キケン

  • 9034人登録
  • 4.12評価
    • (1434)
    • (1327)
    • (680)
    • (124)
    • (28)
  • 1482レビュー
著者 : 有川浩
  • 新潮社 (2010年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103018728

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

キケンの感想・レビュー・書評

  • タイトルのキケンとは
    機研と書いて
    成南電気工科大学
    機械制御研究部の略称。


    火薬に精通し爆弾マニアの機研の部長、
    上野直也。

    そして泣く子も黙る
    いかつい容姿の
    大魔神こと
    大神宏明。

    そんな二人に誘われ入部した、
    「お店の子」元山高彦と

    多少のことでは動揺しない
    クールな大器
    池谷悟。


    4人が機研で起こす
    数々の事件や冒険を描いた
    ハチャメチャ青春学園ストーリーです(笑)


    いやぁ〜面白かった♪

    自分は大卒ではなく高卒だけど
    工業やったし、
    普通高とは違うマニアックな考え方や
    変な奴らには
    かなり共感できたし(笑)、

    学生時代に
    やんちゃした人であればあるほど
    楽しめる小説じゃないかなって思います。


    個人的には
    ウェイトレスの粗相にも
    心広くフォローするすことで
    少女漫画的展開が訪れることを教えてくれた(笑)
    副部長・大(魔)神の胸キュンな恋を描いた話と、


    不確定にしか出せなかった「奇跡の味」が
    自宅が喫茶店の
    元山が調理を任されたことによって
    全日「奇跡の味」として昇華する、
    学祭でのラーメン対決の話は
    かなり読み応えありでした。



    元山や池谷の一回生たちが
    責任を任されたことによって
    ハラハラさせつつも
    逞しく育っていく様がまた、
    身近な後輩たちの成長を見てるようで
    なんともまぶしいのであります(^_^)


    つか、
    「上野の代筆」ソフト
    欲しいしぃ〜(笑)




    しかしこの怒涛のエネルギーと
    圧倒的リアリティと
    ほとばしる熱量は
    なんなんやろ(笑)


    有川さんは実は昔は男で(笑)
    ラーメン屋を仕切る仕事に以前就いてたんじゃないかと
    マジに勘ぐりたくなるくらい
    真に迫る描写が
    堂に入ってます♪



    男はいつ如何なる時も
    本気でないとアカンのです。


    遊び心を忘れず
    且つ、引き際を理解してること。


    それを誰より解って
    章と章の間での装画でも
    やんちゃ心を爆発させた有川さん。


    やっぱアンタ、
    男の子だよ(笑)




    読後すべての男子は
    自分だけの「機研」話を
    誰かに語りたくなるハズ〜(笑)

    大人な女子は
    あんたバカ〜と内心思いながらも
    どうか耳傾けてあげてくださいね〜(^_^;)

  • 成南電気工科大学 機械制御研究部、通称【キケン】。

    全国レベルのロボット選手権でも上位の成績をおさめる【機研】には今日も濃いキャラばかりが集まっている…

    成南のユナ・ボマーこと爆発物マニアの上野、強面大魔神 大神、意外に熱いお店の子 元山、常に動じない池谷、ハード技術に長けた臼井、ソフトに図抜けた入枝…。

    ぶっとんだ新入部員勧誘や、学祭でのらぁめん本気対決、しょぼいロボコンへの強制参加、即席空気銃ブーム…ちらりと恋愛ネタも絡めつつの、理系男子の理系男子による理系男子のための部活の楽しそうなこと!

    元々少々ラノベっぽい書き味の有川氏の作品の中でもこれは特にライト。
    上野さんはハチクロの森田さんにイメージ被るなー。

  •  ああー、まぶしい。大学っていいな。クラブっていいな。男の子っていいなー。
     私は理系でもなかったし、男の子でもない。ゆえに、あんなにまぶしく輝く彼ら男の子たちに首ったけになったー。

     学園祭とか、楽しすぎる。機研のみんなが、心をひとつに必死で働く。働きすぎて、疲れすぎて、植え込みに頭から突っ込んで寝てるって言うのは笑えた。
     大神さんの女の子と付き合う話も笑える。消滅した際にはキケンのみんなが部室に集まって、呑んで呑んで呑みまくるっていう。

     あー、いいな。仲間っていいな、若いっていいな、男の子っていいなー。いいなーって思う要素満載の作品でした。

  • ブグログ大賞を取っていたので、図書館で借りたが文句なしに面白い。

    成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。

    って、書いてあるが表紙から凄い(笑)漫画かと・・・。

    でも、内容はすごくいい。最後の黒板のシーンは、ジーンときました。
    男の人っていいなあ・・・、と少し羨ましく感じたかな・・・(笑)


    理系男子かっこいい!!

