苦役列車

  • 2319人登録
  • 3.24評価
    • (86)
    • (313)
    • (413)
    • (155)
    • (45)
  • 508レビュー
著者 : 西村賢太
  • ¥ 1,296
  • 新潮社 (2011年01月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103032328

苦役列車の感想・レビュー・書評

  • こういう救われない話は好きだなー。その先に何があるのかは分からないが、報われない中で必死に苦悩し、そのレベルでもがく主人公の姿っておどろおどろしくも清潔だ。清廉ですらある。汚い思想がこびりついた決して報われることのない人間性はもはや如何ともし難く、芥川賞受賞もなるほど頷ける。人間失格よりも表層でばたつく姿は、深海に沈殿していく大木に比べて幾分光のさす海面でばたつく雑魚のよう。だから共感しやすい。深い闇へと堕ちていくのに誘われてしまうよりも遥かに健康的だ。ドラッグ依存まではいかなくても、軽く健康を害する喫煙のよう。うまく比喩できないが、でもやっぱりこういう作品でも永く浸ると精神を病むのであろう。程々な塩梅が絶妙だ。

  • 漫画「デトロイト・メタル・シティ」に通ずるものを感じた。リア充爆発しろ的な。
    主人公はロクデナシだけど嫌いになれず。かといって好きにもなれず。
    読後は薄ら寒い寂寥感、諦念、虚しさが残りつつもどこかサッパリとしており不思議な感じ。

  • なるほど。これは自伝的要素も入っているのか? 現代小説で荒廃的な世界を見たのは久しぶり。

  • この本を読んでるとけだるさ、心の不潔感に包まれる。

  • 先輩から強制貸し出しをくらう。やんわりお断わりしたのに!(芥川賞直木賞の時期あたりに、過去の受賞作を貸したがる難儀な人物…)私芥川賞作ちっとも好みじゃない事が多いのだけど、これも全く好きじゃなかった。男性が、いらないと言ってる女性相手に貸す本としてはいささか悪趣味ではないかと…という感想。何て言って返すかまた考えないと…

  • …普段はミステリばかり読んでいるものだからか、こういった作品を読むにはどうしても身構えてしまう。

    …うん、まあ、筆者の意図は伝わるし…、特にこれといった感想があるわけでも無いが、読んだことを後悔することもない。

    筆者について検索してみたところ、私小説中の私小説といった感じであるという点に興味が引かれた。古書店等で見かけることがあれば、他の作品も手に取ることになりそうな予感。


    ※いわゆる「文学」風な語り口(?)…国語の教科書に載せられる文学者達の文体のような…で、舞台は昭和50年代であるのに、ところどころで現代風な単語や言い回しが使われている点が気になった。時代考証はしっかりしましょう。
     ※デリヘル・・・1990年代半ば以降の言葉のはず
     ※ファクシミリ・・・一般的に実用化されたのは、や  はり90年代半ばくらいから
     ※コンパ・・・これも、ねえ…?

    ★3つ、7ポイント
    2014.08.04.図。

  • ■芥川賞とか知らずに、あー映画あったなぁと思ったあとで作家さんテレビで見たわ、と思って読んでみた。こんなに暗い話で映画どうなるんだろうなぁその日暮らしのそういう生き方もあることはあるんだろうなぁ。昭和だからできたというか、あれだけど。

  • ムズカシイ言葉 イッパイ。

  • 友人に勧められたがイマイチ何が面白いか分からなかった。ただ、立ち食いソバがやたら食べたくなったな。。

  • 西村賢太はメディアに出張っているからあまり好きではなく、小説も「どうせ大衆向けのサービス小説なのだろう」とタカをくくっていたが、これが存外に面白く、また批評性に富んでいたので悔しかった。
    自身でも言うように、これは「私小説のパロディ」となっていて、視点の置き所に注意を払って見てみると、それを感じることができる。
    単なる告白に終わらず、それをエンタメへと昇華させた西村氏は、太宰に薫陶を受けたと見える。

  • 正直に言うと「こんなものか」と言う感想。 作者を先にTVなどで見ていたからかもしれません。 単純にどうしようもない青年のどうしようもない人生。目先の事しか考えられず、他人と自分を比べてどうにか優位に立ちたいと思い相手を貶したり、逆に敵わないとなると卑屈になったり。 でも、どうしてだろう、何故だか放っておけない感じがするんですよね。 苦役列車というタイトルからもっと過酷な職業かと思ってたんで拍子抜けしたのかな。イメージが先行しすぎました。

