苦役列車

  • 2303人登録
  • 3.24評価
    • (85)
    • (312)
    • (410)
    • (154)
    • (45)
  • 505レビュー
著者 : 西村賢太
  • ¥ 1,296
  • 新潮社 (2011年01月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103032328

苦役列車の感想・レビュー・書評

  • この本を読んでるとけだるさ、心の不潔感に包まれる。

  • 先輩から強制貸し出しをくらう。やんわりお断わりしたのに!(芥川賞直木賞の時期あたりに、過去の受賞作を貸したがる難儀な人物…)私芥川賞作ちっとも好みじゃない事が多いのだけど、これも全く好きじゃなかった。男性が、いらないと言ってる女性相手に貸す本としてはいささか悪趣味ではないかと…という感想。何て言って返すかまた考えないと…

  • …普段はミステリばかり読んでいるものだからか、こういった作品を読むにはどうしても身構えてしまう。

    …うん、まあ、筆者の意図は伝わるし…、特にこれといった感想があるわけでも無いが、読んだことを後悔することもない。

    筆者について検索してみたところ、私小説中の私小説といった感じであるという点に興味が引かれた。古書店等で見かけることがあれば、他の作品も手に取ることになりそうな予感。


    ※いわゆる「文学」風な語り口(?)…国語の教科書に載せられる文学者達の文体のような…で、舞台は昭和50年代であるのに、ところどころで現代風な単語や言い回しが使われている点が気になった。時代考証はしっかりしましょう。
     ※デリヘル・・・1990年代半ば以降の言葉のはず
     ※ファクシミリ・・・一般的に実用化されたのは、や  はり90年代半ばくらいから
     ※コンパ・・・これも、ねえ…?

    ★3つ、7ポイント
    2014.08.04.図。

  • ■芥川賞とか知らずに、あー映画あったなぁと思ったあとで作家さんテレビで見たわ、と思って読んでみた。こんなに暗い話で映画どうなるんだろうなぁその日暮らしのそういう生き方もあることはあるんだろうなぁ。昭和だからできたというか、あれだけど。

  • ムズカシイ言葉 イッパイ。

  • 友人に勧められたがイマイチ何が面白いか分からなかった。ただ、立ち食いソバがやたら食べたくなったな。。

  • 西村賢太はメディアに出張っているからあまり好きではなく、小説も「どうせ大衆向けのサービス小説なのだろう」とタカをくくっていたが、これが存外に面白く、また批評性に富んでいたので悔しかった。
    自身でも言うように、これは「私小説のパロディ」となっていて、視点の置き所に注意を払って見てみると、それを感じることができる。
    単なる告白に終わらず、それをエンタメへと昇華させた西村氏は、太宰に薫陶を受けたと見える。

  • 正直に言うと「こんなものか」と言う感想。 作者を先にTVなどで見ていたからかもしれません。 単純にどうしようもない青年のどうしようもない人生。目先の事しか考えられず、他人と自分を比べてどうにか優位に立ちたいと思い相手を貶したり、逆に敵わないとなると卑屈になったり。 でも、どうしてだろう、何故だか放っておけない感じがするんですよね。 苦役列車というタイトルからもっと過酷な職業かと思ってたんで拍子抜けしたのかな。イメージが先行しすぎました。

  • 芥川賞という事で読む。私小説らしい。
    底辺の生活、プライド高く性格悪し。
    読んでいて何も残らなっかた。

  • 私小説。ここまで自分を晒す。小説家って大変そう。

  • 144回芥川賞受賞の西村賢太代表作。

    私小説というジャンルはあまり馴染みがなく、せいぜい古典と言われるような作品で読んだくらいでしょうか。
    小説の良さの一つに、人生を疑似体験できる、というようなことをよく言いますが、それを一番感じることが出来る形態だと思います。

    貫多の、抜け出せないドロドロした感じが、自分の中にも確かに存在する感情であり、何かの拍子で、いつ貫多のようになってもおかしくないので、自身のパラレルワールドのようなイメージをもって読んだりしました。

    同時収録されている『落ちぶれて袖に涙のふりかかる』も味が出てますね。『苦役列車』よりも読みやすかったかな。

    過激な表現が西村氏のウリなのでしょうが、そこがあまり好きではない。。でも、他の作品も手に取ってみようかな、と思わせる面白い小説でした。

  • 日雇い労働者の貫多の底辺の生活を描いている。日雇い先で日下部という専門学校生に会い、話をするようになったが、日下部は仕事をまじめにこなし倉庫番になったが、主人公は日下部と会ってから毎日働くようになったが、怠けて倉庫番ではなくなる。
    次第に二人の間に距離ができ、日下部は彼女がいて毎日が充実するが、主人公は相変わらずの生活を続け、日下部が結婚しても相変わらずのの日雇い労働者であるという話。

