恋はさじ加減

  • 155人登録
  • 3.36評価
    • (7)
    • (24)
    • (59)
    • (4)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 平安寿子
  • 新潮社 (2006年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103017516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
江國 香織
東野 圭吾
平 安寿子
有川 浩
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
瀬尾 まいこ
奥田 英朗
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有川 浩
平 安寿子
有川 浩
瀬尾 まいこ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

恋はさじ加減の感想・レビュー・書評

  • 食べ物と恋。好きな人と美味しいものを食べるってなんかいい。
    一緒に同じものを食べるっていうだけで深まる何かがあるような気がする。
    食べ物に絡めながら、恋愛が進む。そんな話。

  • ポテサラ、ハヤシライス、カレーうどんにバターご飯etc.
    食べ物をきっかけに始まる恋、こじれる恋を描く6編。

  • ごはんを絡めた恋愛短編集

  • 図書館の企画コーナー(食べ物が出てくる本:食欲の秋からの発想か!?)に出ていた本。
    食べ物と恋に関する短編集。
    『野蛮人の食欲』焼はまぐりを食べにきたのに、それを食べるにはコースになっている。ハマグリが食べたいのに出てくるのはヤモリやサソリ……。食わず嫌いは食べ物でも人でも損をするということか…。
    『きみよ、幸せに』ポテトサラダが食べたくなる。元カレといいなと思い始めた彼氏が仲良くなってしまうなんて。ま、それもありなんだろうけど心の整理が。
    『泣くのは嫌い』玉ねぎ嫌い。いるよね、結構。割りと多くのメニューに入っているから苦労するかも。それをなんとかしてくれようとする人がいるなんて、ありがたいのか迷惑なのか。
    『一番すきなもの』カレーうどん。やっぱカレーの翌日メニューでしょと思ってしまう(笑)。他人の好みに無理やり合わせることはないと思うが、女性が絡むと意地になるか。
    『とろける関係』バターご飯。食べたことないけど美味しそうな雰囲気はある。年の差カップルってどんな感じ?
    『愛のいどころ』梅干し。忘れられない味ってあるよな。それを再現したい。いいんじゃないか。どんなに美味しいおにぎりが食べられたのかな。

  • 酸いも甘いも極めたお年頃かと思いきや、まぁあれだ、幾つになっても恋とか愛とか、一生続くっていう話だ。そんな感じでイマイチな人々がうだうだと悩んだりしながらも、でも一番大事なのは飯だっていう事か。いやー、分かる分かる。勝手にお前の気持ちを分かってやるぞっていうおっさんの目線でわかる。やっぱ飯があわないとだめだよね。でもって一番惹かれたのはバター飯だ。昔ガキンチョの頃海苔にマーガリン巻いて食ってて怒られたのを思い出すわー。マーガリンとかバターってやばいわ。一緒にすんなって話か。

  • 2016.4.3 読了

    短編集。

    どの話も 結構 よかったなぁ。

    「きみよ、幸せに」なんて 吹いた!
    「とろける関係」も なんかいいな、と思った。

    いろんな男と女の関係。

  • 食べ物の話が好き…ということも関係あるかもしれませんが、この短編集、どれも面白かった。食べるということにあらわれる、それぞれの登場人物が抱いている価値観が見えて、興味深い。

  •  メインのおはなしより、何より!笑 出てくる食べ物がとにかくおいしそうで、特にカレーうどんとバターご飯、食べたくなっちゃった…。

  • 6つの短編作品。

    それぞれ、げてもの、ポテトサラダ、タマネギ、カレーうどん、バターご飯、梅干しを題材に恋愛模様が描かれています。

    食べることってものすごく身近で、それと恋愛の絡みが、さらっと読めておもしろかったです。

  • 大森望が褒めていたので読んだけど… 
    たしかに、上手いよ。でも、自分の嫌いなタイプの「上手さ」。最後の一文で綺麗にまとめて、落として、ドヤ! っていうね。
    朝倉かすみと同じ読後感。
    朝倉かすみは豊崎社長が褒めまくってたし、メッタ斬りコンビはこういう「小器用」なタイプが好きなんでしょうかね。
    江國香織の「号泣する準備はできていた」だったか何かで、上手すぎてあざとい、みたいな書評を見たけれど、こちらのほうがよほどそうでは?

    それから、これはごく個人的な所見ですが、この短編に描かれたパターンとして、男性はなにかと説教をしたがり、女性はそれにイラつき、冗談じゃない、と思いながらも、でもそれを超える愛情なりなんなりで、落としどころに向かうんですね。
    男性の嫌な部分は解決されないままなあたり、リアリティは完璧かもしれませんが、小説としては不快感が残りました。
    彼にも嫌なところがある、でも私も完璧じゃない、ま、これが割れ鍋にとじぶたってやつかもね、って定型、いまの流行りですか?
    なんだかなぁ…。三行でまとめられるような結論をわざわざ小説で読みたいとは思わないんですが。

  • ジャガイモとキュウリとマヨネーズ。
    それでおいしいポテトサラダができるように。

    (野蛮人の食欲/きみよ、幸せに/泣くのは嫌い/一番好きなもの/とろける関係/愛のいどころ)

  • 恋と食べ物。
    恋って難しいにゃぁ。。

  • おいしいと好きになるのか、好きだからおいしいのか-。ポテサラ、ハヤシライス、カレーうどんにバターご飯エトセトラ。食べ物をきっかけに始まる恋、こじれる恋を描く、スパイスたっぷり美味な6篇。

  • なんてまあ、肉食な女子ばかりなんだろう。笑


    じっとりと見つめて落とすハマグリ女子。
    男は配給制度と考え、出会いは逃さないポテトサラダ女子。
    恋愛至上主義のカレーうどん女子。


    6人の女子と6つの食べ物がからまって物語は進んでいく‥‥‥‥




    どの食べ物もすごくおいしそう!


