マイノリティーの拳

  • 46人登録
  • 3.95評価
    • (5)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 林壮一
  • 新潮社 (2006年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103019718

マイノリティーの拳の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ボクシングは金持ちに務まる職業じゃない。命懸けの危険な
    ビジネスだからね。裕福な人間がグローブを嵌めるなんてのは
    ジョークさ」

    貧困と差別に晒され、犯罪と隣り合わせという環境で育った
    黒人の少年たちは拳ひとつでのし上がれるボクシングの
    世界で頂点に君臨することを目指した。

    世界ヘビー級王者。最重量級の頂点を極めた王者であって
    も、アメリカン・ドリームを手にした後には厳しい現実と直面
    せざるを得なかった。

    本書は自身もプロテストに合格し、しかし、故障からプロボクシ
    ングの世界を断念した著者がアメリカに渡って元チャンピオン
    たちと交流しながら10年の歳月をかけて書き上げた、5人の王
    者の「その後」の姿だ。

    モハメド・アリとのキンシャサでの対戦から20年後。45歳で
    世界王者に返り咲いたジョージ・フォアマン。何故、伝道師と
    なったフォアマンが45歳で復帰しなければならなかったのか。
    彼の背負ったもの、自分の使命と考えることの懐の深さは
    自身の生い立ちから来るものだった。

    同じ指導者の元で育ったマイク・タイソンとホセ・トーレス。
    タイソンにこそ取材が取材が出来ていないが、現役の頃
    から引退後を考えて文筆修行をし始めたトーレスとタイソン
    の人生の対比と、弟弟子であるタイソンに対するトーレス
    の想いの深さにじんわりと来る。

    何かと問題の多いプロモーター、ドン・キングを相手に訴訟
    を起こしたティム・ウェザースプーン。シングル・ファーザー
    として5人の子供を育てる為にリングに上がり続けた彼は、
    ボクサーであるより父であることに重きを置いていた。

    ライアン・バークレーはチャンピオンになりながらも、サウス
    ブロンクスの狭い集合住宅で暮らし、45歳になっても生活
    の為にリングに上がり続ける。

    チャンピオンになったからと言って、その後の生活が保障される
    訳ではない。フォアマンやトーレスのように「セカンド・チャンス」
    を手に入れられる者の方が稀なのだろう。

    厳しい現実に直面しながらも、彼らは必死に生きている。
    そんな元チャンピオンに向ける著者の視線は、限りなく
    温かい。そうして、ボクシングという競技に対する愛情も
    溢れている。

    いいノンフィクションを読ませてもらった。著者にお礼を言いたい。

    尚、私は単行本を買ったまま積んでおいたのだが先日、文庫
    で刊行されていた。

  • アメリカでのビジネスとしてのボクシングを実感。豊かな才能、過酷なトレーニング全てが、必ずしも豊かさに繋がらない厳しい現実を実感しました。

  • ボクシングの世界を描くノンフィクションはいつも少し「切ない」感じがする。それはボクシングというスポーツが本質的には「殴り/殴られる」というスポーツであるということもあるし、おそらくボクサーのほとんどがまさしく「拳一つ」で這い上がってきたということもあるし、何より勝利と敗北だけでは動かない世界だというのがあると思う。例えば、テニスだった言ってみれば「ラケット一つ」で成りあがっていく世界なわけだが、それでもボクシングのような悲愴な感じを醸し出すような作品に出合ったことはない。

    本書は米国のヘビー級を中心に、元黒人チャンピオンが引退後にどのような生活を送っているかを追ったノンフィクションである。日本でも今では「世界チャンピオンになっただけでは成功ではない」世界になってしまったが、層が厚い米国ではそれはもっと劇的な形で表れていて、元世界チャンピオンであってもスラムと大して変わらない世界で暮らしている人間もいる。

    もちろんそういう状況になってしまう理由は本人も含めていろいろあるのだが、それでもファイトマネーという形で一瞬で大金が入ってきて(プロモーターにかなりとられてしまうのだが)、それをうまく扱うことができなくて、やがて堕ちていくというはなんとも切ない。

    本書に出てくるボクサーは日本のボクサーたちよりもはるかに多くのマッチ数を戦っている(90戦近いボクサーもいる)。そうしてまで試合に出るのはまさしく「お金のために戦っている」から。

    本書には繰り返しプロモーターの話が出てくるが、ボクシングは現代になっても剣闘士とマッチメイカーの世界なんだと強く感じざるをえない。華やかなのは剣闘士でも、最後に儲かるのはマッチメイカー(胴元)たち。それでも、そこには這い上がるための夢がある世界なんだ、というのもまた真実なのだと痛感させられるのが本書である。

  •  一度はチャンピオンに上り詰めたことのある黒人ボクサーたちへの取材を元に書かれたノンフィクションです。

     プロモーターに食い物にされ、一階級制したくらいでは成功者になれないどころか元の貧困生活に逆戻りする者もいるといいます。
     国内のチャンピオンも皆一堂に夢見ていると言うラスベガスでのビッグマッチですが、夢の果てにあるのは果たして本当に選手が報われる世界なのか、心配になりました。

  •  ふだんの報道ではもちろん「光」ばかりが注目されるが、ボクシング界は広く深い「闇」をかかえた世界である。

     世界チャンピオンとして「光」の中に上り詰めたはずのボクサーの、その後の人生を取材したノンフィクション。アメリカに渡り、ボクシングを取材し続けて10年の著者は、その年月を行間ににじませるように、読者のボディへ重たいパンチをたんねんにたたきつける。
     著者自身が、かつてプロボクサーのライセンスを取得したにもかかわらず、ケガでその道を挫折した経験を持っている。自分自身の「STRUGGLE」があったからこそ、地の底でもがいている元チャンピオンたちへの友情が育めたのだろう。

     各章はすべて、撮影中の映画『ロッキー・バルボア(ロッキー6)』の撮影風景から始まっている。もちろん、元チャンピオンたちの過酷な「その後」と、対比するためである。スクリーンには映らない彼らの「STRUGGLE」は、スポーツ・ノンフィクションという枠を越え、この本を「人生で貴重なものは何か」という物語に昇華させている。

  • 読みやすい文章で、プロボクサーの悲惨な末路の数々が書かれている。日本とは比べ物にならない人種差別や貧困のレベルにも驚かされるが本人に実力があっても良いプロモーターやコーチがつかないと悲惨な目にあったりして、なんとも恐ろしい世界だ…。

  • メジャー団体の元チャンピオンが、とことんマイノリティなのに驚きました。
    最後のフォァマンは、特に印象的でした。
    余談ですが、アリと比べると、あまりに対象的ですね。
    個人の資質もあるだろけど、時代の少しの差が大きい。

  • プロボクサー 世界チャンピオン 黒人
    劣悪な環境 アメリカンドリーム 一瞬の栄華

    才能と努力でつかみ取った王座。それにも関らず安定した生活を得られない現実。現在のアメリカの一面。

  • すべてのスポ-ツの中でボクシングが一番好きですが、この本を読んでさらに深く愛するようになりました。一瞬の光が強ければ強いほど影もまた深い。絶頂期を過ぎたボクサ-の生々しい姿を通して、生きること、生き続けること、考えさせられました。

  • 世界チャンピオン、その言葉の響きは何よりもすばらしいものに見える。しかしその実際はそこに至るまでも、絶頂の時も、そしてその後の人生でも決して平たんな道を歩めるとは限らなかった。チャンピオンベルトをオークションに出して、裸電球1個の部屋の生活費にあてたり、日本という豊かな国でフィクションでしか想像できないような現実も生の声と共に伝えてくれるノンフィクション本です。苦しくとも人としてまっすぐに。その歩いてきた道のりからの教訓は計り知れないものがあります。それこそ彼らがチャンピオンたる由縁なのではないでしょうか。以前からチャンピオンたちと数々の取材を通じて直に話していく中で深い友好関係を築いていた林壮一氏だからこそ最深部まで話してくれた貴重なチャンピオンたちの生声人生訓集とも言える1冊。着飾った言葉やドラマなどの作りごとではない、完全なる現実がここにあります。

全12件中 1 - 10件を表示

林壮一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
山本 譲司
エリック・ブリニ...
シーナ・アイエン...
大野 更紗
宮部 みゆき
古賀 茂明
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印

マイノリティーの拳を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マイノリティーの拳を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする