とりあたま帝国: 右も左も大集合!編

  • 130人登録
  • 3.44評価
    • (6)
    • (15)
    • (27)
    • (4)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 西原理恵子
  • 新潮社 (2013年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103019350

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎本 まみ
冲方 丁
池井戸 潤
西原 理恵子
三浦 しをん
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編の感想・レビュー・書評

  • 2012-13年の時事漫画とコラム。
    高須院長と交際確定はこの頃だったか。
    ホリエモンの保釈とか、どうでもいいスキャンダルにどうでも良くない国際情勢が混じってる。
    玉石混合を楽しめる人にはお勧め。

  • 『週刊新潮』で連載されているもので、気になって図書館で借りてきたのだけれど、どうやらこれは3巻だったみたい。
    正直西原さんの毒が自分には強すぎて読んでて合わなかった…。他のも気になるけど、手が出なそうだなあ。

  • 週刊誌の連載をまとめてあるから遅れてやってきた時事ネタになるわけだが、忘れたころに読むのがまたおもしろい。
    忘れやすい世の中で、記録の意味もあるかと。

  • 週刊新潮2012.1〜2013.5、ニュースを題材にしたコラムとマンガ。フェルメール、金正恩、たるむ警察、ダルビッシュ有。

    そういえばそんなニュースあったなあ。時代を超えたエッセイと、別次元かつ絶妙な組合せのマンガと。

  • 笑ったわ―。
    むずかしいことに、西原さん的感性で
    突っ込みまくる。爽快!

    天才的・頭のいい人たちと
    対談する西原さんは、頭の回転がものすごくはやくて
    毎回感動する・・。

  • この二人の文とマンガというコンセプトがおもしろい。

  • 佐藤優の工夫のない日記風の短文だけなら、読む価値はない。その短文というかお題を受けて西原がマンガを描いているわけだが、佐藤の文章とはまったくリンクしていない。そのあたりの逸脱具合を楽しむべきなのだろうが、高須ネタが多すぎて、西原の近況を知るにはいいのだろうが・・・。

  • 西原さんの漫画のセリフがどぎつく、読んで意味がつかめた瞬間、少し引いてしまうものの沢山あったが、佐藤さんの的確なコメントが漫画を引き立てているようだ.少し前の時事問題を確認しながら楽しく読めた.

  • 大相撲向こう正面1-1のブロックサイン見たかった。

  • マタイによる福音書 6章24節 だれも二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。神と富につかえることはできない

    離婚は結婚の3倍のエネルギーがかかる。それは結婚が相互信頼に基づいて行われるのに対し、離婚は相手が悪意をもっている、信頼出来ないというルールでゲームが行われるからだ

    結婚は情熱と信頼を基礎に行われる。離婚は相手について熟知した上で、互いに相手の悪意を想定しながら行われるため、実に面倒なゲームだ

    カラマーゾフの兄弟の映画化 黒澤の白痴

  • サイバラ×時事ネタ面白い。ルールなしでハチャメチャに斬ってくれる。痛快。

  • 西原理恵子と佐藤優のコンビで送る時事ネタを漫画と文章で読ませる。
    2013年8月発行だが、すでに記憶が薄れた事件なども多く、人の興味の移り変わりを感じる。

  • 「週刊とりあたまニュース」の第3弾。
    2012年から2013年の前半まで。

    高須院長が、西原 理恵子のものすごいブレインな感じがでていて楽しい。

  • シリーズ三作目ともなると、読みなれてきちゃったなあ。たぶん、本になるのを待つよりも週刊新潮で毎週読んだほうが楽しめるのかもしれない。

  • 高須院長、佐藤優。サイバラの人脈たるや。10年前くらいの身の回りのネタはオカマさんや無名漫画家ばかりだったが。
    石原元都知事への熱い敵意、中韓への冷めた敵意。一転して、身の回りへの愛。ある意味とても女性らしい。

  • 西原さんと高須院長の熱愛発覚でますます盛り上がる本シリーズ。「(待ち合わせで)私を見つけると向こうから走ってきてくれる」という小さいコマが最大のノロケかと。お幸せに!

  • ☆4つ
    いやはやなんとも相変わらづサイバラの作品は面白のだ。今回の相方の“佐藤優”ちゅうおっさんのことはさっぱりわからんが、まあ刺身のつまみたいなもんだろう。それでいいのだ。

    最後の一話にお題は 「ミッキーマウス法」著作権の保護期間についての法律ですな。ミッキーマウスの著作権が切れそうになった1998年にアメリカで保護期間が70年に延長になった事でこの呼び名がついています。

    で、そこから引用「やなせたかし先生へ。わたし子供にするサイン。アンパンマンを勝手に描いてました(ゴメンナサイ)」 わはは。 さぁ次行ってみよう。

  • 西原さんのパワー全開!味わい深くてためになる。佐藤氏の記事でここ2、3年の世の中の復習をしました。ヘェーそうだったんだ的なことも多数あり、勉強になりました。

  • チェック項目5箇所。三平女子……昔は三高(高学歴・高収入・高身長)、今は平均的な収入、浮気しない、穏やかにくらせる三平男子を求める女性が多いだとよ。原発がOKで生レバーがあきまへんかっ、いっつもありがたい方針ありがとさんでーす。歴史的にキラキラネームは日本だけの現象ではない、スターリン時代のソ連では、「労働者的で共産主義的である」と目立つ名前を子供につけるバカ親がときどきいた。中高年で婚活に取り組んでいる人に、筆者はいつも「結婚について考えるのは後にして、とりあえず一緒に住んでみたらいい」と勧めている。

  • 「人間一度ちやほやされてしもたら中々敷居が下がりまへんわ」

全20件中 1 - 20件を表示

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編を本棚に「積読」で登録しているひと

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編の作品紹介

天下国家から下ネタまで。玉砕覚悟のお笑いニュース解説! 自民党の復権、金正恩の台頭、プーチン再登板、放送禁止用語で降板、西原・高須の熟年交際発覚……。最凶コンビが、世界からご近所まで66のお題を一刀両断。「なんで原発がOKで、生レバーがあかんのか 」、アベノミクスは「ふくらし粉の名前」、ホリエモンへのブロックサイン疑惑など、アナーキーな「正論」に苦笑・爆笑。週刊新潮で人気の漫画エッセイ第3弾!

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編はこんな本です

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編のKindle版

とりあたま帝国: 右も左も大集合!編の文庫

ツイートする