細胞から元気になる食事

  • 31人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 山田豊文
  • 新潮社 (2006年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103023715

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

細胞から元気になる食事の感想・レビュー・書評

  • 先日読んだ「夫婦で楽しむ、ファスティング入門」の著者の本。
    「マゴワヤサシイ」を基本にした食事はなるほどと思った。
    身体にとって何が良くて、何が悪いのか。
    どれくらいなら適量なのか、全く食べないほうが良いのか。
    身体がその答えを出せるようにならないとダメなんだろうなと思います。
    でもまずは食に対する知識を増やす為にももう少し色々な人の食に関する本を読んでみてみようと思います。

  • とにかくマグネシウムが大事

  • ◎私達の体は食べたものから出来ている
    ◎ミネラルが細胞を活性化させる→白米ではなく玄米を摂り、ビタミンB1を活性化させるマグネシウムも摂取
    ◎プラスチック食品「マーガリン」の摂取をやめよう。マーガリンは科学的に作り出した偽物のバター。
    ◎日本では食品についての危険性が知られてなさすぎ。出来合いの揚げ物がカラッと揚がっているのはショートニングを入れた油で揚げているから。ショートニングなどにはトランス脂肪酸が多量に含まれ私達の体を蝕んでいる。
    ◎正しく炭水化物を摂れば太らない
    ◎最高の主食は玄米や胚芽米など精製度の低いお米。
    ◎理想の食事は「マゴワヤサシイ」マ→豆類/ゴ→ゴマなどの種実類/ワ→わかめなどの海藻類/ヤ→野菜/サ→魚/シ→椎茸などのキノコ類/イ→芋類。
    ◎体に悪い活性酸素を発生させるのは、化学物質を体内に取り込んだ時・紫外線やレントゲンの放射能を浴びた時・大きなケガや手術をした時・激しい運動をした時・飲酒・喫煙・排気ガスなど。
    ◎牛乳は飲まない。理由は①日本人の消化体質に合っていない②栄養バランスが崩れる③細胞の働きを阻害する④有害物質に汚染されている恐れがある⑤加熱殺菌により食物酵素が破壊されている。
    ◎問題はマグネシウム不足
    ◎生の食材で食物酵素を摂ろう。
    ◎「ファスティング(断食)」固形物をやめ野菜や果物のジュースで内蔵を活性化させよう。
    ◎糖分の多いスポーツ飲料は血糖値を不安定にさせ運動選手のパフォーマンスを低下させる。お茶がよい。
    ◎「よい食べ物の5つの条件」①有害物質を含んでいないもの②食性にかなったもの③酵素が生きているもの④栄養のバランスがよいもの⑤消化に負担をかけないもの

  • 今の時代に必読の内容。
    食の情報を自ら集め選択。

  • サーチュイン遺伝子を呼び起こすために読みました
    ファストダイエットジッシチュウ

全7件中 1 - 7件を表示

細胞から元気になる食事はこんな本です

細胞から元気になる食事の文庫

ツイートする