仙丹の契り 僕僕先生

  • 220人登録
  • 3.42評価
    • (11)
    • (28)
    • (55)
    • (6)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 仁木英之
  • 新潮社 (2014年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103030584

仙丹の契り 僕僕先生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕僕先生シリーズも早第8弾。
    宋格之と紫蘭の村で薄妃と蒼芽香と別れた僕僕先生一向(僕僕、王弁、劉欣)は、ドルマの故郷吐蕃のラサを目指す。
    ドルマの父親テムジン王の病を治すには、僕僕先生と王弁が交わり仙丹を作らなければならないとか…なんとなく、無理矢理二人の恋話に持って行こうとする感じがあまり好きではなかった。王弁が相変わらずのダメっぷり!騙されてその辺の草を薬だと言われ大金で買わされたり、賭博にのめり込んでほとんど無一文になったり、人の話はなかなか理解できなかったりで読んでいてイライラが募る(笑)僕僕先生のように、私に王弁の良さが分かるようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。

  • 気付けばもうシリーズ8作目なのですね。

    長い旅のあいだに僕僕先生の一行は増えたり減ったりしてきましたが、本作の冒頭では初期から旅を共にした仲間が一行からはずれる意外な展開でした。
    その後、僕僕先生たちが向かったのは王位継承で揺れる吐蕃。
    懐かしい顔との再会あり、インパクトの強い新顔の登場あり。
    今回は王弁くんが僕僕先生にかまってもらえる時間が多かったせいか、私がにまにましている時間も長かった気がします。

    シリーズ開始当初と比べると、だいぶテイストが変わってきました。
    社会問題や登場人物たちの抱える背景の重みがどんどん増しており、表紙のイラストのかわいらしい感じとはちょっと印象がちがうかも。
    そろそろクライマックスが見えてきそうなので、ここまできたら最後まで追いかけたいと思います。

  • 僕僕先生は強いけど、無敵というわけではない。
    それでも僕僕先生にはいつも余裕があって、それも僕僕先生の強さのように感じられる。
    あの余裕は己を知っていることの余裕なのだろう。敵のこともよく知っているけれど、全てではない、しかし己のことは本当によく知っている。それが先生の余裕の源のように思う。

    それは決して自分の限界を決めてしまうということではないのだと思うけど、その辺りは上手く言えない。

  • 相変わらずの王弁の活躍ぶり(笑)にホッとします。
    ダメダメな中にも成長が見られた巻でしたね。

    久しぶりすぎてあんた誰だったっけ?という登場人物もいましたが、楽しく読みました。
    仲間の別れや新たな仲間も加わり、さて次回はどうなるのかな。

  • ついに、一線を越えてしまった。。。

    でも、きゅんっとしないのは何故だろう
    僕僕先生と王弁くんの気持ちは
    今までになく近づいたのにねぇ

    次の展開が波乱っぽいから
    別れを感じさせて切なく思えてしまう

    今回は「旅立ち」だったなぁ

  • 唐代の中国を舞台に、仙人になりたい王弁青年が、美少女の姿をした師の仙人僕僕先生や、途中で加わる不思議な仲間たちと旅するシリーズ8作目で書下ろし。

    南の国境を旅してきた彼らは、吐蕃(チベット)に向かうが、以前知り合った薬師ドルマが実は国王の息子で、王弁たちも王位を巡る陰謀に巻き込まれていく。

    薬師としての術を仕込まれていく王弁は、師が自らのからだを使って経絡の流れを教えられ、なんと師との交合によって仙丹を作ることになる。

  • 僕僕先生シリーズ

    王位継承で揺れる吐蕃が舞台。

    今までともに旅をしてきた仲間と別れたり
    新しい道連れができたり
    僕僕と王弁がちょっと進展したり(?)

    王弁は今回もひょうひょうと活躍(笑)

    いよいよ長安へ向かうらしいので
    クライマックスが近いかも

  • 王弁の王弁たる活躍。薬丹からみとはいえとうとう僕僕と思いをとげるか、、とおもいきや、さっくりとそこらへんの叙述なく空虚な気分に。王弁はどんどん少年化している。ドルマの双子の兄が濃い。

  • 文庫待ちしていたのですが 我慢できず…(笑)
    かわいいですよね王弁さん

    今回はずいぶんと活躍しましたね 
    薬師としても頑張りました 
    僕僕先生との距離も縮まったみたいですしね

    仲間との別れや新しい仲間が増えたりと 
    今回のお話は盛りだくさんでおもしろかったです
    しかし劉欣はモテモテですね

  • 久しぶりの僕僕先生

    僕僕先生と王弁の恋模様もちょっと進展した感
    王弁が男らしくなってきたのが いいねぇ

全44件中 1 - 10件を表示

仁木英之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
畠中 恵
米澤 穂信
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
仁木 英之
畠中 恵
宮部 みゆき
辻村 深月
畠中 恵
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

仙丹の契り 僕僕先生を本棚に登録しているひと

仙丹の契り 僕僕先生を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仙丹の契り 僕僕先生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仙丹の契り 僕僕先生の作品紹介

美少女仙人僕僕とその弟子王弁が、運命の時を迎えます!! いにしえの呪いをかけられた吐蕃王の命を救うには、僕僕と王弁が交わり、仙丹を作り出すしかない!? けど肝心の王弁は引き気味で……。果たして二人は行為をなせるのか? 長く旅を共にしてきた仲間との別れ、吐蕃の医師ドルマとの再会、奇怪なおねえキャラも登場し、益々パワーみなぎる大人気「僕僕先生」シリーズ最新長編!

ツイートする