんなものでも「どうでもいい」、なんてもの無いんです~中略~顔があるということは、人が在ること。顔が見えると、どうでもよくはできないです』

  • シナリオ型の企画書をつくるために再読。やっぱりいいなぁ、「スープのある1日」

  • 研修の課題図書として読んだけど、新規事業立ち上げ、生活の心構え、チームへのモチベーション上げ方などかなり勉強になった。
    知り合いに勧めたい。
    筆者はアーティストだなーと羨ましく思った。

  • 個展とかやっちゃう感じのひとなんだすね。
    p180個性的で意味があり背景があって共感できる

  • Soup Stock Tokyoの立ち上げと軌道にのる過程。
    三菱にいながらの起業。

    行動力、企画力、修正力。
    C0034

  • 全体的に面白かった〜。
    著者の組織に対する考え方にある種矛盾を感じるけど、でもがむしゃらに組織を作っていくってそういうことだろうなと思ったり。
    数ある企業ストーリー本の中でも、かなり正直に、ありのままに描かれてて、失敗も成功も、すべて知れた。
    三菱商事からこうしたベンチャーが生み出されるって非常に意外。

  • スープストップトーキョーを立ち上げたのがこの本の著者
    今ではメジャーな存在のスープストックの
    生い立ちから現在までがよくわかります

    もちろんいろんな苦労はあったんだろうけど
    なーんかこの人は絶対大失敗しないんだろうなぁと思った
    経歴や境遇や環境がそう思わせるというか、恵まれているというか

    でも細かいこだわりが感じられる会社だってことはすごく伝わってきた
    これ読むとスープストック行きたくなることうけあいです

  • 物語的な企画書、お店の擬人化など、人を惹きつけて心を動かす文章力に圧倒された。

  • 遠山さんの考え方や想いが強く伝わってきました。経営ノウハウとかそういうものは期待しないほうがいいです。
    どうしてsoup stock tokyoがうまくいったんだろう?と自分なりに考えたのですが、
    本の中でも遠山さんが仰っている「個性的で、意味があり、背景があって、共感できる」からではないでしょうか。それはsoup stock tokyoもそうですし、遠山さん自身がそうだからではないのかなと。人が魅力的ではないと、周りに優秀な方が集まってこないですし、いつかは離れていってしまいます。
    そしてこの本そのものが、従業員へ向けたメッセージな気さえします。

    またお父様を幼少期に亡くされて、大変な苦労もあったかとおもいますが、そういったことも語らず想いを伝えることに徹していたことには感心します。

  • イメージがつくものは成功する

  • 『大企業に勤めながら起業する』ときのおもしろさとか、ドラマとかがとてもリアルであっという間に読んでしまった。
    大企業だからこその、難しさを吹き飛ばして突き通した遠山さんの熱量と閃き力はやっぱいすごい。
    図書館で借りたけど、バイブルとして手元に置いておきたい。

  • 仕事においても、普段の生活においても、どうでもいいことなんてなに一つない。どれもこれも、どうでもよくない!っていう考え方に共感。かっこいいな。スープこれからも飲む。

  • 信念を曲げないこと
    熱い想いを忘れないこと
    想いを仲間と共有すること
    共有するために想いを形にすること

    たくさんの大切なことに気付かせてもらいました。

  • 三菱商事の社員が社内ベンチャーでSoup Stock Tokyoを起業した際の話。
    著者である遠山さんの講演会に参加する機会があり、著者の考え方に興味を持ったので購入した。
    講演会でも感じたが本を読んで改めて感じたのは遠山さんの行動力だ。
    例えば遠山さんが消費者に近いリテイルをやりたいと思ったとき、リテイルからは遠い情報産業を担当する部署にいたそうだ。そこでKFCに出向できるように周りに働きかけ、実際にKFCに出向し、プレゼンしてスープ屋を始めたそうだ。この行動力は何かを始めたいと考えている人にとって学ぶべき点だ。
    またこの本を読んで価値があると感じた点は当時の企画書が全文記載されている点だ。他のレビューにも記載されているが、ストーリー仕立ての企画書は読みやすく、キーワードが見えやすい。社外に出しにくいこういった資料を見れることは価値があると思う。ただ、この企画書の内容の実現には相当な苦労があったことが本から読み取れる。
    企画書を作りプレゼンして、社内ベンチャーとしてスープ屋を始めて大ヒット!の簡単な話ではなく、立ち上げの際に泥臭く働く様子が描かれていて、リアリティがあり、興味深く読めた。この本では起業の詳細なプロセスは分からないが、起業の際の志を感じることができると思う。

  • 首都圏で爆発的人気があり、関西にも出店し始めたスープ専門店の、主として立ち上げの時の話が書かれています。読みやすく、こんな人たちが作っているなら食べてみたいと思いました。
    飲食店で働いているなら、見習うべき点多数あります。非常に勉強になりました。今うちの会社でやろうとしていることとも重なる点がたくさんあります。

  • 三菱商事からKFCに出向後、Soup Stock Tokyoを立ち上げた著者による、新ビジネス立ち上げ挑戦記。

    新しい会社を興して世の中に価値を発信していくにはこれだけの情熱や工夫・泥臭さが必要になるのかという思いで勉強になった。
    Soup Stockはあまり利用したことがなかったが、舞台裏を知るととても行ってみたくなる。
    ビジネス書というよりはエッセイと会社説明資料を足して2で割ったような印象でさらっと読みやすい。

  • 三菱商事からKFCに出向し、独立した商社マンの話。人を退屈にさせる文章。だがスープストックが誕生した経緯などは面白い。
    (1)ストーリー仕立ての企画書はプレゼンに説得力がある。

  • スープストックトーキョーの起業に至るまでの話や起業してからの話が描かれています。

    ストーリー仕立ての企画書が見所。

  • 一寸先は闇。そういう緊張感は忘れずにいたい。
    プロジェクトとか自分の会社を擬人化して表現するのは面白いと思った。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“ちょっと本棚みせてくれませんか?”で登場。
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/highlight/05.html

    「会社をやる上で参考になった本はありますか?」と聞かれて、手に取ったのは『スープで、いきます』

    『起業する上で参考になったのは、著者の遠山さんが書いた「スープのある一日」という事業計画書があって、それを見て僕も「サラダのある一日」というのを書いてみて、それをもとに資金調達をしたりしました。』と説明。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

全93件中 1 - 25件を表示

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スープで、いきます 商社マンがSoup Stock Tokyoを作るを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする