週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編

  • 232人登録
  • 3.41評価
    • (13)
    • (21)
    • (41)
    • (10)
    • (1)
  • 38レビュー
  • 新潮社 (2011年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103019336

週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009~10年の時事キーワードを文章と漫画でそれぞれが書いてる。
    あったねぇーとか人によって同じキーワードで思い出されることがこれだけ違うのかと面白い。

  • 佐藤優という人を、著書の表紙か帯に載っていた顔を見、すごい悪人顏だなあと思って興味を持ち、この人について調べたら哲学などに造詣が深いようで面白そうな人だなあと思っていたとこほに西原理恵子との共作があると知って読んだ。

    さすが文が知的、経歴が経歴なので国際的なニュースについて書かれた文が当時の裏話も混ぜながら、うまく西原理恵子と共存していて面白かった。

  • H27/5/8

  • 熟年彼氏の高須かっちゃんやエロの進軍駐尉岩井しまこ。毎日かあさんには出せないキャラクター大暴れで、サイバラねーさん周辺はやっぱり面白い。

  • 201312/

  • 最強コンビ結成!編

    まったく、最強です。

    全盛期のブロディ・ハンセン組くらい最強。

    現在日本の「知」の代表選手である佐藤優をあえてバカボンパパのバカ田大学の後輩のように描いてるサイバラの「愛」もスゴイが、サイバラを疑うことのない「天才」とダイレクトに評している佐藤さんもスゴイ。

    一つのお題を与えられ、右のページを佐藤優のエッセイ。右のページのサイバラの漫画という構成である。

    当然、交互に読んでいくのだが、文章を書いているのが佐藤さんではなく、途中まで西原さんのような錯覚を覚えることがしばしばだった。

    なぜなんだろう。

    どっか、根っこの部分でつながってるということなのかな。

    呉智英さん大好きなんだが、ひところ小林よしのりのシンパ的になってて(そんなことないのかも知れないが)ゲンナリしてました。

    どうせつるむなら、サイバラとつるんでほしかった。

    オソロしいことをさらっと書いてしまってる佐藤さんの文章。さすがのリアリティですんで、読んでみてください。

    あと、双方ともスポーツ絡みのお題になるとお手上げで話を逸らしているのが親近感。

  • 自由と責任は有料だ!
    奢ってもらうは恵んでもらうで乞食のすること。

    ロシアレストラン・スメターナ(東京都国立市)

    西原さんの本にしては珍しくコラム担当の佐藤氏の方も面白いです。

  • 最初の、『府中刑務所製自由帳』でぐっと心鷲掴み。おもしろかた。小さな命の話しもよかた。

  • 週刊新潮を読んでるおっさんたちは、ちゃんととりあたまニュースを読んでいるのだろうか。特にりえぞうさんのパート。飛ばして読んでないか?すみのすみまでしっかり読んでほしいなあ。

  • このコンビもたまりませんなぁ。

全38件中 1 - 10件を表示

西原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
池井戸 潤
西原 理恵子
村上 春樹
西原 理恵子
三浦 しをん
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印

週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編を本棚に「積読」で登録しているひと

週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編はこんな本です

ツイートする