美しいもの

  • 167人登録
  • 3.56評価
    • (7)
    • (13)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 赤木明登
  • 新潮社 (2006年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103025719

美しいものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今、己の世界観が揺れている。

    芸術、モノづくり、生活、命とは、世界観が変わった一冊。

    こう生きてみたいものです。

  • 塗師、赤木明登が友人やリスペクトする職人たちと「美しいもの」について語る。
    切り口は人それぞれだけど、みなそれぞれに真剣にものを作っているし、自分の専門以外の持ち物にしても本気で考えながら使っている。
    村上龍の「一流のクリエイトをしたければ一流の消費者になれ」という言葉を思い出した。

  • 赤木さんの文章もさることながら、小泉さんの写真から静かに伝わってくるものがある。

  • 美しさとは を問う。
    各分野において活躍する著者の友人や先輩から、美しさに関する答えのヒントを導きだそうとするも、答えはたった一つではなく、各々の中にあることに気付く。

  • 題名には引っかかったものの表紙に呼び込まれて借りてはみたものの
    後回しになってサイドテーブルにあったのを
    今日やっとそれもいやいや読みだしてみた

    それがいきなり人の出会いの妙と言うか
    鉄平さんとゆみさんの暮らす面白い風景が活字のバックとなって浮かび出してきた
    おしゃれ過ぎるぐらいに反射の少ない
    気取りのない詩といった軽い雰囲気で
    中身の理屈っぽさを拭い取っている

    これは企画が先にあって出会いをつくりだしたプロの本ではなく
    かつてあった出会いから拾い出して取材した記録なのだろう
    ここに何かを想定した企画と言う媚がなかったら
    もっと素朴な心が滲むミニマルな表現を楽しめたのかもしれない

    社会と個性がつながりにくい現在そんな贅沢も言えない中で
    ちょっとシャクであるけれど気持のいい本だった
    図書館に「美しいこと」と言うのがなかったので注文した

  • あとがきが最も鮮烈

  • 塗師の筆者が14人の工芸家を訪ね、美しさとは何かを考える一冊。
    筆者が前面に出すぎていて、肝心の対象者の言葉が見えづらく感じた。
    もう少し枯れた後に出版されたらまた読んでみたいと思う。
    と、書いてみる20代の自分。

    陶芸家の言葉が良かったので引用。

  • 塗師から見た、芸術の世界で生きる人たち。思索に満ちていて、このような見方を知ることができるのは貴重な体験だなぁと。

  • 冒頭の、著者の初めての個展に寄せた文に心揺さぶられました。

    美しいもの、について、そのまわりにいる人と言葉を交わし、「もの」自体を観察し、またそれを言葉にする。

    珍しく繰り返し読む一冊として、手元にあります。

  • 「美しいものってなんだろう?」
    塗師の赤木明登氏がものをつくる友人を訪ねながら、
    答えを探して問いかけてきた記録。
    もちろん正確な答えはないのだけれど、ものを通して、人を通して
    伝わってくるかけがえのないものに心を打たれてしまいます。

全17件中 1 - 10件を表示

赤木明登の作品

美しいものを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする