歪んだ忌日

  • 120人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (15)
    • (29)
    • (4)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 西村賢太
  • 新潮社 (2013年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103032359

歪んだ忌日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芥川賞受賞後の状況変化を描いた作品が大部分を占める。
    印象に残ったのは「感傷凌轢」。
    20年来音信不通だった母親からの便りにざわめく心境を綴る。毒づきながらも「(三百万までだな)」との具体的な金額の提示は手紙に「すべてを取り寄せてもらったのです。」と書いて寄こした母へのメッセージと受け取った。
    ところで、“三百万円”という金額で思い出すのは秋恵の実家からの借金のこと。こちらは返済したのだろうか。

  • この本は芥川賞もの、秋恵もの、母親もの、藤澤清造ものと多彩だ。秋恵ものは最後の別れのエピソードであり完結編だ。芥川賞をとってガラリと変わるかと思いきや、そうでもなかったり、生き別れた母親への複雑な感情や、師匠である清造への想いが伝わる小説で、いずれも人間の心を実によく描写している。著者ならではの世界観だが、もうそろそろこの手のテーマだけで小説を書くのも困難な気がする。それを跳ね除けて、ここを更に深化させることが出来るのだろうか。西村氏なら出来る気がする。

  • おもろい。笑った。

  • 西村賢太作品8作目を読み終えた。相変わらず読後の胸糞悪さは残るが、なんだろ、今になって不思議と貫多に変な愛着みたいなものがわき始めている。

  • 私小説。

    藤澤清造への思い。お金を払うことのない心の通いあった久々の恋愛からの同棲の結末。

    音信不通だった母からの突然の手紙。若かりし頃、親にお金をせびることと不純なことで頭がいっぱいだった短絡的な日々。
    芥川賞受賞後の、尊敬する藤澤氏の命日を邪魔されることへの恐れを不快感。

    苦役列車の続きみたいな感じ。ま、私小説だからw

    貫多は根は〜〜みたいなくだりが多すぎるw
    p26〜短期で粗暴、下品で酒好き、女陰好き。それに加えて邪推癖があり猜疑心も強く、小心で人見知りで弱い物苛めを好み、ケチで不潔でつけあがり体質、〜とか笑ったw

    読んでいるだけだから単にうけるだけだけど、実際にこんな人いやだw)^o^(

  • 正直かなり苦手な記述もあったんだけど,止める気にならず読み進めることになったのは,良い・巧い本だからなのかなと思う。

  • 一気に読み切った。
    『棺に跨がる』の秋恵ものの連作に比べ、少年期、秋恵もの、家族、藤澤清造など、短編のテーマがややばらつき、一作一作の印象が薄まり、寄せ集め的な短編集になった印象は否めない。
    だが、どれも読み応えがある作品だった。
    特に秋恵ものを書かせると、この作家は冴える。
    「膣の復讐」は何とも言えない男の悲しみがあって、胸に堪える作品だ。

  • 相変わらず、浸っていたい文体リズム。まだ、読める。材が尽きようとも。

  • にわか藤澤清三ブームについての腹立たしさ。
    描き方がうまかった。

  • レビューを読むと賢太ファンからの失望も見受けられるが、私はどこまでいってもこの人の、真似できない独特すぎる文章が大好きである。読点のつかい方とか漢字とか、編集者との間でも自分の中でも相当な逡巡があるのではないかと思うが、それを通り抜けて出てきたこの文章には味があると感じる。

全25件中 1 - 10件を表示

西村賢太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西村 賢太
村上 春樹
西村 賢太
村上 春樹
中村 文則
東野 圭吾
西村 賢太
又吉 直樹
西村 賢太
西村 賢太
湊 かなえ
西村 賢太
桜木 紫乃
藤野 可織
西村 賢太
三浦 しをん
西村 賢太
西村 賢太
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

歪んだ忌日を本棚に「読みたい」で登録しているひと

歪んだ忌日を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歪んだ忌日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歪んだ忌日を本棚に「積読」で登録しているひと

歪んだ忌日の作品紹介

芥川賞受賞作『苦役列車』の主人公・貫多が抱く身内への思い、憤懣と怨念。同棲する女に怒罵と暴言を浴びせかける貫多。人生の先行きに不安と畏れを抱く15歳の貫多。没交渉だった母親からの手紙に心揺らされる貫多。大切な師の〈淸造忌〉を陰鬱な気持ちで挙行する貫多。出ていった女への後悔と幻影に涙滲ませる貫多。43歳で芥川賞を受賞した故の悩ましき日々と、不穏な苛立ちを炙り出す私小説六篇。

歪んだ忌日はこんな本です

ツイートする