  • 楽しかった!
    そして、ラストの黒板で、まさかの号泣!!

    もしまた生まれ変わることがあったとしても
    やっぱり女の子として生まれてきたいと思ってるけれど、
    万が一、男の子として生まれてしまったら。。。

    砂場で爆発実験して、
    導火線に火を点けるやいなや猛ダッシュしたり
    学祭のラーメンのためにおか持ち付き自転車を製作したり
    ロボット相撲大会で相討ち用のギミックで観客の度肝をぬいたり
    ボールペンの軸とビスで下級生とエアガンの精度合戦をしたり

    理系男子になって、おばかに暴れまわりたい!!!
    と思ってしまうくらい、全力で楽しめる本でした。

    「一体あんな時代を人生の中でどれほど過ごせるだろう?」
    この言葉を、切なさと懐かしさの両方を抱えながら
    しみじみ実感できる年齢になった読者のほうが
    より深く楽しめる作品かもしれません。

    そしてこの破天荒な仲間たちの破天荒な日々の物語を
    表紙、扉絵、見開きの挿画を通して、
    担当さん、編集さんを含め「関わった人たちみんなで遊ぶ」
    というかたちで完成させた有川浩さんに
    「キケン」の幽霊部員として、全力で拍手!!!

  • 有川さんらしい軽妙な1冊。

    『機研』こと成南工科大学機械制御研究部。
    2回生の破天荒な上野クンとど迫力の大神クンによって勧誘された新入生の元山クンと池谷クン。
    他の入部した1年生も加わって、キケンの活動がスタート。

    上野クンからの理不尽あり。乱暴な理屈も、部員一丸となっての学祭も。そして、恋愛も少し。

    確かに理系の男子にはこんな雰囲気を持っていそうだと読んでいて想像する。真面目で、純粋で、嘘が苦手で、少しばかりシャイだけど、実はユーモアが大好き。

    学祭で130万を売り上げるラーメン店の話を読んだときは、あまりの忙しさで疲れを超越してハイになっていく様子に大いに懐かしくなった。

    以前雑誌の記事に女子と男子にありがちな気質の違いが載っていて、確かに!と思ったのは、女子は横並びでいるときは仲良くしているが、誰か1人が得になるのを許せない。男子は仲間内で自分がいかにとんでもなくやらかしているかを自慢するものだというものだった。
    若干お遊びが過ぎるかなとも思うが、本書はその男子の突き抜けた感じがよく表れている。
    読んでいて、時折 ふふっ、と笑っていたようで、周りからの視線を感じた。

    最近の有川さんは、おもしろさと心のゆとりとでもいうべき『あそび』があって、その後にグッと来たり、じーんとしたりするバランスが絶妙な話が多いように思う。
    できれば、まだまだ充分に理解されているとは言い難い理系の人々のおもしろさと悲哀みたいなものを、くすっ、ニヤリもありつつ、もう少し抑え目なトーンで、もちろん後からじんわり来るようなお話、書いてくれないかな。

    有川さんが自衛隊を応援していたように、是非とも理系にもスポットライトをあててもらえたらうれしいなあ・・・。

    なかなか直接見聞きすることのできない世界やその中で誠実に努力する人たちの姿を知ることができるのも、本読みの楽しみです。

  • 読みやすく面白かった。
    男子学生って こんな感じで楽しかったんだろうなあ~と羨ましく思う。
    まさに青春!!
    最後の黒板がよかった。

  • なるほど~理系男子ってこうなのかぁ。
    自分達のスキルを最大限活用して無茶をやる。……無茶をやれるってのが素晴らしいと思います。
    きっと、今の日本に必要なのは、若いトキ、無茶をやってた人材なのではないでしょうか。

  • 最後の数ページで、それまでの二百何十ページがこんなに輝くとは!