    暗い話だが、こうはなりたくないと思わせるものがあった。

  • ダメダメな人間ですが、親がその形成に少なからず関わっていること、言い訳を作らせてしまったことを、今の自分は肝に命じて生きていかないといけないなと思いました。寛太のような妄想?は自分にも少なからずあって、それでも生きるチャンスはたくさんあった。でもなかなか変えられない自分がいる。生きるのは苦役列車に乗っているようなものなんでしょうか。深く考えないようにしてますが。

  • 最初の話はそれなり。しっかり生きている自分を見直す。ただ、人の隠したい部分をありありと出していることがこの話の大切なことなのか。人はどこまでも怠惰になれる。二話目は蛇足。

  • 2010年芥川賞受賞作。私小説ということを知り、衝撃を受けた。「階級」は社会に多かれ少なかれ存在してしまう。比較することでしか、幸福ははかれないのでしょうか。新しい世界を教えてもらいました。
    会話分があまりないけれど、読みやすい。

  • 話の内容よりも文章を読むことを楽しめた小説だった。

  • 人には薦めないけど…自分ではつい手に取ってしまう小説です。

    どーしょーもない青年の屈折した日常が淡々とえがかれているんだけど、なんか憎めないんだよね。人に迷惑かけてない、いや、それなりにかけてますけど、殺したり人生狂わしたりするような罠はかけてないので、憎めないんだよね。結局、自分の不都合に全部帰ってきているから。

    でも、幸福にも自分の成長した環境とはまったく違うので、ここまでの負の感情なんかは共感できないのも正直あります。

  • 苦役列車は思っていた内容で、面白かったので満足。
    コンプレックスの表現の仕方がよい。

    あとに収録されている短編?はなかなかに自意識過剰なのでいらついてくる。

    私小説には限界があるのではないだろうか。

  • 先に映画版をみたのだけど、人間のクズ貫太はやっぱりクズだった。
    小難しい言葉がよく使われているが、なんだかコミカルに悲哀が感じられて、話はおもしろい。

  • 請求記号・913.6/Ni
    資料ID・310006434

  • 彼とは、友達にはなりたくない。しかし、憎めない奴だ。

    北町貫太、19歳。成り行きで生きる。
    ダメな男。ぐうたら、そのくせ、ねたみぽく、ブライドが高くて見栄を張る。
    酒と性欲にかき動かれて働く。
    多くの者が抱える人間本来の節操の無さ。

    誰も彼も、目標高く、誇り高く生きているわけではない。
    底辺層があるからこそ、支えられている社会がある。

    2編の構成の中編小説。
    前半が倉庫内での荷役作業を通じての生活。
    真面目に仕事に通い出し、倉庫番へ格上げされそうになる。
    しかし、やはり、彼の性分、元の人足へ坂戻り。
    その場面に苦笑。私自身を見ているようだ。

    後半の文学賞を目指す生活。
    川端賞が欲しい。
    過去に候補に挙がっただけでも矜持を感じる。
    しかし、やはり、受賞しなければ、天と地。
    老いを感じ始め、孤独を意識する。
    名声が欲しい。ちやほやされたい。
    しかし、電話は鳴らなかった。

    古めかしいような、やや固い口語体のような文体。
    読者へ希望を与えるような華やかさは無い。
    芥川賞受賞と聞いてなければ、手にしていなかった。
    作風は、好みが分かれるところ。
    しかし、鮮烈なイメージを私に残した。

全505件中 1 - 25件を表示

苦役列車に関連する談話室の質問

苦役列車を本棚に登録しているひと

苦役列車を本棚に「読みたい」で登録しているひと

苦役列車を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

苦役列車に関連するサイト

苦役列車のKindle版

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇

大澤 聡

最新コンテンツビジネスへの戦前期からのヒント

「批評」という言葉が、ニッポンにおいていかに特権的に取り扱われてきたか、戦後論壇文壇を知る人はよく御存知だと思います。膨大な資料の深海へ潜行しながら、戦前期における「批評」生成現場を、所謂「大物」だけではなく「小物群像」までも、丹念に読み解いて当時のアリーナを再現させる手続きは誠に刺激的です。
著者の「批評」を「再起動」させたい欲望は、かえってその意図を裏切って、その「カッコつき『批評』」という煩悩を成仏させるための念仏集にも読めます。
またこちらは「批評」視点ではなく、「メディア論」ならびに「コンテンツ論」として、Web業界ならびにコンテンツビジネス方面の方々にも是非読んでいただきたいものです。裸のコンテンツに対して「権威」を発動させてきた戦前期論壇モデルは、今へのヒントが詰まっています。おススメです。

本の詳細&レビューを読む»