  • 芥川賞という事で読む。私小説らしい。
    底辺の生活、プライド高く性格悪し。
    読んでいて何も残らなっかた。

  • 私小説。ここまで自分を晒す。小説家って大変そう。

  • 144回芥川賞受賞の西村賢太代表作。

    私小説というジャンルはあまり馴染みがなく、せいぜい古典と言われるような作品で読んだくらいでしょうか。
    小説の良さの一つに、人生を疑似体験できる、というようなことをよく言いますが、それを一番感じることが出来る形態だと思います。

    貫多の、抜け出せないドロドロした感じが、自分の中にも確かに存在する感情であり、何かの拍子で、いつ貫多のようになってもおかしくないので、自身のパラレルワールドのようなイメージをもって読んだりしました。

    同時収録されている『落ちぶれて袖に涙のふりかかる』も味が出てますね。『苦役列車』よりも読みやすかったかな。

    過激な表現が西村氏のウリなのでしょうが、そこがあまり好きではない。。でも、他の作品も手に取ってみようかな、と思わせる面白い小説でした。

  • 日雇い労働者の貫多の底辺の生活を描いている。日雇い先で日下部という専門学校生に会い、話をするようになったが、日下部は仕事をまじめにこなし倉庫番になったが、主人公は日下部と会ってから毎日働くようになったが、怠けて倉庫番ではなくなる。
    次第に二人の間に距離ができ、日下部は彼女がいて毎日が充実するが、主人公は相変わらずの生活を続け、日下部が結婚しても相変わらずのの日雇い労働者であるという話。

    暗い話だが、こうはなりたくないと思わせるものがあった。

  • ダメダメな人間ですが、親がその形成に少なからず関わっていること、言い訳を作らせてしまったことを、今の自分は肝に命じて生きていかないといけないなと思いました。寛太のような妄想?は自分にも少なからずあって、それでも生きるチャンスはたくさんあった。でもなかなか変えられない自分がいる。生きるのは苦役列車に乗っているようなものなんでしょうか。深く考えないようにしてますが。

  • 最初の話はそれなり。しっかり生きている自分を見直す。ただ、人の隠したい部分をありありと出していることがこの話の大切なことなのか。人はどこまでも怠惰になれる。二話目は蛇足。

  • 2010年芥川賞受賞作。私小説ということを知り、衝撃を受けた。「階級」は社会に多かれ少なかれ存在してしまう。比較することでしか、幸福ははかれないのでしょうか。新しい世界を教えてもらいました。
    会話分があまりないけれど、読みやすい。

  • 話の内容よりも文章を読むことを楽しめた小説だった。

  • 人には薦めないけど…自分ではつい手に取ってしまう小説です。

    どーしょーもない青年の屈折した日常が淡々とえがかれているんだけど、なんか憎めないんだよね。人に迷惑かけてない、いや、それなりにかけてますけど、殺したり人生狂わしたりするような罠はかけてないので、憎めないんだよね。結局、自分の不都合に全部帰ってきているから。

    でも、幸福にも自分の成長した環境とはまったく違うので、ここまでの負の感情なんかは共感できないのも正直あります。

  • 苦役列車は思っていた内容で、面白かったので満足。
    コンプレックスの表現の仕方がよい。

    あとに収録されている短編?はなかなかに自意識過剰なのでいらついてくる。

    私小説には限界があるのではないだろうか。

  • 先に映画版をみたのだけど、人間のクズ貫太はやっぱりクズだった。
    小難しい言葉がよく使われているが、なんだかコミカルに悲哀が感じられて、話はおもしろい。

全508件中 1 - 25件を表示

苦役列車に関連する談話室の質問

苦役列車を本棚に登録しているひと

苦役列車を本棚に「読みたい」で登録しているひと

苦役列車を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

苦役列車を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

苦役列車を本棚に「積読」で登録しているひと

苦役列車に関連するサイト

苦役列車のKindle版

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

電子書籍

ビジネスマンへの歌舞伎案内 (NHK出版新書)

成毛 眞

歌舞伎にまだ行ったことがない人へ向けた一冊

「歌舞伎」というと、とても敷居が高いけど、どういったものなのか気になる人も多いのではないでしょうか。
本書『ビジネスマンへの歌舞伎案内』は、そんな気になっているけどいけない人に向けた歌舞伎の案内書です。著者は、HONZ代表である成毛眞さんです。
本書を読むと、歌舞伎のチケットの買い方から屋号、代表的な演目の解説などこの一冊があれば、まずは歌舞伎を見に行けそう!と感じます。
タイトルには「ビジネスマン」とありますが、ビジネスマンに限らない幅広く、まだ歌舞伎をみていない人に向けた案内書となっています。
ぜひ、歌舞伎って見てみたいなぁと一度でも思ったことがある人は手にとってみてはいかがでしょうか?

本の詳細&レビューを読む»