真昼の悪魔

  • 16人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 遠藤周作
  • 新潮社 (1980年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103035138

真昼の悪魔の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感想。
    満たされないからといって、退屈しのぎに周囲の人間を玩具のように扱うのはどうかとは思うが、なにをしても満たされない心を持っている悪魔も少し憐れに思えた。

    悪魔と対峙したときはどうすればいいんだろう。正直、勝てる気がしない。

  • 遠藤周作さんと言うとキリスト教で、三浦綾子さんと同じようなタイプの作家さんという印象だったので、ミステリーを書いていたと知って、おや!と思いました。
    でもやはり遠藤さん。キリスト教が出てきます。

    ミステリーとして純粋に面白かったです。思いっきりミスリードされてました。
    四人の女医の内、誰がこの「女医」なのか?という推理をするだけでも楽しいし、それがメインの話かと思いきや、話は思いもよらない方向へと向かいます。
    なんか、色々考えさせられる終わり方でした。
    そして、悪魔になんかつけこまれてたまるか!と改めて思いました。

  • 女の人こあいお

  • 登場する4人の女医。そのウチの1人の心には悪魔が宿っていますが、それが誰なのかが分からぬまま話が進んでいきます。
    怖いですね…。

全5件中 1 - 5件を表示

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

真昼の悪魔はこんな本です

真昼の悪魔の文庫

ツイートする