    やっぱり学生時代っていいな。
    こんなに誰もが過ぎてから気付くことってないと思う。
    毎日毎日友達と会えることが、
    ただそれだけでスゴく楽しいことだったんだ。

    私も部活やってて、
    それなりにみんなで下らないことばーっかりやってて、
    その先に求めるものなんてなんもなくて、
    ただただ、なんでも全力で楽しんでた。
    そのときは全力で楽しんでる自覚なんてなかったんだけど。
    今でも集まると昨日のことのように話してるから、
    「自分たちのものであり、でも違う」
    ってギャップというか切なさも、よくわかる。

    自分の中の、でもどう表現していいのかわからない気持ちを言葉にしてもらったような気分です!

  • うーん、青春ですなー。青春思い出しますなー。
    私の一番の青春は、中学高校時代の学園祭かなぁ。らぁめんキケンの話みてるとほんと思い出す。
    最後のとこはもーウルウルきちゃったわー、不覚にも。
    男のコっていいねぇ…うちの旦那クンもそうだけど、学校卒業しても疎遠にならずに仲良くしてられるのって、男のコ特有のことだと思うなぁ。
    女のコはなかなかそうもいかないっていうか、けっこう薄情なとこある気がする。
    でも、母の話だと、還暦すぎると仲良く集まれたりするらしい!まぁ、仕事忙しかったりするし、結婚すれば家事もあるし、女のコは年中無休だしねぇ。
    はぁ、男のコに生まれたかったかも。
    そんな風に思っちゃいましたー。

  • またまたまた、有川浩さん(笑)学校で読了、6時限目に♪( ´▽`)大丈夫です、サボってたワケでわありやせん。ところでですが読んでいて爽快です!ユナ・ボマーこと爆弾魔上野サン、できれば関わり合いになりたく無いですねf^_^;小4で砂場浮かせるとかどんだけですか‼︎この常識はずれの物語の中に常識を持っている人(お店の子、元山)がいて良かったです、でないと上野サン投獄される気がしてならないっすね。爆弾魔のおそろしさを知りました。と、いうことで。有川さん!この本も読んでいてとても楽しかったです!現実にはあるわけない!現実逃避サイコー‼︎‼︎これからもガンバってください!私は逃避したい現実(テスト)と向き合いますわ(−_−;)

  • バカやった学生時代っていつまでもいつまでも思い出が生きているのでいいよなぁとしみじみしてしまった。あとはそのバカ話を楽しく聞いてくれる人がいればいいなぁ。

  • 舞台は成南大学の機械制御研究部、略して『キケン』。上野、大神の2回生コンビと主人公元山を含む1回生9人で繰り広げる『キケン』の黄金期を描いた有川浩氏の小説。一応ジャンルは青春小説?かな。

    有川氏らしく爽快で軽い読み味。男のおバカなんだけど、でも実は真面目、そんな青春の思い出、いいですね。自分の時は•••と語りたくなってしまいました。

    最後の黒板のシーンは、グッときますね。30代男の自分は、多分、この作品のターゲット世代にドンピシャなんだろうな。そうだったよなあ、と思える、懐かしさを覚える物語でした。

    若い世代の人には、ぜひまた30代になった頃に読み返して欲しい作品ですね。

  • 大学生って

    大変でも
    シアワセな時間だったなぁと改めて。
    まっ『キケン』の内容のような事は普通ないけど(笑)

    それでも
    今の自分にはないエネルギーがあったよねぇ
    と懐かしく感じました。
    あの頃の友人達に会いたくなったなぁ^^

  • 学内一の快適空間「機械制御研究部」、男子理工体育会系でノリノリの活動記。本気度Maxの事件!事件!事件!…は微笑ましい。回想文体で、最高に煌めいていた学生時代を一人のOB部員が懐かしく語り、妻の感想が要所を締める。やはり「機研」は一人前の社会人になる為の登竜門の様で…でもラストは甘酸っぱい蜂のひと差しがあるネ!

  • 僕はこの本を読んだせいで大学生になりたいと思った。そう言っても過言じゃない。
    高校三年生の頃、漫画風の表紙と有川浩の三文字に惹かれこの本を手にとったのはいいが、駆け抜けるような内容と、ハチャメチャな先輩たちと主人公の絡み、そして全力でキャンパスライフを楽しむ彼らの姿に憧れを抱いてしまった。
    新入生歓迎会・ 学園祭・サークルの大会・そして、ありふれた日常…。今までだって同じ事を繰り返して来たはずなのに、一つ一つが大切で、その一瞬が青春の花びら一枚だと認識させられた。
    「大学生なりたい」そんな理由がたった一冊の本から生まれてしまうかもしれない。ぜひ少年マンガならぬ激熱少年ノベルを読んでみて欲しい。
    大人になった人は過去を思い出しながら、少年少女は将来の夢を見ながら。

  • 最後の黒板のページを何度見返したことか。よかった。

  • 長文です、失礼します。

    この本を読んだきっかけは大好きな有川さんが書かれた本、という理由が大きかったのですがさらに表紙が魅力的だったことも、理由のひとつです。相変わらずスクモさんのデザインは素敵ですね!

    さて、感想を一言でいえば、さすが有川さん!という感じです。
    機研部員たちが部室で、大学構内で、走り回る姿が容易に想像できました。そのせいか読んでいて何度も声をあげて笑ってしまいました(笑)

    私もこの部に入りたい、という思いがページを進めるたびに強くなっていくのが楽しくて、一気に読んでしまいました。
    ただ、読み進めるたびにだんだんと終わりが近づいてくるのが悲しいなぁ、と感じました。そこに最終章のあの黒板。

    ぼろ泣きしてしまいました(苦笑)

    泣いてしまうほど自分も機研部員たちになりきってたんだなぁ、と思うとやはり有川さんの文章のすごさに脱帽です。本当にすごい。

    私は現在高校2年生です。最近ちょうど大学受験を視野に入れ始めていました。この本を読んだおかげで大学に進学すること自体が楽しみになりました。いまや大学生活への期待で胸がいっぱいです!
    この時期にこの本を読んだ自分を褒めてあげたいです(笑)

    なんにでも全力で取り組み、全力で楽しむ機研を見習いつつ、未来で宝物になるような”いま”を過ごしていきたいです。

  • 資料番号:011139565
    請求記号:F/アリカ
    ハチャメチャな大学のサークルを舞台とした作品。クスッと笑える男達の若さが心地いいですよ。

  • 学生時代ってこんなんだったかなあ?それにしても有川さんのストーリーテリングぶりはすごい。めちゃくちゃ引き込まれてやめられない。ロボット相撲なんてニュースでやってても全く興味ひかれないのに。

  • 面白い!!
    男だけの環境って本当に楽しそうだなと思います。
    女子高も女子寮も経験してるけど、女子だけより男子だけの方が絶対楽しい。
    有川さんのあとがき、うんうんと頷きながら読みました。

    読み進めていくうちに、自分も「機研」の一員になったような気持ちになり最後の「アレ」にやられました。

    久しぶりに青春気分味わえました。学生時代に戻って無茶したくなる小説ですね。

  • さくっと読めて久々に笑った
    そして最後は泣けた。
    すごい元気のでるそんな本だった。

    上野のキャラがハチャメチャ
    小学生で爆弾作り犯罪すれすれの所を切り抜ける、
    公園の砂場をどっかーん
    Σ( ̄□ ̄ || 〒 ||マジですか!
    って感じで笑った。

    自分も小学生の頃、ねずみ花火とかばらして
    火薬集めて予想以上の火柱があがり
    びびったなぁ~
    とか思い出した。

    学祭レベルじゃないラーメン屋とか
    鉄砲対決とか
    全力無意味。
    全力無謀。
    全力本気。

    だからこその
    黒板
    そして(ノ_・、)涙
    これは男だから泣けるのか?

    有川さんすげーよ!!
    学生時代を思い出す。
    そんな話でした。

  • 何事も全力っていうか、若くて体力有り余ってて更にそれを全力で楽しめる感じがすごく魅力的で、羨ましくも感じた一冊です。すごく楽しい♪小説だけど、漫画の遊び心も素敵でした。大好き。

  • おもしろかったー!
    面白いだけかと思ったら、最後ちょっとウルッときちゃった
    学生っていいね^^

  • これはいい!男子学生の「全力無意味、全力無謀、全力本気」の姿に、なんだか元気が出ます。

全1482件中 1 - 25件を表示

キケンに関連する談話室の質問

キケンに関連するまとめ

キケンを本棚に「読みたい」で登録しているひと

キケンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キケンの作品紹介

成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。

ツイートする