ネットでショップを開設する
セキュリティ
強化

ネットを楽しむ
プロバイダー
電子書籍
ネットで買物する
ネットで投資する
ネットでゲームする
スマホで遊ぶ
パソコンで遊ぶ

すべてのGMOインターネットグループサービス一覧

苦役列車

  • 2207人登録
  • 3.25評価
  • 495レビュー
著者 : 西村賢太 
  • ¥ 1,260(参考価格:¥ 1,296) /
  • 新潮社 /
  • 2011年01月26日発売 /
  • 147ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784103032328
  • (82)
  • (308)
  • (399)
  • (149)
  • (41)

この本が買える電子書籍ストア

苦役列車の感想・レビュー・書評

  • 芥川賞という事で読む。私小説らしい。
    底辺の生活、プライド高く性格悪し。
    読んでいて何も残らなっかた。

  • 私小説。ここまで自分を晒す。小説家って大変そう。

  • 144回芥川賞受賞の西村賢太代表作。

    私小説というジャンルはあまり馴染みがなく、せいぜい古典と言われるような作品で読んだくらいでしょうか。
    小説の良さの一つに、人生を疑似体験できる、というようなことをよく言いますが、それを一番感じることが出来る形態だと思います。

    貫多の、抜け出せないドロドロした感じが、自分の中にも確かに存在する感情であり、何かの拍子で、いつ貫多のようになってもおかしくないので、自身のパラレルワールドのようなイメージをもって読んだりしました。

    同時収録されている『落ちぶれて袖に涙のふりかかる』も味が出てますね。『苦役列車』よりも読みやすかったかな。

    過激な表現が西村氏のウリなのでしょうが、そこがあまり好きではない。。でも、他の作品も手に取ってみようかな、と思わせる面白い小説でした。

  • 日雇い労働者の貫多の底辺の生活を描いている。日雇い先で日下部という専門学校生に会い、話をするようになったが、日下部は仕事をまじめにこなし倉庫番になったが、主人公は日下部と会ってから毎日働くようになったが、怠けて倉庫番ではなくなる。
    次第に二人の間に距離ができ、日下部は彼女がいて毎日が充実するが、主人公は相変わらずの生活を続け、日下部が結婚しても相変わらずのの日雇い労働者であるという話。

    暗い話だが、こうはなりたくないと思わせるものがあった。

  • ダメダメな人間ですが、親がその形成に少なからず関わっていること、言い訳を作らせてしまったことを、今の自分は肝に命じて生きていかないといけないなと思いました。寛太のような妄想?は自分にも少なからずあって、それでも生きるチャンスはたくさんあった。でもなかなか変えられない自分がいる。生きるのは苦役列車に乗っているようなものなんでしょうか。深く考えないようにしてますが。

  • 最初の話はそれなり。しっかり生きている自分を見直す。ただ、人の隠したい部分をありありと出していることがこの話の大切なことなのか。人はどこまでも怠惰になれる。二話目は蛇足。

  • 2010年芥川賞受賞作。私小説ということを知り、衝撃を受けた。「階級」は社会に多かれ少なかれ存在してしまう。比較することでしか、幸福ははかれないのでしょうか。新しい世界を教えてもらいました。
    会話分があまりないけれど、読みやすい。

  • 話の内容よりも文章を読むことを楽しめた小説だった。

  • 人には薦めないけど…自分ではつい手に取ってしまう小説です。

    どーしょーもない青年の屈折した日常が淡々とえがかれているんだけど、なんか憎めないんだよね。人に迷惑かけてない、いや、それなりにかけてますけど、殺したり人生狂わしたりするような罠はかけてないので、憎めないんだよね。結局、自分の不都合に全部帰ってきているから。

    でも、幸福にも自分の成長した環境とはまったく違うので、ここまでの負の感情なんかは共感できないのも正直あります。

  • 苦役列車は思っていた内容で、面白かったので満足。
    コンプレックスの表現の仕方がよい。

    あとに収録されている短編?はなかなかに自意識過剰なのでいらついてくる。

    私小説には限界があるのではないだろうか。

  • 現代の私小説。

  • 先に映画版をみたのだけど、人間のクズ貫太はやっぱりクズだった。
    小難しい言葉がよく使われているが、なんだかコミカルに悲哀が感じられて、話はおもしろい。

