薄妃の恋―僕僕先生

  • 524人登録
  • 3.67評価
    • (47)
    • (108)
    • (136)
    • (4)
    • (0)
  • 116レビュー
著者 : 仁木英之
  • 新潮社 (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103030522

薄妃の恋―僕僕先生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古代中国ファンタジー
    妖怪や神仙が出てくるが、恋愛物語になっているところが現代風。
    神仙思想については、研究して書いていると思われる。

  • ファンタジーなので、現実逃避にはちょうど良く、あんまり考えずに読み終えた。
    物足りなさもあるが、軽く読めるので、今のわしにはぴったり。

  • 王弁くんが健気な子犬のようで
    かわいくてかわいくて笑
    王弁くんの男の子の揺れ動くココロがなんとも
    おばちゃんにはほほえましい笑

    僕僕さんの、また加減がよすぎる振るまいが
    仙人、さすが笑


    ほのぼの~

    後味よしっ

  • 僕僕シリーズの第2段。
    タイトルの薄妃が面白い。
    皮だけでペラペラを想像すると干瓢の様なのかな。
    やはり日本古来の妖とは違う。
    見た目(想像だけど)、性格もユニークな面々が揃ってきて、この先の旅も楽しみ。

  • 僕僕先生シリーズをこの巻から読むことになったけど、可愛い話ですね。

  • 短編集
    前よりは一つ一つに結末がすぐにつくので良かった
    魏夫人と司馬承禎がツボだった!!

  • というわけで続き。薄妃が準レギュラーになるとは!

  • さらさら読め、後味も良い。

  • 恋する乙女は死しても、薄くなっても。

  • さあ、ボクについてくることだ。この世界、二人で旅するには十分広い――。

    大人気作『僕僕先生』から二年、あの超キュートな美少女仙人が帰ってきた! 彼女と再び旅に出た気弱な弟子の王弁は、小生意気だけど憎めない先生の心がわかるようで、わからないようで……。唐代の中国を舞台に、世界のホロ苦さと愛しさを奇想豊かに描くロードノベル。愉快な妖怪の仲間も増え、さらに好調なシリーズ第二弾!!

全116件中 1 - 10件を表示

仁木英之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

薄妃の恋―僕僕先生を本棚に「読みたい」で登録しているひと

薄妃の恋―僕僕先生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

薄妃の恋―僕僕先生を本棚に「積読」で登録しているひと

薄妃の恋―僕僕先生の文庫

薄妃の恋―僕僕先生のKindle版

ツイートする