ストーリー・セラー

  • 9832人登録
  • 3.89評価
    • (1101)
    • (1268)
    • (949)
    • (232)
    • (33)
  • 1362レビュー
著者 : 有川浩
  • 新潮社 (2010年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103018735

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ストーリー・セラーの感想・レビュー・書評

  • なんて凄い作品なんだろう。
    なんて意地悪な作品なんだろう。
    なんて優しい作品なんだろう。

    恐らく有川さんの代表作になりそうな
    剥き出しのハードコア。ここまでのベタ甘も
    自衛隊もギャップ萌えもキャラ萌えも...全てが
    詰まっていて「最強」の作品。

    どこまで涙が出続けるんだろう。
    どこまで胸が張り裂けそうなんだろう。
    どこまでこの本に出会った事を嬉しく思うだろう。

    一晩中、キーボードで
    「この本が好き」って打ち続けてやる。

  • さすが有川さん!

    Side:Aを以前アンソロジーで読んで号泣してしまったので、
    もしかしてもっと辛いことが?とかなりビクビクしながら読み始めたのですが。。。

    Side:Aだけを読んだ時の、身を切られるような哀しみが
    今回Side:A、Side:Bと続けて読むことで昇華されて、
    結果的には2度の、まったく違った驚きと感動を味わわせてくれました!

    有川さんの化身とも思えるAの彼女、Bの彼女の
    「書く」ことにかける想いの凄まじさと
    理不尽な要求に対する啖呵の鋭さ、あまりにも男らしい仕事ぶり。

    そして、「俺は一生君のファンだ」、「君を甘やかすのが人生の目標」と語り
    おおらかに彼女を見守る彼の、深い深い愛情。

    稀代のストーリーテラーである有川浩さんが
    「ストーリーテラー」ではなく『ストーリー・セラー』とタイトルをつけて
    この世にたったひとりの大切なひとを守るために
    「この物語を売って」戦うのだ、という決意を描いた、魂を揺り動かされる名作です!

  •  この作品を読み終えた人は、「こんなパートナーが欲しい」って思うはず。男女関係なく。

     人間、一人だとここまで強くなれないと思う。自分がもうすぐ死ぬって知って、取り乱すことなくいられるなんて、無理だと思う。
     けど、二人だったら・・・?自分がこれから先、できることは減っていき、弱っていくしかないのだと分かっても、それを受け入れてそんな自分といてくれる人が一緒だったら・・・?
     こんなに心強いことはない。
     
     彼と彼女のように、私も自分本位でその人を想い。周囲など知ったことか、世界の損失など知ったことか、と豪語できるほどの人に出会いたい。

  • 作家である女性と会社員の男性の2組のご夫婦のおはなし。

    どちらの女性も、最初は会社員としてお勤めしつつ、
    自分の中からあふれてくる書きたいことを止められず書き続ける。
    それを見出し、励まし、誰よりも先に大好きな妻の書く
    大好きな小説を読むことを最高の楽しみとしているオットさん。
    その2人に大きな試練が押し寄せる。


    どんなことがあっても決して書くことをあきらめることなく、書き続ける人。
    絶対的な無償の愛情を注ぎ続ける人。
    どちらも自分の心の奥底から湧き出す感情に素直に生きている。
    決して自分に嘘はつかない。

    ここまでストイックなものは自分の中にあるのかと考えてみる。
    失いたくないものや、今、自分を心の奥底から突き動かす感情というものはあるけれど、代替が利かないかというと、人以外ならありそう。

    そう思うと、無二のものに出会えた2人は何より幸せだと、
    哀しく幸福なお話なのではないかと、不思議な感じがした。

  • 小説の「書き手」と、小説の「読み手」。

    その双方の立場が、夫婦の絆として繋がる一方で、
    巧妙に落ちが描かれており、
    物語の二面性をのぞかせる展開が何とも面白かった。

    特に、Side:Aと、Side:Bとの物語の連動性に読者は圧倒される。

    『レインツリーの国』といい、『ストーリー・セラー』といい、
    有川さんの小説は、登場人物間のストレートな気持ちのぶつけ合いが、
    読んでいて爽快で、どんどんその魅力に引き込まれていきます。

  • 小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた―。極上のラブ・ストーリー。「Story Seller」に発表された「Side:A」に、単行本のために書き下ろされた「Side:B」を加えた完全版。
    「BOOK」データベース より

    不覚にも涙が零れた.
    パートナーが若くして死ぬ、という状況であるからではなく.
    自分を想うことが相手をも想うこと.
    そんな関係性の二人だからこそ、哀しい状況に陥っても前を向いて歩けるのだ.

  • 本当に感動。この本は、大切な人へのメッセージとして贈りたい。
    そして、何よりも表紙のブルーリボンが印象的。

    図書館でボロ泣きです…。

    さすが、有川先生です!!

  • 『ラブコメ今昔』に次いで有川作品2作目です。これは又、途方もなく切ないお話です。支える愛と受け止める愛。
    幸せの最中に於いて、突然、病魔という人間の力の及びきれないところで愛する者同士が伴侶を失う運命に置かれてしまいます。愛が純粋で深ければ深いほど、別れは必然的に辛いものになります。その喪失感を受け止めつつ、悪夢を逆夢に変えるのだという主人公の強い意志は今作が決してアンハッピーだけではないことを感じさせてくれます。
    saideAとsaideBに分かれているのですがどちらかといえばAの方が好みでした。そして私もやはりBの方がAを包括している事実だと思いました。そして、ラスト、どこまでが本当のことなのかは・・読んだ人それぞれの感じるところまでなのでしょう。

  • 全力で愛し、全力で生きる。
    スゴいです。
    生きっぷりが壮絶です。
    でも、ちっとも息苦しくならずに、読めるところが、有川さんのスゴい所なのでしょうね。
    でもでも、大事な人が死んじゃうお話は、やっぱり苦手かも…

  • どうして、この本読んでなかったんだろう。
    Side.A、side.Bどちらも、良かった。
    どちらも、夫婦仲がとてもいい。
    羨ましい限り。
    食べ物の好みが似ている、ということが
    伴侶の条件と思っていたけれど、
    読み物の好みが似ていることも大事かもなぁ。
    ミスったぜ。

    Bで、どこまでが現実でどこまでが創作なのか。。。
    想像させるところが憎らしい。
    幸せなところだけ、現実でありますように。

  • Until death do us part.
    読了後、そんな言葉が浮かんだ。
    いくら愛していても、
    信じ合っていても、
    死は免れようもないことなのだと。
    普段、こうして元気に過ごしているから、うっかり忘れてしまいがちだけれど、やはり愛する人の死は、自分の一番の理解者の不在は辛い。

    有川さんらしい、会話の妙。
    それだけに、喪失感はハンパないや。

  • 本当にこの作者は、言葉の魔術師かもしれない。僕の心に染み渡る言葉の数々。本当に心地良い作品でした。
    (この話はノンフィクション?)

  • 読んでいて,有川浩の個人史ではないかと不安に襲われるくらい現実味のある内容。
    学校の文芸部で,駄目だしで掲載してもらえない話,どこかであるに違いない。
    玉石混淆な学校の文芸部の文芸誌が多い中,本当にそんなことまだあるんだという思いがした。

    誰かが才能を信じてくれたり,
    誰かが書いたものを読んでくれるというだけで,
    才能が開花していく,あるいは才能を発揮したものが世の中に出て行くというありえる話だ。現実味があるのが注目点。
    妻が亡くなる場合のSide Aと,夫が亡くなるかもというSide Bの2つの話からなる。

    命を削っても書くという選択をするSide Aはあまりにも悲しい。
    自分は話には入り込めないが,こういう話を書ける有川浩の才能に敬服する。

    Side Bがなかったら,Side Aだけだったら,あまりに悲しすぎて二度とストリーセラーを開かないかもしれない。
    Side Bを書いたところに,有川浩の均衡感覚が働いているという気がする。

  • さすが有川さん。
    はじめから飛ばしてる!

    Side:Bの方は、ちょっと話の構造が込み過ぎで、ちょっとくどく思ってしまった。
    ひとまわり分、要らないんじゃないかと。

    まぁ、どちらもいつも通り安心して一気に読めた。

  • 高校の図書館で泣きながら読んだ。

  • 予約中。25人待ちで、やっと借りた。
    この本を読んで一番印象に残ったのが
    「読む」という行為が「書いた人の心」に触れている状態ってこと。

    だから本を読むってうれしいし、泣けるし、笑えるし、楽しい、悲しい。
    展開に衝撃を受けて傷ついたり、傷つけられたり…。
    当たり前のことだけど共有しているんだな…と改めて実感出来た。

    内容よりも作家さんの本音をつきつけられたような気がする。
    有川さんの心そのものみたいな気がした。
    物を生み出す、身を削る辛さ、心の叫び…
    内容よりもそっちの方に驚いた。

  • ブクログでは、『泣ける~』という感想が多かったですが、私は泣かなかったです。泣きそうにもならなかった。泣きますか?これ?Side:AとSide:Bが対の話になってるのですね。全く違う世界の話なんだけど、どちらも、作家の彼女とそのファンである彼。Side:Aは彼女が死ぬ話、Side:Bは彼が死ぬ話。
    Side:Bは構造が複雑で、作家は彼が死ぬ話を書いているけど、実際の彼は、病気と戦っているところで終わってると思う。
    ストーリー・セラーってタイトルでどうして病気で死ぬ話書くかな?
    その発想が好きじゃない。作家と読者であり、恋人や夫婦であるという関係の面白さや難しさが描かれているのかなと思ったから。
    病気になるのは、作家や読者、関係ないもん。
    二人の馴れ初めから書かれているのですが、そこはいつものラブコメです。つーか、作家と読者のラブコメが書きたかっただけか?
    いつも通り、甘すぎて恥ずかしくなります。
    頭の中にある妄想のままに、楽しめると思うことを書くのが、有川さんの強みです。面白い、楽しめるということに徹している。でも、あんまり度が過ぎると読み手は引くわ~こんな彼いたらな~とか自分の妄想とかぶってたら、自分の人に見せない部分をさらけだされた感じで、なんか、同族嫌悪。
    だから、有川さんの本は楽しんで読めるけど、サクサク読めるけど、好きにはなれない。あっという間に読んでしまうんだけど、ちょっと嫌いだったりするんだよな~