    生卵は苦手だけど
    たよりが食べた目玉カレーうどんはすごく魅力的だし。
    美果が最後に仕掛けた
    ポテトサラダのサンドイッチもおいしそう。
    貝が大好きな私は
    直火焼きのハマグリも人生で一度は食べてみたいと思う。

    でも一番食べてみたいのは
    最終話の梅酢むすび!!

    手でむすぶのではなく
    おわんの中でコトコトとやわらかくまとまるおむすびは
    想像するだけでよだれがこぼれる‥‥‥‥ 苦笑


    それもあってか6編の中では
    愛のいどころが一番好きです。


    平さんの小説は読んだことがなかったけれど
    また読んでみたいと思う。

  • 哲学講師と別れた沙織はふっきることができずに
    営業に来る俊哉と焼き蛤を食べに行く「野蛮人の食欲」
    男はみんなポテトサラダ好きだと力説する光洋よりも
    トイレの工事に訪れたフミオにひかれる「きみよ、幸せに」
    志奈のタマネギ嫌いを克服させるべく
    あらゆるタマネギ料理を持ってくる徹と喧嘩する「泣くのは嫌い」
    カレーうどんが大好きな充に路子は
    どうしても自分の方を向いて欲しいと願う「一番好きなもの」
    書斎の片付けを請け負ったおじさんに
    バターご飯で釣られたロミが苦悩する「とろける関係」
    料理ができないことをコンプレックスにする典子は
    夫の修介から梅干しに近寄らないよう怒られる「愛のいどころ」
    食べ物と恋愛の短編全6編。
    装画:水口理恵子 装丁:新潮社装丁室

    食べ物に一家言持つ男の人がたくさんいるけれど
    やっぱりおふくろの味という考えは健在なのか。
    一番収まりがいいのは「愛のいどころ」かなぁ。
    料理コンプレックスをカバーできるほどのかっこよさ。

  • この方の作品は結構読んだはずなのに、レビューを書いていなかった。
    これも以前読んだ気がする…。

    短編集。
    どの話も食べ物(料理)と恋のかけひきの話。

    どれもテンポ良く読めるのが好き。
    特に中高年の恋愛を書かせたら流れるよう。(笑)

    しばらくまたこの人にはまりそう。

  • 食べ物が常に話に出てくる所が面白かった。こういう恋愛小説もあるんだなぁ。バターご飯食べたくなっちゃった。

  • 後日、我が家の食卓にポテトサラダがたびたび登場しました。


  • 私の希望するハッピーエンドには、してくれないけど。

    料理がなんとなく関わっていて、
    それは味だけでなく質感も。

    思わず読んでる最中からひとにすすめてしまった。

  • 食欲×恋愛といういわば定番のテーマに挑んだ作品ですが、扱われている食べ物がほとんどB級グルメであるという点に注目しました。しかも、油っぽくヌルヌルしている食感のものが多い。

  • ★…4.5くらい。面白かったー。食×恋愛の奏でる絶妙珍妙ハーモニー。女は強かだね。逞しいね。『くうねるところすむところ』と同じくらい好き。

  • こういうの 好きだなぁ。
    恋すると、相手を通して自分のこと考えざるを得なくなるよなー。

    どの作品もよかったけれど、「愛のいどころ」よかったっす。
    ワタクシもだんな様と夫婦のあり方について目下勉強中なので、形は違えども考えさせられちゃった。
    考え方が違うもん同士、うまくやっていくのは本当に大変だけれど、それゆえ何だろうかな。 幸せも感じられる関係でもあるわけで。 
    まぁそんなんじゃない、人生。

  • <span style="color:#666666">
    <table style="width:75%;border:none;"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103017511/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/21RFM1KZ7SL.jpg" alt="恋はさじ加減" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4103017511/yorimichikan-22" target="_blank">恋はさじ加減</a><br />(2006/03/29)<br />平 安寿子<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103017511/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
    <blockquote><p><strong>おいしいと好きになるのか、好きだからおいしいのか-。ポテサラ、ハヤシライス、カレーうどんにバターご飯エトセトラ。食べ物をきっかけに始まる恋、こじれる恋を描く、スパイスたっぷり美味な6篇。</strong></p></blockquote>
    「野蛮人の食欲」「きみよ、幸せに」「泣くのは嫌い」「一番好きなもの」「とろける関係」「愛のいどころ」の六篇。
    それぞれ食べ物に絡めて恋の駆け引きのあれこれが語られている。
    焼き蛤、ポテトサラダ、たまねぎ、カレーうどん、バターご飯、梅酢むすび。特別高級でもなく珍しくもない食べ物が思ってもみないきっかけとなって、恋が芽生えたり、見失ったり、噛み合わなくなったり、離れ難くなったりするのである。食べ物の好みほど本質的でその人らしさを表わすものはないのかもしれない。物語りもさらりと書かれているようで、実はかなり本質に迫っているような気もするのである。</span>

  • 食べ物に関する恋愛短編集。食べるという事と恋愛をするという事は実はよく似ているのだな―と思った。

  • 食べ物と恋愛の話ってたくさんあるんですかね?山田邦子さんも食べ物と恋愛についての小説を書いていた気がします。

全36件中 1 - 25件を表示

恋はさじ加減を本棚に登録しているひと

恋はさじ加減を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋はさじ加減を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋はさじ加減を本棚に「積読」で登録しているひと

恋はさじ加減の作品紹介

ポテサラ、ハヤシライス、カレーうどんにバターご飯etc.食べ物をきっかけに始まる恋、こじれる恋を描く6篇。

ツイートする