最愛

  • 391人登録
  • 2.89評価
    • (12)
    • (35)
    • (117)
    • (48)
    • (18)
  • 96レビュー
著者 : 真保裕一
  • 新潮社 (2007年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103035510

最愛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人は、なぜ人を殺してはいけないのか。
    それが、絶対悪だからだ。

    人は、なぜ人の道を踏み外してはいけないのか。
    背負った宿業で、本人も周りの人も苦しみ続けなければならないからだ。


    小児科医の押村悟郎のもとに電話が入る。

    警察からの突然の電話は、姉が救急病院に搬送されたということだった。

    姉は、雑居ビルのサラ金事務所でガソリンを撒き、それが引火。
    拳銃で頭を撃たれ重傷。
    一命は取り留めているが、意識はない。

    しかも事件の前日に、殺人の前科のある男と婚姻届を提出していたのだ。

    その結婚相手は、新妻が瀕死の状態にあっても病院に駆けつけるどころか、電話の一本もよこさない。


    幼い時に交通事故で両親を亡くした悟郎と姉は、別の親戚のもとに預けられて育った。

    複雑な家庭事情から、姉とは10年以上会っていない。電話さえもしていない。


    大好きだった姉との突然の再会は、考えられない事態の連続から始まる。


    事件の真相を追求していくなかで、運命の糸に引きずられていく悟郎。


    苦しい状況の中、人の道を踏み外してしまうことへの強烈な代償。

    「宿業」という言葉をかみしめる。

    辛く苦しい読後感を強烈に印象づけることこそ、筆者の狙いだったか。

  • (2013.01.26読了)

  • 図書館で何気なく借りたら、姉と弟の禁断の愛の話で読み終わった後ぐったりした。

  • 2016.1.9-2
    幼い頃に両親を亡くしそれぞれ叔父叔母に引き取られ、高校生を最後に16年ぶりに、銃で撃たれ意識不明となった姉に会うことになった小児科医。姉は前日に元殺人犯と入籍していたことが判明するも夫は現れず、その謎を追って行く。
    姉の現実離れした正義感や小田切刑事の執拗さが極端過ぎて今ひとつ入り込めない感あり・・。

  • 長い間消息が不明だった姉が突然重傷を負ったの連絡が入る。別れて暮した間に何があったのか?

  • 姉の起こした事件の真相に異様なまでの執着を見せる弟
    異常な兄弟愛なのですが、これを最愛と呼ぶのかいささかの疑問が?

  • 子供の時に両親をなくし、姉と離れ離れで暮らしていた小児科医が主人公。その姉が事件に巻き込まれ。。。という話。まあまあでした。

  • 18年合っていない姉が意識不明の重傷
    姉の人生を探る
    風俗
    生まれなかった2人の子供

  • 姉と弟の話。姉のすばらしさを弟は熱弁するが、いまいち共感できなかった。

  • 一昔前、真保さんと東野圭吾さんの本をよく読んでた時期に読んだ「奇跡の人(真保さん著)」や、「分身(東野さん著)」を思い出すようなストーリー展開の小説でした。 実の姉と離れ離れになった後の、彼女の軌跡に迫っていき、僅かに残されたモノから、点と点をつないでいくところは、真保さんや東野さんらしいなっと思いながら読み進めました。 真保さんや、東野さんのようなロジカルに組み立てられた小説は、ドラマや映画に展開しやすいのだろうな、っと改めて感じました。 (真保さん:アマルフィ、ドラえもん) (東野さん:ガリレオ)

全96件中 1 - 10件を表示

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
桜庭 一樹
角田 光代
湊 かなえ
吉田 修一
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
海堂 尊
雫井 脩介
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
奥田 英朗
東野 圭吾
近藤 史恵
有効な右矢印 無効な右矢印

最愛に関連する談話室の質問

最愛を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最愛を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最愛の作品紹介

小児科医の押村悟郎の携帯電話が鳴った。警視庁の刑事からだった。18年間会っていない姉が、意識不明で救急病院に搬送されたという。重傷の火傷、頭部にうけた銃創。しかもそれは、伊吹という男と婚姻届を出した翌日の出来事だった。姉のアパートで見つけた不審な預金通帳、姿を現さない新婚の夫。噛み合わない事実、逃げる男と追う男。「姉さん、あなたはいったい何をしていたんだ…」愛のかたちがここにある-。慟哭の長編恋愛小説。

ツイートする