  • 有川さんあんまり好きじゃない、ので好きな方は読まないでください。
    というか一方的に(って仕方ないけど)ぐちぐち書いてあるので、
    むしろ好きじゃない方以外読まないでください。

    *******

    そうそう、好きじゃない、といいつつけっこう読んでる有川さん。
    なぜならわたしの好きなひとが有川さんすきだから(笑)
    これはけっこうキツイものがあるよなー

    他の友だちも、「これは有川さんぽくない(いい意味で)」とか言ってたし、評判いいみたいなので(泣ける?とか)
    作者気にしないぞ!と思って読み始めたんですが

    なんかとってつけたような、それこそB級SFみたいな病気や
    激昂したときの口調とか
    言葉つかいのこだわりが~みたいのが
    鼻について気になって、読むのやめようかと思ったけど
    せっかくだから最後まで読みました。

    えーーー別に面白くないよ・・
    今までの有川作品と、たいして変わらず、ただ愛するひとの死とか扱ってるから泣ける(カラカラだったけど)のかなーとか

    「男前」とか「甘やかす」とか、
    なんかイチイチ言葉使いが気に障るんだけど
    これはもしかして同属嫌悪だったりしたらこわいなあ・・

    と、ここまでかいてちょっとスッキリしたはしたけど
    これは有川さんが好きじゃなくても、普通に楽しく読んだ人が読んだらいい気持ちはしないだろう勝手な感想なので、

    冒頭は「好きな人は読まないで」じゃなくて
    「きらいな人以外読まないで」にした方がいいかもな・・

    もう有川さんは読まない。
    面白いかも、好きになれるかも、と期待していっぱい読んできたけど
    合わないんじゃしょうがないよなー

    それがわかっただけよかった。
    さようなら有川さん。
    ちょっと面白かったりどきどきしたこともありました。

  • わかってる、今やめとかないと明日がつらい…と思いつつも結局読むことがやめられず読み切った作品。結局読み終わった後も余韻がすごくてすごくて、いろいろぐるぐると考えさせられて結局すごい寝不足に導いてくれた作品。なんでこんなに心に触れてくるような作品が書けるんだろう
    本当にもう、有川さんの作品は大好きだ!

  • 有川浩の本をずっと追ってきた人には一日でも早く読んでほしい。
    そうじゃない人は読まないでほしい。今は。

    鳥肌が未だに止まらない。
    だってこの本にはあとがきがない。

    読後まもない感想だとこれくらいしか言えません。

  • こんなに美しい物語を知らない。
    事実なのか事実でないのかは美しさの主眼ではない。
    事実だろうと事実でなかろうとこの心でこの文章を綴った美しさ。
    好悪は無関係に有川浩の最高傑作であると思う。

  • 恋愛中の男女の掛け合いを書かせたとき、その絶妙さでこの人の右に出るものはいない、と思う。

  • 名前が出てこない!一人称が「彼」「彼女」、二人称は「君」「あなた」なのがなんとも不思議でsideAとsideBは同じ人じゃないのね!とちょっと驚いた。
    しかしどちらの「彼」も非常に魅力的で、言葉のチョイスもめちゃくちゃ理屈っぽくてキザでかっこいい!
    「君を甘やかすことが人生の目標と言っても過言ではない」だとか、わがまま言わないことに対して「オレの生きがいを邪魔するな!」だとかそういう甘いセリフがツボ。そんな人現実にいる??わたしも甘やかされたい!羨ましい!有川さんが書く男性はいつも魅力的でドキドキする。

  • 対になるanother storyからなる一冊。ヒアカム ザ サンのような構成。
    会社員の夫、もしくは作家の妻が亡くなることを前提に進んで行くのが悲しいけれど、思いやる気持ちや愛情、幸福がいっぱい詰まった物語。やや甘すぎかもしれないけれど、やはり有川作品。登場人物に男気があって筋が通っていて素敵。
    書き手と読み手が出会って、恋愛して、結婚してさらにこんなに思い合える生活ができたら、と思う。
    結婚生活のつらさ、煩わしさもありながら失ってからの自分、もしくは相手のこともきちんとケアして完結。そしてどこまでが現実なのだろう…?

  • 自分史上、最も泣いた小説。
    哀しいのに、切ないのに、とてもあたたかい愛です。
    今でも泣きたいときはこれを読み返します。

全1362件中 1 - 25件を表示

ストーリー・セラーに関連する談話室の質問

ストーリー・セラーに関連するまとめ

ストーリー・セラーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストーリー・セラーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストーリー・セラーを本棚に「積読」で登録しているひと

ストーリー・セラーの文庫

ツイートする