  • 請求記号・913.6/Ni
    資料ID・310006434

  • 彼とは、友達にはなりたくない。しかし、憎めない奴だ。 北町貫太、19歳。成り行きで生きる。 ダメな男。ぐうたら、そのくせ、ねたみぽく、ブライドが高くて見栄を張る。 酒と性欲にかき動かれて働く... 続きを読む

  • 表題作よりも、「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」が良い

  • 図書館でたまたま発見して読んでみた。

    序盤にある日雇いの労働現場のシーンを読むと
    蟹工船的な話かー、、、と思いきや、
    家庭環境(特に父親)に難があって屈折した青年の物語。

    一見すると、自堕落で真剣に自分の将来の人生に向き合っていないこの主人公は「苦役」を負っているように見える。

    しかし、何故か青年が苦しみや悲しみを感じているような印象を受けない。
    青年が苦役列車に「乗っているようにみえる」だけなのかもしれない

  • 劣等感とやり場のない怒りを溜め日々を生きてきた主人公。
    将来への希望もなく厄介な自意識を抱えて生きる
    主人公の明日は―。
    私小説家の著者が半生を主人公に投影した、人生のどん底を生きた人間の、滑稽で鬱屈した日々を描いた物語。
    ☆芥川賞受賞作品☆

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://lib.nit.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00515202&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 芥川賞だから読んでみたけど、好きじゃない。
    古い言葉や難しい漢字ばっかりで、話自体は短いのに、全然読み進められない。
    読み終わって暗い気分にしかならなかった。

  • う~んって感じ。。。

    心に残るものが特に無かった。

  • 芥川賞を受賞したし、森山君が映画で主演するし、とりあえず読んどくかと思って読んだのですが、予想通り、私には合いませんでした。平成の蟹工船というのともやっぱり違う感じがするし。芥川賞ってこういうんが選ばれるのだなという感想だけでした。深い部分が読めなくてごめんね。って感じです。

  • 西村賢太の作品は必ず金と女と暴力、藤澤清造が付きまとうが、今回は最後の一つが弱め。以前読んだ「小銭をかぞえる」よりは漢和辞典出現回数が少なかった。それはさておき表題作「苦役列車」は19歳の頃の話で、女も金も親友もいないぼっちな貫多が派遣先で日下部という同い年の青年と仲良くなる。しかし、激情型の貫多がすんなり終わる訳なく、ああ、やっぱりな展開に。それにしても、貫多もきちんと青春を送っていたようでほっとした。同時収録の「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」はそれから十九年後で、私小説というより随筆としても充分楽しめた。本作の中で「スタイリスト」という単語が出てきてちょっと吹いてしまった(ごめんなさい)が、進化しているんだなと思った。

  • 他の方のレビューで、読むの辛い本かと思ったけど、テレビで先に知った西村賢太さんは嫌いじゃなくて手にした本であり、意外にサラッと読めました。読み終わって爽快でした。

  • 2010年芥川賞受賞作「苦役列車」と、同じ主人公のその後を描いた短編「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」がおさめられている本作。北町貫多=西村賢太ということでよろしいでしょうか。平成の私小説作家、だそうで。 近代文学愛好者らしく、現代作家とは思えない古めかしい日本語。その行間から血と汗とヤニとそのほかなにやらわからない不潔なものが滲み出てきているような錯覚に陥る、労働者の物語。「苦役列車」の方は、ひた... 続きを読む

  • 13/08/09 エアコンの効いた図書館で読む。

全495件中 1 - 25件を表示

苦役列車に関連する談話室の質問

苦役列車に関連するサイト

苦役列車のKindle版

苦役列車の文庫

  • ブクログ プレミアム
  • 新規登録・ブクログについて

お前はまだグンマを知らない 1 (BUNCH COMICS)

井田 ヒロト

WEB漫画発!グンマ在住の作者が描く、グンマ愛溢れたご当地コメディコミック。

ネット上で散々なまでに秘境扱いされているグンマ県。
そんなグンマ県へ他県から引っ越してきた主人公に次々と襲いかかる、衝撃的なグンマの常識。
グンマの真実を知れると同時に、地方出身者はどこか、「うちの県にもある」「わかるなぁ、それ」といった気持ちになります。
県民も納得(?)のグンマあるあるネタが豊富に詰め込こまれている、情報番組「ZIP!」でも紹介されたグンマ入門書ともいえる一冊です。